2016/3/30  23:16

浄智寺石段  鎌倉散歩
四年前の梅雨時、つまらぬことで腰椎骨折、爾来、悲しいかな杖突き老人になり果てた。一日5000歩は歩いているが、猛暑と厳寒の季節は出不精になって、気候の所為に責任転嫁する! 目標に達しないこともある。眼精疲労を自覚する午後以降はだめだが、むしろ車の運転の方が楽でもある。腰椎骨折以来、その車も遠出はだめになったと思ったが、意を決して、永年親しんだ鎌倉へ行ってきた。09時30分出発、14時に無事帰宅できた。

所謂「湘南道路」の国道134号は、平塚市西端から江の島入口までは片道二車線となって、江の島まで行くのは造作もないし渋滞もない。確か永年、この国道は工事中で混雑した。今では、江の島近辺は駐車場も増えたから多分夏場は盛況をきわめているに違いない。

昨日は扇ガ谷の海蔵寺、北鎌倉の浄智寺を撮影に出かけた。筆者の場合、いつものように稲村ヶ崎から左折、坂を上り街中へ入り、江ノ電沿いに極楽寺、長谷附近を抜けて鎌倉駅西口を通る。さすがにこの辺の渋滞は仕方ない。海蔵寺は化粧坂、源氏山に近い谷戸の奥、作家・立原正秋が好んだところ。寺領は少ないが、花の寺として有名。ここからJRの踏切を越えて川喜多長政記念館前を通り、鶴岡八幡宮西端へ出る。ここから北鎌倉へは歩くと聊か遠い。

浄智寺は、建長寺を横目に横須賀線の踏切を越えるとすぐである。浄智寺は鎌倉五山のひとつ。鎌倉五山は、鎌倉にある臨済宗の五大寺の総称。建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺の順。鎌倉政権の北条が選定。浄智寺の奥の多くは墓地。散策すべき境内はまことに狭い、古刹ではあるものの。

浄智寺入口の山門と石段は風情がある。「武士の一分」という時代劇では主人公の妻(檀れい)の墓参のシーンに、この石段が使われていてすぐ解った。他にも確かビートたけし主演の「点と線」にも出てきた記憶がある。杖突老人には、少々この石段は辛い。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/11/28  21:34

鎌倉川喜多映画記念館  鎌倉散歩
昨日、毎月の所属短歌会の仕事を終了。個人的な喪中葉書も印刷、発送した。今日は歌誌の画像カット撮影に数年ぶりに鎌倉・鶴岡八幡宮へ行って来た。杖を突きながら16000歩歩くとさすがに腰はへなへなの状態。この早目に横になる。鶴岡八幡宮探訪のページ作製は明日以降。

友人から譲り受けた昭和16年の「御親閲を拝受して」は、これは文字入力を完了している。これは転載を希望していて了承を得たい。作者は21歳で戦死している。そのB5判の冊子は自筆を本にしたもの。親戚縁者だけの追憶はよくないと筆者は思う。生きていれば、ひとかどの人物、後世に伝えるべきだと思う。「咫尺」「叉銃」なる言葉を死語にしてはいけない。

添付は、八幡宮の横「鎌倉川喜多映画記念館」。鶴岡八幡宮探訪はいずれページにする。川喜多長政・かしこ夫妻は外国映画の輸入を確立した人物。広大な屋敷を鎌倉市へ寄贈した。折しも「監督小津安二郎と俳優・笠智衆特別展」を開催していた。小津安二郎、笠智衆、原節子トリオの秀作は多い。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/3/31  21:17

北鎌倉・円覚寺  鎌倉散歩
円覚寺とは横須賀線、北鎌倉を降りてすぐの大きな寺。およそ鎌倉の社寺は小さいものばかりで全部を拝観しても2、3日もあれば十分。大船を含めても京都市の20分の1。だが鎌倉は、首都圏へ出るのも一時間であり、有名人の居住のステータスにもなっているから昔から文人墨客にゆかりが深い。

京都・奈良の社寺に匹敵する寺領のあるのは円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮の三つに過ぎない。瑞泉寺に行く道すがらの永福寺(ようふくじ)が一番の寺領だったが廃寺となって今は原野同然。

円覚寺と建長寺までの道程は、杖突老人に成り果てると横須賀線の鉄路に沿った道は長い。一日13000歩は応えた。所属する短歌会の歌誌の画像カット撮影のため。昨日、月曜日の午前中なら空いていると思ったが、人身事故とかで往復の東海道線、横須賀線はなかなか電車が来ない。鉄道自殺する人は日曜日にすべきで他人に迷惑をかけてはいけない。円覚寺、建長寺の桜は満開一歩前だった。円覚寺・建長寺とも外国人の参拝客が多かった。声高で派手な衣装の中国人が居ないので鎌倉はいい。民度の低い外国人は来ない方がいい。

円覚寺は、山号は瑞鹿山(ずいろくさん) 臨済宗円覚寺派。 創建は弘安5年(1282年)。開基は北条時宗。京都・奈良ほどの歴史はないから国宝は二つ。舎利殿・梵鐘のみ。舎利殿は神奈川県唯一の国宝建造物。入母屋造、杮(こけら)葺き。堂内には源実朝が南宋から請来したと伝える仏舎利を安置した厨子があるらしい。通常は非公開、正月3が日と11月3日前後に外観のみが公開される。筆者が撮影したものは外観のみ。もう一枚はネットから拝借。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/11/7  20:13

鎌倉散歩  鎌倉散歩
「鎌倉散歩」のページは、HPの容量を減らしブログへ移行するべく計画をしていた。だが所属する短歌会の「行事」のページを都合で削除したので12MB程のスペースが空いた。100KBの画像なら120枚は搭載可能ということ。

今までの「旅」の記事・画像は「湘南の暇人・旅行記」へ徐々に移行すれば、容量を増やす必要はない。てなことを言って現在「湘南の暇人・旅行記」は07月に「平成14年・京都の旅行」の投稿以来滞っている。

「鎌倉四季歴史散歩」を再び構築、「旅行記」の画像も只今整理中。なお昔、録画したアナログのTV番組も「シルクロード」(昭和50年代・石坂浩二の語り)「大英博物館」など、画像の鮮明なものは、これも徐々にDVDに移行している。ただし司馬遼太郎の「街道を行く」はノイズが多くDVD化に耐えられそうもない。

「私の戦争論」も最初から書きなおしをしていて、年金生活もこれで結構忙しい。画像は平成16年秋、北鎌倉・円覚寺の「佛日庵」。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2008/9/28  22:13

街道をゆく2  鎌倉散歩
司馬遼太郎の「街道をゆく」はNHKで、その死の2年後から順次映像化された。本日午前中暇だったので調べたら、全部録画してあると思ったら録画を忘れている箇所があった。

第一シリーズは、今は亡き田村高廣のナレーションで12本のうち4本、30分番組の第2シリーズ48本のうち、わずか1本が収録していなかった。

画像の確かなDVDを購入すると全部で95000円。これは手が出ない。再々放送があるまで待つしかない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/18  20:43

鎌倉・萩の寺  鎌倉散歩
一昨日の天気予報は当たった。

一昨日、明日は晴れで洗濯日和だが、「明後日からは雨」という予報なので昨日午前中、鎌倉へ行って来た。ワンパターンだが長谷寺・光則寺・海蔵寺・浄智寺のコース。例によって午前中で引き上げる。鎌倉の道は細く午後は渋滞するからである。

扇ヶ谷の海蔵寺は「萩の寺」として有名。むろん六月の花菖蒲も有名である。水曜日だが多くの年金生活者のカメラマンでいっぱいだった。四・五日遅かったか萩は散り始めていた。
目下HPの頁作成中。


クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ