2020/5/28  21:32

またまた横文字  身辺些事
このブログで03月16日、04月25日に老齢者には難解な横文字を取り上げた。

◇エンデミック 地域的感染 ◇エピデミック 時期的感染
◇パンデミック 世界中の感染 ◇クラスター 感染者の集団

テレワーク tele = 離れた所work = 働く。
◇ステイホーム stay・home=自宅待機・謹慎
◇オーバーシュート=感染爆発、◇ロックダウン=都市封鎖

またまた横文字が現れた。それは「ソーシャルディスタンス」。以下はヤフーのいわゆる“コピペ”コピーペースト(複写貼付)。ソーシャルディスタンスとは日本語では「社会的距離」。なんだ、いわゆる「三密」のこと。密集・密閉・密接がいけないとのこと。

≪新型コロナウイルスは、症状が出ていなくてもウイルスを保有しているいわゆる無症候の方もいます。無症候の場合、自分がコロナウイルスに感染していると考えずに人に接触をしてしまうということもあり、気が付いたら自分自身がクラスターとなってしまう可能性もあります。自分だけでなく相手への感染を防ぐために、ひいては日本全体の感染拡大を防ぐために、社会的距離の確保、人的接触距離の確保として、ソーシャルディスタンスという考え方が提唱されました。

社会的な分断をイメージされてしまうため、最近ではフィジカルディスタンス(身体的距離)という言葉を用いるように推奨されています。コロナウイルスの感染経路の一つである飛沫感染は、くしゃみで3m、咳で2m。この距離も加味して厚生労働省では、保つべき距離として相手との距離を2m程(最低でも1m)取ることを推奨しています≫。

筆者と同じ考えの「不逞の輩」が居た。三密はいけないが壇蜜(モデル・女優の名)はケッコー。添付はネットより拝借、三密も引用した。許されたい。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ