2011/4/30  22:17

悲喜交交(ひきこもごも)  映画TV
筆者の10代は昭和30年代、20代は丁度、昭和40年代となる。10代では演歌が全盛、筆者は三橋美智也・春日八郎・美空ひばり・島倉千代子の歌を聞いて成長した。20代はグループサンウズ・フォークソングで、「ブルーコメッツ」「南こうせつ」「ガロ」などが良かった。

したがって21日に亡くなられたキャンディーズの田中好子は、昭和50年代で好き嫌いの範疇では無かった。だが55歳での癌死は、率直に言ってまことに気の毒であるし、哀悼の意を表したい。だが生前、録音したという息も絶え絶えのメッセージを葬儀に披露したことは、別に悪いことではないだろうが、そこまでやるかとも思う。最後の作品、NHKの「手のひらのメモ」は優れたドラマだった。内容が切実なため、一度見たあと録画は削除してしまった。再放送もあるだろうと思う。

芸能界のことは最近はとんと解らないが、鮮明に覚えているのが昭和60年09月11日、女優・夏目雅子の27歳の死、ロス疑惑・三浦和義の逮捕だった。三浦和義は無罪釈放のあと、そのときの妻が平塚市に在住するらしく、駅ビルや書店で見かけたことがあった。携帯電話で話しながら筆者の前を横切った。大男で無礼な奴だと思った。筆者が裁判官なら昭和50年代、妻に1億5000万円もの保険をかけて、毎月30数万円もの保険金を支払っていただけで、もうこれは有罪の十分な証拠でもある。

田中好子の夫は小達一雄、実妹が「夏目雅子」、夏目雅子は、妻子の居る伊集院静と略奪結婚。伊集院静はその後、別の女優と結婚。田中好子も妻子の居る小達一雄と略奪結婚。小達一雄は今は、別の愛人が居て小さな子も居るらしい。モテル男性は忙しい? つまり田中は夏目雅子が義妹となるのかも。

最近は時代劇は民放では製作費が高いらしく姿を消した。その分何だか解らないオチャラケ番組と、犯人と刑事が崖上で対決?するスリラードラマばかり。5年ほど前、テレビ朝日系列で「八丁堀の七人」という捕物時代劇があった。片岡鶴太郎・村上弘明主演だった。このドラマに片岡扮する同心の娘として中学生くらいの可愛い女優が出演していた。演技はあまり上手くはなかった。だが実に可愛かった。ネットで調べてびっくりした。楯真由子(たてまゆこ)は、その小達一雄の長女だった。最近はあまりドラマで見ない。田中好子は継母だったということになる。

画像はヤフー画像から「楯真由子」。


クリックすると元のサイズで表示します
3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ