2020/7/31  23:50

哀悼 97歳・96歳  身辺些事
昨日、台湾の元総統・李登輝氏が亡くなった。97歳の天寿だった。戦前の台湾は日本の統治下。京都大学卒業で日本の古典文学にも憧憬がある親日的な中国人だった。22歳までは日本人だったと自ら言った。その後アメリカへも留学しているから無論、英語も堪能。だが晩年になっても難解なことは日本語で理解・表現したらしい。蒋介石の息子の蒋経国のあと、民主的な選挙を導入して台湾総統の座についた。共産党一党独裁の中国大陸は選挙など無い。力ずくの軍事力のみに邁進。台湾の自由と民主主義国は大いなる恐怖ではないのか。それだけに大陸からすれば国賊だ。

太平洋戦争の戦後、毛沢東の共産党との戦いに敗れた国民党の蒋介石が、冷戦時代、民主自由陣営に加わって生き延びたのが現在の台湾。「中華帝国の夢よ再び」の大陸中国は、政治的は反体制の自由貿易圏との国の交易で富める国になった。その利益で徐徐に軍事力を高め、あまつさえ米国を中心に自由民主主義国のあらゆる技術を掠め取って膨張している。台湾は日本の軍事の防波堤になっていることに感謝すべき。

所属短歌会の長老(大正13年生、96歳)近藤未希子さんが昨日亡くなった。今年は歌誌に投稿がなく体調が思わしくないらしかった。昨年08月、終戦の日特集・NHKの「マンゴーの樹の下で」という番組のドキュメントに近藤未希子さんが出演・インタビューを受けた。近藤さんは、従軍と言っていいのかどうか軍部に“応募したタイピスト”。敗色濃い戦争の日米戦争の最前線に高給を約束されて徴用された実態を告白された。ドラマ部門は岸恵子、伊東四朗だった。

添付の画像は、小さな印刷会社で「冬雷」誌の印刷に関わっていた頃の「近藤未希子綴込み歌集『母の庭』」の表紙。平成06年からコンピュータの製版に移行したからこの「母の庭」は鉛の活字の製版の末期のこと。題名は1号活字。姓名は2号活字で21ポイント。10・5ポイントとは5号活字。罫線8枚が5号の活字の厚さだった。画像は印画紙の濃淡を腐食させた銅板を使用した。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/27  21:21

“き”の字  身辺些事
おのづから身の丈知るやコニシキ草蔓延るでもなく枯るることなし
戦争論推敲すれば“き”の字の多し志気血気ありて飢餓棄兵もある

所属短歌会の7月号2首ずつの鑑賞投稿が終了した。上記の筆者の2首には、6人の方々から感想が寄せられた。筆者のこのブログを鑑賞して下さる方にはそれらの全文が解るので、2首目の歌の丁寧なアドバイスをここで披露。後半は筆者の解説と挨拶。

◇二首目は「推敲」すればと言うのだから作者が書いている戦争論ですね。ここが特徴だと思います。他人が書いた論等によって気づいた事ではない、という訳ですね。作者は戦争の研究者です。それだからこそ、この発見に重みがあるわけです。過去回想の助動詞の誤用慣用の問題を議論した時にも、「き」は強い語勢があると誰もが認めていました。さて、内容には特徴も発見もあって佳品なのですが、この歌の全体を普通に読んで行くと、何か調べがギクシャクして散文的で、読後の余韻が少ない気がします。読んだ後に、ジーンと「き」の音が鳴り止まないという終わり方ではありませんね。それはやはり歌が破調で無駄音が目立つからだと思います。

「戦争論推敲すれば“き”の字の多し」これでは締まりませんね。わたしは、「字」にスポットライトを当てるのではなくて、「き」の音に当てる方が効果的だと思うんですね。「戦争論推敲すれば“き”の音多し」。これでも字余りですが、我慢の範囲です。「士気血気あり飢餓棄兵あり」と繋げる。プラス的な士気血気から逆にマイナス的な飢餓棄兵を並べる。こういう構造に作れば、十分余韻を引くまとめ方ができる気がしています。

◇拙歌を鑑賞して頂き有難うございます。庭仕事の嫌いな拙宅に庭があるのが聊かの問題。何もしないとそれこそ身の丈ほどのセイタカアワダチソウが蔓延り、近所の知人に日当を出し、草むしりを頼む始末。真向いの家はお金持ち!庭師が剪定をしており竹垣のモッコウバラ、藤など見事です。竹垣の下部にコニシキソウ、オオバコ、ヒメイタビなど風情があります。緑が保たれているのはヒメイタビのようです。添付はコニシキ草。

戦争の歌は恣意的で鑑賞に値しないかもしれません。小生に社会詠をそそのかしたのは立谷正男氏でした。元労働組合の闘士、元気ですかね。「き」の字はもっと多く武器、軍旗、戦機、勇気、気魄、鬼気、狂気。いちばんの問題は「病気」です。中途半端な自分の「昭和史」を推敲して数多の本を再読・三読すると専門家の論考の向うに見えてくるのは、日本人は戦争には向かないという国民性です。今の憲法の9条など気にする必要はありません。国家的な戦争をしても必ず負けます

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/23  23:56

また、眼鏡  身辺些事
所属する短歌会もコロナ禍で休会中。東京周辺の方々が例会参加の中心だが、これを機に「ネット歌会」ができて20名弱の会員が6月、7月に参加された。パソコンを操れる人は、たとえ九州の会員でも参加可能。

筆者の6月の参加2首。

 眼鏡掛け鼻チューブ付けマスクする一刻苦労する限りある耳輪に
 呼吸器科の待合室に空席無しおほかたは無言にて視線は動く

ウェブ書き込み討論の最中に以下の解説をした。
「マスクをする時の耳の上の部位は、何と言うのか、ヤフーで検索。耳輪(じりん)とあり、単純にこれを使いました。頭脳の優秀な証といわれる大きな耳は、高倉健、松下幸之助、石坂浩二などが有名。小さな耳しか持たない小生の“嘆き”の歌なのです。耳輪に誤りがあればご教授下さい」
小さい耳にマスク、眼鏡、酸素ボンベ使用の鼻チューブで耳に掛けるのは難儀するということ。

ところで中学生の頃から勉強のし過ぎで!?で見事に近眼。60年間、眼鏡を使用。昨年の今頃、免許の更新で「矯正」の眼鏡の度数に自信がなく市内の「眼鏡市場」で0.7にて新規購入。免許の検査はパスした。運転用の眼鏡は室内では少々きつく昔のものを使用。眼そのものの質は落ちていて読書用の眼鏡もある。

長年テレビを見ながら就寝の慣習。朝起きたら室内用の眼鏡が外れて壊れていたという不始末も度々。室内用は0.2仕様。レンズを嵌めこみ、フレームの曲りを修正してまだ使えるが、傷みはいちばんある。古くなったのでこの室内用を新規購入した。昨今、家に籠る生活、世間の悪口を言うのが生き甲斐の生活、眼鏡は生活の必需品ということ。

添付の画像は古い順番。

1 昔、勤務していた頃、秋葉原の「眼鏡ドラッグ」で購入、ガラス製。
2 読書用、老眼ではないが度数がいちばん弱い。藤沢の「眼鏡ドラッグ」。
3 旧、室内用。戸塚の「眼鏡ドラッグ」で購入。
4 いちばん新しい室内用。テレビもよく見える。「眼鏡市場」で購入。
5 今までの運転用。朝起きたらレンズが外れていたことが屡々。
6 昨年新調した運転用。「眼鏡市場」で購入。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/15  23:48

昭和の失敗02  昭和史
相変わらず果てしの無い「戦争の昭和史」に挑んでいる。ウェブ上にある戦争の昭和史はプロではなく断然アマチュアの近現代史にこだわる者の記述のように思う。筆者の私もその類。実際に戦争に駆り出された人物はおおむね寡黙らしい。戦争最前線のアジアの現地で小さな女の子を殺害せざるを得なかった市民は、無事帰国して子を成しても一生抱く事ができなかったこともあるらしい。

そうした市民を親に持つ家族が遺された資料からHPに纏めて世間に知らしめている例が多い。昭和史の泰斗・保阪正康氏が度々云う“天空のジャッジメント”が、おおよそステレオタイプの戦争論。戦争は残虐で日本の昔は悪かった、で終り。悪かったのは誰、何でとはならないらしい。確かに日本の高級将校は云わば戦争が商売だから間違っても「非戦」「避戦」は言わなかったのが殆ど。戦前、総理大臣に任命されても日米開戦を避けられなかった軍人は多い。昭和15年当時の米内光政・山本五十六・井上茂美帝国海軍トリオ。暗殺されないように国内を避けて洋上に出されたのが真相。神国日本を信じて止まない且つ武器を持っているテロ予備軍の皇国臣民がうようよ居た時代。

強大な予算と人員を動かしていた陸軍軍人は、自分たちが選ばれたエリートで世間一般の人間は“地方人”と呼ぶほどの傲岸不遜で政治家や外交官などの提言など言うことを聞かなかった。土壇場まで何とか日米開戦を阻止したいと努力した政治家も居て、そうした人物の一人が近衛文麿だった。土壇場で総理大臣を投げ出した“軟弱な総理”思われているが、そうではなかったと評価する現代史家の研究も最近は多い。「日米開戦」の真の責任者は、軍人の他にも多い。それを今、再読・三読して一市民の結論を導き出したいが、それすらも小さな不遜と言われそうだ。

添付は先頃亡くなったが鳥居民(とりいたみ)氏の学者の大人しい見解を通り越した内容。そこでは内大臣・木戸幸一の大いなる企みを明解にしている。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/7/7  21:40

級友の死  身辺些事
愛車の一年点検で12000円を支払ってきた。整備点検をして貰うとアクセルもブレーキも踏み具合はかなり良好。筆者の愛車!?三菱・ミニカトッポは購入が平成12年だから今年で20年になる。走行距離は40000キロだから年間2000キロ、月間200キロメートルに満たない。遠くへ出かけたのは平成16年の「信州・真田太平記探訪」、「みちのくドライブ一人旅」で、遠方へはこれだけだ。通常、市内を買い物で出掛ける主婦より多分走行距離は短い。ドライブの趣味はなく動けばいい。

二日前に筆者へ訃報が届いた。中学2・3年のクラスメイトの癌死だった。東京弁護士会所属の公人だから本名を記述しても問題ない筈。級友・仁平勝之(にへいかつゆき)弁護士、06月22日に胆管癌で死去、75歳。中学を卒業してからの交遊はないから詳細は解らないが、早稲田大学出身、昭和52年に弁護士登録をした。昭和58年に独立して事務所を持ったと経歴にあるから司法試験には30歳のころに合格したことが判る。

妻も息子も弁護士。数年前に1億円の収入があったということを聞いた。事務所には5人の弁護士を抱えているから努力したことは当然としても大したものだと思う。ネットで検索すると個人の弁護士は年収1000万円前後らしいから一億円は事務所全体の収入かも知れない。

肺気腫で酸素ボンベ装填の筆者が命を存えていて、世に有能な弁護士が癌で死ぬ。諸行無常だ、この級友は肌の色艶もよく皺も無かった。実際、癌とは怖いものだ。女性で級友の画家が6月下旬は東京都美術館で展覧会がある。ここ数年この観覧も兼ねていた「昭和35年3月卒・錦糸中学校同窓会」は、このコロナ禍で中止。年末にもコロナは終息していないだろうし、今年は同窓会は中止だろう。所属する短歌会の秋の大会も危険水域。来年へ延期の東京五輪もだんだん怪しくなってきた。仁平勝之氏の弁護士事務所は息子が引き継ぐだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/5  19:38

昭和の失敗  昭和史
 下戸なれば“夜の街”には縁のなくそれでも暮しは楽にならざり

確定申告では厚生年金以外に収入はなく書き込みは、税務職員に任せて並ぶ順番さえ無ければ楽なもの。だらしなく情けないが、肺気腫の酸素ボンベ使用の生活では、障害者手帳が交付され、医療費は無料になった。ただしどこまでが無料なのか解からない。酒が好きで夜の街の好きな若者は一定の収入があってもコロナウイルスで大変だ。

東京都では毎日三ケタの陽性・感染者があるらしい。人口1400万人の東京では14万人に一人。陽性で亡くなるのは志村けんのように愛煙家で肺が壊れている老人。コロナは偉大なコメディアンを死に至らしめた。筆者も老人で肺病病み。気を付けなければなるまい。

九州熊本の水害は、無惨なもの、まだ地震から完全に立ち直っていないように類推する。コロナ禍で一向に盛り上がらない都知事選挙。この記述は19時30分、多分20時00分で、直ぐに小池都知事の当確・当選となる筈。いわゆる野党系の宇都宮健児氏は、どのくらいの割合になるのか。

短歌会の仕事が無くなったのは“天の配剤”か、お粗末な文章と追及だが個人の「戦争の昭和史」を推敲中。昭和史という分野が確立!?したのは平成時代に突入してからだ。丁度多くの戦争指導者が次々と物故してゆく時代、テープレコーダー持参で寡黙な多くの軍人から聞き取りをしたのが保阪正康・半藤一利・秦郁彦氏などなど。今、素人が基礎とする単行本・新書・文庫を再読。素人には持て余し気味だが、いわゆる高級軍人に抵抗した人物に焦点を当てる。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ