2020/10/1  0:37

正代正代  身辺世相
正代正代(しょうだいまさよ)さんは大関に昇進した正代の祖母の本名で面白い。木曜日のNHK「日本人のお名前」に紹介されるだろう。三場所32勝だが、見事な優勝で、熊本県で初、東京農大出身者の優勝も初。

来年、多分この正代と朝の山は横綱になると思う。白鵬・鶴竜のモンゴル勢は今年いっぱいで引退の筈。力士の名前が覚えられないが隆の勝、琴勝峰など有望な力士も出て来た。来場所幕内に復帰する琴ノ若の祖父は横綱琴桜。一番有望な力士は若隆景、言いにくい名前の力士だが祖父が、若葉山という昭和の力士だった。

力士の休場が11人と多かった。全休は3人、途中出場2人は立派。怪我の休場が多いのは、昔のような“阿吽の呼吸”が少なくなってガチンコ相撲が増えたからだと思う。この辺で相撲協会も少し考えたらどうか。土俵の高さを半分くらいにして土俵の周囲をもう少し拡大すれば怪我は少なくなる筈。体重も上限150sくらいにすれば、もっとキビキビした相撲になる。貴乃花を排除した相撲協会ではそれも無理か。朝の山と正代に怪我の無い相撲を望む。

白鵬の44回の優勝など誰も評価していない。曙、武蔵丸、武双山などが居なかったら貴乃花は50回くらい優勝した筈。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ