2020/1/14  23:29

啄木の子孫その後03  昭和史
「りとむ」短歌会の同人の加納亜津代氏は、筆者の所属短歌会の表紙絵を担当する嶋田正之氏の友人。だからこそ「無名鬼の妻」が回覧して来た。だが村上一郎の名を知らない人は、その夫人の長谷えみ子も知らない。筆者も村上一郎夫人も村上本人が短歌を嗜んでいることすら知らなかった。この展開がなければ、このまま村上一郎も忘れたままだった。

御礼の手紙で知己になった加納氏から更に同人の高幣美佐子氏のエッセイのコピーを頂いた。題名が「啄木の額」。ここでそのエッセイを無断引用は憚られるので、その骨子のみ記す。高幣氏が中学校教師になって世田谷区の中学で最初の教え子が「石川晶子」だった。石川晶子は石川啄木の長女の息子・玲児氏の子で晶子は曽孫になる。

父親の正雄が長男・玲児の兄妹に真一・与謝野晶子の晶子を名乗らせた。高幣氏が、啄木の孫の(実は曽孫)の噂を確かめることは無かったらしい。この教師が今も現役かどうかは判らない。高幣氏が短歌の世界に親しんで漸く晶子の額と目元が啄木に似ていることを回想、思い切って30年振りに連絡を取り、新潟に嫁いでいる晶子と電話での会話で盛り上がったらしい。「石川啄木の子孫」とネット検索して父親の画像を確かめた、それが2011年。2009年の「昭和55年11月・太陽からの転載」の記述は、多分筆者の私のブログ。

石川啄木の系譜を知ってその縁戚からメールを頂いても筆者本人の短歌が上達する筈もないが、歌壇の数多の有名歌人が啄木の「境遇・生活短歌」の影響を受けているのは事実。寺山修司などはその痕跡が大。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ