2008/11/20  20:45

坂東三十三観音巡り  観音霊場
宗教的なこだわりはあまり無いが、鎮魂の意味で「札所めぐり」が好きである。

秩父34観音めぐり」も坂東も、何回か訪れ、とっくに「掛軸」はできているが、HPがブームになって以来、スキャンできる納経帳の「朱印」が無い。そこで一昨年、1番から30番まではドライブがてら3度に分けて納経は終了していた。残りは千葉県の31〜33番のみ。番外でお礼参りの善光寺もある。昨日、朝7時出発、21時帰参した。千葉県は広い。32・33番は国道128号の海岸沿いはノンストップで2時間強、フロントガラスは塩分が着くほどの強風。

おまけに浜金谷─久里浜フェリーは強風で欠航。目の前に久里浜が見えるのに館山から東京湾をぐるりと廻って帰って来た。帰宅時には疲労で足腰がフラフラ。私の軽の小さな車でも100キロの速度は出た。隅田川沿いの首都高速箱崎JCは渋滞で行く先に判断を迷うことはない。ここは渋滞がいい。14時間のドライブ・観音めぐりは私の年齢ではくたくた。今日は一日骨休めだった。

現在、画像が350枚ほどある。年内にはページ作成を終わりたい。

添付は33番・那古観音から見た強風の東京湾。

クリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ