2020/10/24  21:39

あと7点  昭和史
アメリカの大統領選挙が大詰めで日本のワイドショーがこれに便乗して大騒ぎだ。テレビは朝昼のニュースの他にはNHKのBS時代劇・BS映画を録画して、これを見ながら寝ることが多い。BSTBS1930の司会者は正義感溢れる人かも知れない。この大統領選挙の方法に疑問を呈して木村太郎からたしなめられている。どんな選挙だろうとそれはアメリカの選択だ。前回誰もがクリントンの勝利のとき、メディアの人間ではっきりトランプの勝利を予言したのが木村太郎。バイデンが有利らしいがどうも78歳でいささか貧相。やはりアメリカ国民はトランプを選ぶだろう。

アメリカを批判するなら中国・ロシア・北朝鮮の独裁強権政治が日本にとっては遙かに有害。テレビ朝日・TBS系列のキャスターは反権力を気取ることが正義だと思っている。権力批判、政権批判は結構だが行き着く先は、反日本になる。そんなに日本が悪い国なら中国や韓国にでも行ったら!と思う。

小生の「戦争の昭和史」は18項目。「A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン」が完成。あと7項目頑張りたい。昭和の軍人の中で政略・戦略のある石原莞爾の挫折に触れた。日本が日米開戦のときの陸海軍軍人は、年功序列の人事で東條英機に代表されるように勉強はできるが、世界情勢を知らぬバカばかりだった。ヒトラー、スターリン、ルーズベルト政略に長けた軍事先進国のリーダーに敵うわけは無かった。この論考のあとがきの主張は決まっている。日本の悲劇は“地理的隔絶性”がすべてを支配した。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死

3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @日米対立の芽 大正時代の分岐点
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算

4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の現実
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機の人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相

8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳>


太字が推敲中で未完成。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ