2014/2/28  20:39

だるまさんは転ぶ  身辺世相
顔が達磨!?に似た森喜朗元総理大臣の発言が話題になった。いわゆる浅田真央の「あの子、大事なときには必ず転ぶんですね」。可愛くて、スタイル抜群で、敏捷で“メディアのアイドル・浅田真央”を誹謗・中傷するのはけしからん、と言った按配。でも全発言をよく聞けば存外的外れでもない。ただあの面構えでとっくに一丁上がりの政治家が可愛いアイドルを傷つける発言に、美女と野獣の組み合わせでテレビ・新聞は一瞬燃え上がった。

このブログで「ソチ五輪」での日本のメダル獲得は5個と予想したが、東京都知事選予想と同じで、ものの見事に外れた。5個のなかには上村愛子・浅田真央・高梨沙羅も勘定に入っていた。後はスケートの羽生・ジャンプの葛西だろうと思っていた。つまりメダル予想は殆ど当たらなかった。ここはいつもメディアの悪口を言いながらメディアに追随したのは情けない。

外国メディアの発言引き出しの画策に浅田真央は「森さんは発言を後悔して居る筈」で、終わりで、メディアの期待は、森喜朗が東京五輪までの6年間「転ばないように!」との発言を期待していたのも判る。

第一次安倍晋三内閣から6人は一年間で辞任に追い込まれているが、森元首相こそが平成時代一年しか持たない総理の元祖だ。細川さんという人も居た。ただ細川は人気があった。森は、支持率は就任から辞任まで低かった。筆者に言わせれば「元祖・転んだひと」だからこそ、ああいう発言になった。総理大臣在任中にのたまわった「日本は神の国」発言は、この人の哲学に無い頭脳を体現している。正確には「神々しい国」と云えばいい。あと6年この人は「東京オリンピック委員会」の会長職だ。多分6年のうちに失言があって辞任するだろう。「達磨さんは多分転ぶ」。この予言は今度こそ的中するに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ