2021/7/17  16:18

祝日変更  身辺些事
先月17日に喜寿を迎え早やひと月。呆けが目だってきた。19日月曜日は「海の日」の祝日でクリニックも薬局も休みと思っていた。ところが今年はオリンピックで一週間延期されたことを今頃気付いた次第。近所に昨年できたドラッグストアに併設されている薬局は土・日・祝日が休み。いろいろの服薬は月曜日分で途絶える。誤解したが祝日の移動は今に知った。

3年前クリニックが10日間の夏休み。薬局は7日間の休みだった。筆者は睡眠誘導剤がないともうぐっすり寝られない体質。クスリが切れたのでクリニックの休日が終るまでの二日間の睡眠誘導剤のみ所望した。他の糖尿病予防、血流などは省いて医師の処方箋なしの投薬を2粒お願いしたが断られた。

この場合、薬剤師は正しい。処方箋なしにクスリは出せない。しかし私の言い分は病人があればこそのクリニックと、薬局との意見の対立で声を荒げ、以後この薬局には行かなくなった。個人経営のクリニックは木曜日が休日。大病院は土日が休日。そのとき木曜日だったので大病院の循環器の医師に事情を話し、二日分の服薬10種類をお願いできて事なきを得た。

近所のクリニックの院長も昭和19年生の77歳。最近は、午後は休診。次女の医師、整形外科のみ開院。長女も三女も他の病院の内科医。院長は娘3人の一人は男だったらと多分嘆いている。

添付は一種類百合が咲いていた。ジャスミン。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ