2020/2/17  23:53

新書乱読02  読書
『昭和の怪物 日本の闇を牛耳った120人の生きざま』
  別冊宝島編集部編 宝島社新書 2019年12月発行

二日前からこのブログで「新書耽読」として始めたが今、予定しているのが100冊の再読の感想。到底精読している訳ではないので「新書乱読」と見出しを変えた。昔の古い岩波新書や講談社新書などが多く表紙は黄ばんでいるものが多い。古本屋でも多分引き取ってはくれないだろう。平均800円×500冊なら数十万円の購入にしても筆者亡きあとはゴミくず同然。

作家の藤沢周平がお金を積まれても使いたくない言葉として「生きざま」を挙げていたが、最近のメディアでは「死に様」の反対語として認知されてきた。生き方、来し方といういい言葉があるのにと思う。“怪物”というと物凄い人物、歴史を作った人物という意味だが、筆者には“怪しい人物”という解釈。120人の怪物が黒幕・闇の紳士・首領・政商・カリスマなどに分けられて記述されている。東條英機からジャニー喜多川まで興味の無い人物まで見開き2ページに的確に著わされている。

平成13年、小渕恵三急死のあと密室談合で森喜朗は総理に就任。戦後自民党の総理で最も低い評価。ハワイ沖で実習船が沈没、多くの学生が遭難した時にゴルフ三昧で危機管理能力無しで、当然辞任。これは「怪しい人物」の類に含まれる。2020年東京五輪開催の組織委員長としてまだしゃしゃり出ていて顰蹙を買っている。東京五輪終了後の剰余金を狙い、特殊法人を設立して管理する野心を週刊新潮は報じている。

むろん真っ当?な怪物も多く紹介されている。田中角栄・後藤田正晴・孫正義・秋元康・山東昭子など。悪い怪物が多く紹介されているのは当然。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ