2020/10/24  21:39

あと7点  昭和史
アメリカの大統領選挙が大詰めで日本のワイドショーがこれに便乗して大騒ぎだ。テレビは朝昼のニュースの他にはNHKのBS時代劇・BS映画を録画して、これを見ながら寝ることが多い。BSTBS1930の司会者は正義感溢れる人かも知れない。この大統領選挙の方法に疑問を呈して木村太郎からたしなめられている。どんな選挙だろうとそれはアメリカの選択だ。前回誰もがクリントンの勝利のとき、メディアの人間ではっきりトランプの勝利を予言したのが木村太郎。バイデンが有利らしいがどうも78歳でいささか貧相。やはりアメリカ国民はトランプを選ぶだろう。

アメリカを批判するなら中国・ロシア・北朝鮮の独裁強権政治が日本にとっては遙かに有害。テレビ朝日・TBS系列のキャスターは反権力を気取ることが正義だと思っている。権力批判、政権批判は結構だが行き着く先は、反日本になる。そんなに日本が悪い国なら中国や韓国にでも行ったら!と思う。

小生の「戦争の昭和史」は18項目。「A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン」が完成。あと7項目頑張りたい。昭和の軍人の中で政略・戦略のある石原莞爾の挫折に触れた。日本が日米開戦のときの陸海軍軍人は、年功序列の人事で東條英機に代表されるように勉強はできるが、世界情勢を知らぬバカばかりだった。ヒトラー、スターリン、ルーズベルト政略に長けた軍事先進国のリーダーに敵うわけは無かった。この論考のあとがきの主張は決まっている。日本の悲劇は“地理的隔絶性”がすべてを支配した。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死

3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @日米対立の芽 大正時代の分岐点
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算

4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の現実
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機の人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相

8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳>


太字が推敲中で未完成。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/10/18  23:19

戦争論推敲  昭和史
今月になってまだ3回しかブログを更新していないので心配してくれた友人がいる。ただし短歌は持ち前の才能なのに短歌会を退会してしまった。ここのところまだ元気なのに個人・家族の事情で退会する人が多い。その畏友は5年程前に交通事故で大怪我をした。何日か意識不明だった。バイクの当て逃げで犯人は逃げてしまった。再入会を勧めているが、老人の説得に耳を貸す女性ではない。結社の存続という概念が全くない。短歌を詠むのは個人の趣味といわれればそれだけのこと。

筆者の私は個人で「戦争の昭和史」をこのブログで書くと“大風呂敷”を拡げたので今年中に完成したいと推敲している。ここ10日間は昭和12年から16年の日米開戦までを点検していた。20年ほど前に講談社の発行、A4判大変形40数頁の平べったい週刊誌『日録20世紀1937〜1941』を点検していた。これがこの手の週刊誌の先駆けであった気もする。へんな本で、20世紀なのに100冊揃わないうちに終了した。つまり終了時点が1999年だったので1999・2000年がない。98年は平成10年、ホエールズが日本一になった。

小生の「戦争の昭和史」は18項目。最近「B日米間対立 松岡洋右の誤算」を推敲、上梓した。今「A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン」の文章を推敲中。内容は面白くないが人物・軍人の生年月日や項目の月日の確認が意外に戸惑っている。あと8項目頑張りたい。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死
3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @日米対立の芽 大正時代の分岐点
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算
4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達

6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の現実
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機の人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相
8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/10/14  21:23

ネット投稿  身辺些事
所属短歌会で「ネット投稿」が新設されている。コロナ禍で通常の例会が中止されたままなので、ネット投稿で自分の短歌二首を投稿。決められた日より鑑賞文を書き込む。20日過ぎに謝辞などを書き込む。これはすべて本名のまま。閲覧はだれも出来るが、書き込みはパスワードを知らないとできない。筆者の10月の歌は以下の二首。

 横向きの顔のかたちの山形県ひたひの部分にわが友は住む
 タオルケットの下からはみ出す部屋用のメガネは又も潰れてゐたり

以前から地図を見るのが好きだが、定年後に一週間の車の旅をしたので東北6県は気になる。茂吉記念館や山寺へ行ったのでヤフーの地図で、山形県が左を向く人間の形に見えた。鑑賞者の一人が言うように友人は、額の部分酒田市に住んで居る。その友人は後輩で元同僚、勤務先の近所の床屋の理容師を口説いて酒田市の実家へ帰り家業を継いだ。家業は魚屋。元印刷会社の営業と理容師の夫婦で果たして“魚”が売れるのか。酒田なら日本海の魚は豊富のようだ。

二首目テレビの録画を観つつ寝るので部屋用の眼鏡を三度潰した。近眼は悲しい。運転用・部屋用・読書用と三種類、二個ずつある。

添付は刈り取りの終った稲田への水路脇に咲いていた。ネット検索をした。「オキナワスズメウリ」というらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/10/4  22:55

失敗の本質  昭和史
これまで随分と新刊、古本とアマゾンで購入してきたが、どうやら小生のメールアドレスがいかがわしい業者に漏れたようだ。8月末より20数回、迷惑メールが送られてくる。即ち「あなたのアマゾンのプライム会員の期限が切れました」とクレジットカードの更新をせよ、とのお達し。メールの先頭に「SPAM」と表示されている。筆者は「SPAM」「SMAP」のことはよく知らない。アマゾンの本の購入は現金払い乃至は古本だと「ギフトカード」。クレジットカードを使用したことは無い。この迷惑メールはいつまで続くのか。ツマラナイことをしている連中もいる。パソコンのプロならば真っ当な仕事はいくらでもある筈。

中公文庫で『失敗の本質』がある。昭和史のブログを延々と続けていればこれは再読、三読の教科書。今日のコロナ禍で、この本がまたまた売れているらしい。東北大震災のときも4万部増刷され、今も毎年1万部は増刷されるという。文庫化されたのは、1991年。内容は戦前の日本軍の主な作戦の「失敗の本質」が6点、著わされている。著者は防衛大学の教官。

◇ノモンハン事件─失敗の序曲
◇ミッドウェー海戦─海戦のターニング・ポイント 
◇ガダルカナル作戦─陸戦のターニング・ポイント
◇インパール作戦─賭の失敗
◇レイテ海戦─自己認識の失敗
◇沖縄戦─終局段階での失敗

最後に分析と課題があるが“解決”が示されていない。この手の本には予想もしなかったほどで75万部も売れているらしい。この現象を産経新聞09月17日に5段半の記事だった。特に念入りに読んだのは「インパール作戦」。専門用語で片仮名はいかがと思うが「コンティンジェンシー・プラン」。日本語では「不測の事態の解決方法」とでもいうのか。とくに日本軍はエリート軍人ほど「局地戦と短期決戦」の指揮官の養成を陸幼・陸士で7年間叩き込んだ。つまり常にアクセル全開でブレーキのない競輪用の自転車と同様。思えば大日本帝国は馬鹿な軍人を産み出したものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/10/1  0:37

正代正代  身辺世相
正代正代(しょうだいまさよ)さんは大関に昇進した正代の祖母の本名で面白い。木曜日のNHK「日本人のお名前」に紹介されるだろう。三場所32勝だが、見事な優勝で、熊本県で初、東京農大出身者の優勝も初。

来年、多分この正代と朝の山は横綱になると思う。白鵬・鶴竜のモンゴル勢は今年いっぱいで引退の筈。力士の名前が覚えられないが隆の勝、琴勝峰など有望な力士も出て来た。来場所幕内に復帰する琴ノ若の祖父は横綱琴桜。一番有望な力士は若隆景、言いにくい名前の力士だが祖父が、若葉山という昭和の力士だった。

力士の休場が11人と多かった。全休は3人、途中出場2人は立派。怪我の休場が多いのは、昔のような“阿吽の呼吸”が少なくなってガチンコ相撲が増えたからだと思う。この辺で相撲協会も少し考えたらどうか。土俵の高さを半分くらいにして土俵の周囲をもう少し拡大すれば怪我は少なくなる筈。体重も上限150sくらいにすれば、もっとキビキビした相撲になる。貴乃花を排除した相撲協会ではそれも無理か。朝の山と正代に怪我の無い相撲を望む。

白鵬の44回の優勝など誰も評価していない。曙、武蔵丸、武双山などが居なかったら貴乃花は50回くらい優勝した筈。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ