2021/3/3  21:47

畏友 追悼13 心電図  身辺些事
畏友には何か既往症があるとは聞いてなかった。親身に交流があったのは、相互に独居だったこと、時間を家族を気にせず電話やメールをおおっぴらに交換できたこと。当時の昭和35年前後のエンターテインメント、つまり6社が乱立していた映画乃至は俳優・女優の話で盛り上がったのは時代を共有していたからこそ。畏友はきわめて日本的な昭和人だった。相撲が好きで“若貴”のファンでモンゴル人力士は好きでなかった。千葉県人だから長嶋ジャイアンツのファンだった。

小生のように「太平洋戦争」に興味はなかったが、推奨した『春画にみる江戸老人の色事』(平凡社新書)などは大いに面白がってくれた。林房雄の『大東亜戦争肯定論』も興味を示していたが、これは精神論だと伝えた。76歳の突然死は悲しいし、本人も悔しい筈だ。この年齢では友人であっても不摂生な生活の改善の注文に耳を貸さない。誰にも看取られず死ぬのは筆者も同じ。そこに冷静な達観があればビールを飲みながら入浴はいけない筈。下戸の筆者の忠告は空しかった。

(2016・09・09のメール)
きのうは台風…、ヤバくなりそうだったので仕事は休み。
そこで朝から飲酒とテレビ三昧。それと、休憩中に家庭菜園。

先月不整脈が見つかった。そこで24時間心電測定器(ホルダー)を装着。おととい結果を聞きに…。大した不整脈ではなかった。薬も不要。普段通りの生活を……。夜の過激なスポーツ?大相撲もOK。

今度の秋場所は白鵬休場、これで稀勢の里の優勝〜横綱昇進の道が開けた。野球は赤ヘル優勝。面白くない。パラリンピックは何処と無く痛々しくて…。

明日は木更津〜鴨川〜館山。かなりハードです。残暑など早く終わってほしい。
来週は待望の佐原。早く寝ます。それではまた。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ