2013/6/6  11:30

更新112 春の薔薇  散歩道
「春のバラ・百合」のページにしたが、またまた「花菜ガーデン」に行ってきた。何とかの一つ覚えになる。開園以来三年間で47回目、厳冬期を除けば、何かしら花が咲いていて見どころは多い。NHKのニュース、関東ローカルニュースでも何度か取り上げられているらしく“春のバラ”の季節は、知られるところになった。06月03日は、月曜日なのに駐車場は、ほぼ満車。500台くらいは駐車可能。土・日は、最近は一般道まではみ出し、駐車場待ちになる。どうやら「花菜ガーデン」はかなり知られることになった。06月下旬以降は百合、ヘメロカリスが満開になる。

 筆者の住む平塚市は多分、財政豊か?だろう。北部には東海大学・神奈川大学があり、中心地に近いところには日産車体・パイロット・横浜ゴム・古河電池など大企業も多い。「湘南平塚七夕祭り」は今や全国区だが、このガーデンもかなり有名になって“売り”も増えたことになる。臨時バスも出るらしい。

 園内には展示場、イベント・スクール会場、植物図書館、園の脇には土産物店、レストランがある。この近辺で収穫されたものを食材にしたメニューもある。更には、園の西側には「産直売り場」があり、ここは年中にぎわっている。これらの関連施設には感心する。それまではこの広大な敷地は、農業試験場だった。財政破綻状態の「神奈川県」にしては少ない成功例か!

花の名に疎い筆者にはプレートが必ずあって有り難い。行く度に初めて聞く“バラ” “百合”がある。製作者の名が冠してあるのか。歩いても行ける距離は有り難い。添付は、百合「ジラド」。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/index.html

クリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ