2021/6/2  22:16

コロナワクチン  身辺些事
早や06月、あと2週間で誕生日が来て77歳、喜寿。母親が平成06年、76歳で死去、それからもう26年を経て遂に母親の年齢を超えてしまうようだ。このところ親しんだ俳優、田中邦衛、田村正和の訃報に接し、着実に自分の順番が近づいているのを実感。1月末、ブログに書き込みをくれていた中学時代の畏友が突然死した。息子は突然の心臓麻痺と言っていたが、正確な病名を訊かなかった。ビールが好きで風呂で温まりながら私によく電話をしてきた。突然死などと言える状態ではなく無断欠勤ののち発見された聊かみっともない死に様だったと容易に推察できる。友人が、遺族が困らない終活をしていたとは思われない。木更津の民間アパートの一室に居たから2月いっぱいで明け渡しを宣告されていたから私が貸していた名作「配達されない三通の手紙」「裸の島」などのDVDは息子に処分されてしまったようだ。お洒落だった背広、ネクタイ、シャツ、帽子も同様だろう。

聊か怠惰な暮し向きの小生も重い腰をあげて平塚市役所へ行ってきた。自分では容易にできないが、係員は私のスマホを駆使、コロナワクチンが07月10日に接種と決定。医療費が10万円を超えないと確定申告ができないと思っていたが申告すればそうでも無いらしい。帰宅後に安い厚生年金の源泉徴収票がやっと見つかってことなきを得た。06月17日、自分の生日に申告する。障碍者の認定があるので少しは戻るのか。

太平洋戦争の高級軍人にはどんな馬鹿な作戦をした過去があっても生き残れば軍人恩給がある。これはかなり高額らしい。戦死者へは遺族年金が出ている。それ以外の私のような戦争未亡人の母が再婚した場合は無縁だ。ただし地方公共団体が出す「戦没者弔慰金」がある。今回は戦後11回目らしいが、前回10回目は多くの戸籍謄本を集めて一年間の査定ののち、5万円×5年=25万円をやっと頂いた。二等兵は戦病死しても薄い手当だが文句を言っても仕方ない。11回目はすぐ交付されるらしい。このブログで何回も書くが、行政は完全なる無作為。少なくとも4〜5回、100万円くらいの支給はあった筈と思うが無関心・無知で知らなかった。あと5年は生きろ!?ということ。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ