2014/11/30  20:58

諸国民の正義  身辺世相
このブログで何度も表明するが、筆者の購読新聞は「産経」と「日曜赤旗」。どちらも見出しはしっかり拝見するが、踏み込んで読むのは外交問題。これも何度も記述するが自民党政治や野党勢力の主張も、それはそれでいいが日本列島だけの問題。なぜもう少しズームアップした日本の安全保障に言及されないのか実に不思議だ。右翼的発想と片付けられたらそれも結構、と言ったら開き直りだが、天邪鬼につき許されたい。

日曜赤旗の見出し「消費税」「アベノミクス」「集団的自衛権」「原発再稼働」「沖縄新基地」も筆者は、基本的にすべて賛成だから困ったもの。産経新聞はあからさまな安倍政権ヨイショ!の論調。だが新聞メディアが右も左も賛成するのは“軽減税率”で国民の基本的な食糧と共に新聞も消費税ゼロを狙っているのがミエミエ!で甚だよくない。これは読売新聞の主張らしい。

「軽減税率は庶民の生活にいいがスーパーのレジが迷う」などとは数多いる評論家の迷いごと発言。軽減税率で困るのは税金が徴収できない財務省、と思うのは大間違い。日本全国の税務署で、仕事が増えるのは間違いない。「天下り法人新設」など簡単に何かの法律に但し書きをつけて公益法人が増え、霞ヶ関官庁は大喜びに違いない。軽減税率を言い出したのは「公明党」などと言っているが、これも明らかな選挙対策。この党の悪口はここまで。

憲法改正、集団的自衛権、秘密保護法、沖縄米軍基地、筆者の私は全て反対が基本。ただし中国・ロシア・北朝鮮などどうしようもない国が無いのが前提。日本は欧米と価値観・常識を共有する民主主義国。日本がアメリカとの軍事条約を解消したら忽ちに「尖閣諸島」に中国軍は上陸する。日本国憲法前分にある「諸国民の公正と信義」に委ねるなど世界的に通用する筈がない。

綺麗ごとばかりの選挙用公約はうんざり。外交問題が選挙の公約にならない日本はのどかだ。日本列島が四方を海に囲まれている幸運さは、これは数千億円の防衛予算に匹敵して与野党暗黙の共通認識。「日本に生まれてまあ良かった」は、本の題名だが筆者も実感。

クリックすると元のサイズで表示します
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ