2013/2/28  21:11

東京家族  映画TV
封切り後、一か月以上も経ってしまったが、やっと『東京家族』を観てきた。平塚シネプレックスでいよいよ日に“2回”の上映になったので、そろそろ上映終了と思ったからである。多分上映のカタログは売り切れと予想されたが、まだ残部は存在した。ブログなどに記述するならこれは必須で尚、余韻を楽しみたいからである。山田洋次監督は、昭和06年生まれ、81歳。丁度、山田監督が松竹に入社した頃の巨匠が「小津安二郎」だった。「東京家族」は『東京物語』(昭和28年・1953・松竹)のリメイク版。東京物語の夫婦の暮らす舞台は、広島の「尾道」から「豊田郡大崎上島町」に変更され撮影された。

NHKの撮影密着取材も録画してあるから、今夜は再度の観賞になる。もともとは2011年12月公開予定だったが、「東日本大震災」によって公開が延期となった。主演の老夫婦の配役を菅原文太と市原悦子から、橋爪功と吉行和子に変更になり、長女役も室井滋から中嶋朋子に交代した。共演は、山田組常連の小林稔侍ほか、蒼井優、妻夫木聡、西村雅彦、中嶋朋子、林家正蔵、風吹ジュン。

東京物語の主役の一人、二男の戦争未亡人役は「原節子」だった。NHKのデジタルリマスター版の原節子は、モノクロ映画だがとにかく美しい。昭和38年に引退、50年を経ている。1920年生だから現在92歳。末子役の「香川京子」が健在なのは嬉しい。「東京家族」はこの戦死者の二男夫婦の設定を替え、妻の死を東京に変更したくらいで同じセリフも随所に出てくる。おおよそのストーリーも解っているし、物語も単純だから淡々と観てきただけで、黒澤明監督映画の盛り上がりのある映画ではない。ただ加齢のせいか涙は止まらない。午前10時上映の映画は十数人だけの観客だった。友達同士の媼のしゃべりが煩かったが、上映後はぴたりと止んだ。が、妻の死の(脳溢血?)場面はすすり泣きが聞こえた。

畏友・なでしこさんには、お勧めできない日常の家族の淡々とした映画である。原作の「東京物語」はカメラ位置が低く、固定化され、セリフの言い回しも更に淡々としている。だが世界の映画監督の投票では、その60年前の「東京物語」が第一位なのは、映画撮影の基本がここにあるからなのか。暇人につき更に両者を比較してみたい。

よく判らない体調不良だが、午前中は何とか運転はできる。足腰に気を遣ったせいか、総合スーパー・オリンピックの駐車券の無料刻印を忘れて200円を払う羽目になった。運転はむしろ走行中の方が安心、信号や発進、ブレーキが危ない。

クリックすると元のサイズで表示します
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ