2015/9/21  23:43

技術革新  カメラ
昭和42年、22歳のときにミノルタカメラを購入してから、これまで買い替えたのは10台。このうちフィルムカメラ乃至一眼レフを割愛するとコンパクトデジカメは5台。全てがオリンパス、最初がデジカメの先駆的存在の「C−2000Z」だったからが理由。平成11年09月購入だった。当時はコダックとデジカメの開発競争だった。コダックはカラーフィルム、デジカメを開発した。今、コダックはフィルム専門メーカー。

◇C−2000Z 平成11年09月購入 勤務先の後輩に譲渡。
◇C−3100Z 平成14年03月購入 自宅に保存するが故障。
◇SP−550UZ 平成18年04月購入 鎌倉長谷寺の源氏池に落としてしまった。修理後、使用したが不具合は少しあり、勤務先の後輩に譲渡。
◇SP−590UZ 平成22年02月購入 現役
SP−600UZ 平成22年12月購入 現役

SP−590UZ、SP−600UZも現役だが、前者はもう手に入らない“XD”使用、後者を5年間愛用している。2年前(2013/3/21)に記述したが、600UZはSDカード使用、1200万画素、高画質で1300枚撮影可能。バッテリは単3電池仕様で甚だ便利。ただ2つともレンズの蓋が“ゆるフタ”で夏場はすぐに外れる。それが難点だ。平成22年に2台購入したのは、パソコンの挿入口の問題だった。今でもXDはカードリーダー使用で十分に使える。

C‐3100Zは300万画素を誇り、旅行にかなり使用した。この5年間は専らSP-600UZが愛機でムービーも撮影可能。ただ5年間使用すると画面表示の液晶部分に翳りが現れ、これはプリントに何ら関係ないが、撮影時は少々気になる。そこで人生最後のカメラと思い「オリンパスSP−100EE」を購入した。本当はOM−Dシリーズの一眼レフが欲しいが、これは高価だ。目力が低下、使いこなせない。いわゆる猫に小判だ。定年時に購入したキャノンとタムロンの組み合わせEOS10Dは当時26万円、610万画素、フラッシュメモリー使用。このメモリーは、今は使われているのか知らない。新機種は1600万画素で1800枚撮影可能、26000円、技術革新、栄枯盛衰、これでは町のカメラ店は潰れる。

SP−100EE は、単3電池が使えない。近々専用の充電器と予備のバッテリを購入しなければならない。16GBのSDカードなら90分のムービーも可能。これは楽しみだ。本日早速、近所のフラワーパークで100枚ほど撮影した。左上から右へC−3100Z、SP−590UZ、SP−600UZ、SP−100EE。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/3/21  14:39

オリンパスファン  カメラ
デジタルカメラ時代の先駆的存在オリンパス「C-2000Z」を平成11年に購入、すでにオリンパスは5台目である。今の590UZは1GB、SP-600UZは8GB。前記は240枚、後記は1200枚の撮影可能。いずれも撮影時は一枚1〜2MBのデータになる。これらが安価なプリンタで昔のフィルムカメラのサービス判に印刷できる。これでは街中の“カメラ屋”も “プリントごっこ”も無くなる所以。ところが平成22年に購入したオリンパス2台は、性能はいいのにカメラレンズの「フタ」が、肩にかけていると外れる現象。いい車のドアがよく閉まらないのと同じか。

C-2000Z 平成11年09月購入 譲渡
C-3100Z 平成14年03月購入 故障
SP-550UZ 平成18年04月購入 譲渡
SP-590UZ 平成22年02月購入 現役
SP-600UZ 平成22年12月購入 現役

今、インターネットでオリンパスに問い合わせ中。手に入ってもまた“ゆるフタ”かもしれない。だが前者は1GBの保存メディアだが、デジカメにしてはレンズの部分が長く無論きれいに撮影できる。平成22年後半、○ジマ電機の店員が販売終了だったので、内緒でインターネットで購入してくれた。27000円だった。畏友「なでしこ」さんは、電器店で値切って35000円だと威張っていたが…。だがこれは奥行が横幅と同じく11センチで大きなバッグでないと収まらない。

平成20年購入のNECビスタにはXDカード差込口があったが、現在のソニーバイオはSDカードの差込口になっている。1300円でXDカードの「カードリーダー」を購入してきた。早くカメラの蓋が届かないと、今年の桜開花は早いので散ってしまう。オリンパスは“粉飾決算”で紙上を賑わしたが「胃カメラ」などいい技術を持っているので頑張ってほしいと思うばかり。やはりデジカメでもカメラは、昔からのカメラメーカーでないと良くない。なぜならレンズの出来が違うからである。今のソニーのデジカメは、ミノルタの技術。オリンパスにこだわる理由は、当初の「C-2000Z」から電池が単三電池使用で充電器が使えるのが魅力。むろんアルカリ単三電池も使用可能。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/2/8  14:32

信任状捧呈式  カメラ
平成18年秋、所属する短歌会の大会は、浦安市の「東京ディズニーランド」横のホテルで開催。「東京ディズニーランド」はJR「京葉線」の舞浜にある。大会から数週間後、平成18年12月22日は、ホテルの正面を2枚、撮影。まだ十分に足腰が元気だった。それだけのために往復3000円の東京行だった。京葉線に乗るには、東京駅八重洲口地下を延々と西へ歩く。筆者はこれだけでうんざりである。ディズニーランドは、老齢につき、また戦後アメリカの産物でとんと興味がない。東京駅周辺、殊に「丸の内」側は、明治・大正時代の重要建造物があるから最新式のカメラを駆使して探索。戦後の「GHQ」になった日比谷の「第一生命ビル」など精力的に撮影。そこに偶然出くわしたのが「信任状捧呈式」(しんにんじょうほうていしき)と称される儀装馬車列だった。儀装であって「偽装」ではない。工事中であっても東京駅・丸の内口という日本のど真ん中に騎馬隊である。カマラマン?としては天の配剤で随喜の涙?を流した。

当時は『ウィキペディア(Wikipedia)』にも説明がなかった。今では平成18年12月22日には「スウェーデン大使」だったことが「宮内庁」のHPでも公開されている。昨年、春に「スカイツリー」、秋に「赤レンガの東京駅」が数年ぶりに完成。長年通勤で毎日利用した東京駅、撮影したいのはやまやま。その折のページは『最新頁の案内』に、まだある。

その頃、所属短歌会の画像を中心とした『冬雷短歌会行事』のホームページを担当していた。勝手に画像のあるページを作っていただけの話で、実質、茨城県の精神科医の方の労作だった。そのページにリンクしただけのこと。今はこの精神科医は、亡くなられHPそのものも4年を経て削除された。平成18年の大会当時、室内の行事は十分に撮影したが、肝腎の“ホテル正面”を撮影していなかった。その正面の一枚だけの撮影が思わぬ場面に遭遇する。ホテルの名に思い出はあった。「サンルートプラザ 東京」と云い、平成12年頃、友人の娘の結婚式で、その頃、凝っていたデジタルのVTRカメラで一部始終を撮影した。むろん一本の録画番組に仕上げた。「タイトラー」なる字幕を入れるビデオの編集機器もあった。

信任状捧呈式は、日本へ着任した特命全権公使が、派遣国の元首から託された信任状を天皇に提出する儀式。「奉呈式」とも表記される。現在の駐日大使の信任状は、憲法第7条第9号により、天皇が接受。この際の儀式は皇居で行われる。日本へ新たに赴任した国の大使(外交官)は、東京駅から宮殿南車寄までの移動手段として自動車か儀装馬車を選ぶことが出来ることになっている。多くの大使は馬車での皇居移動を選ぶ。

このとき大使の随行員が乗る馬車と警護の皇宮警察や警視庁の騎馬隊を加えた馬車列を編成する。なお2007年から2012年まで行われた東京駅復元工事の際には明治生命館(皇居内堀に面する)からの出発に変更された。新任大使の送迎に馬車を使用する国は、現在では日本の他、イギリス、オランダ、スペインなど、ごく一部の立憲君主国に限られている。捧呈式の内容は「フリー百科事典」参照・引用。画像はウィキペディアに投稿したい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/7/28  22:49

デジカメ画像01  カメラ
10年前はデジカメはまだ少数派だった。
バカチョンカメラと言われても、フィルムカメラは今のデジカメの1000万画素はあった。

記録にある筆者のデジカメ画像は平成13年04月の「九州の旅」画像。
今年、豪雨被害が顕著だった大分・日田、熊本・湯布院など。

この画像は熊本・阿蘇の「黒川温泉」の元湯。オリンパスC2000ズーム。211万画素で、デジカメ普及の切っ掛けとなった。ライバルだった「コダック」はもう存在しない。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/26  23:25

春のバラ  カメラ
21〜25日の仕事が終わり、まだ“春のバラ”に間に合うと思い、本日午後また「花菜ガーデン」へ行ってきた。何と開園2年3か月で40回目である。湘南の暇人の面目躍如である。

春のバラは満開だった。だがそれを承知で行ったのだが、今日は土曜日、花菜ガーデンもだんだん知られて来て過去40回では最高の人出だった。駐車場は350台の駐車可能だが通路スペースも臨時に駐車OKとなり500台満杯だった。人出はむろんそれ相応、09万坪あるから大混雑ではないが「バラ園」には人が集中していた。まだ来月上旬まで十分に「春のバラ」は楽しめる。撮り残しのバラと名の知れない花があったので来週早々にまた出かける。それでも最新のオリンパスで200枚を撮影した。

いずれページに作成するので暫時お待ちを…。帰路、駐車場出口の駐車券の機械が故障、出口は思ってもみない渋滞だった。このガーデン散策は、ウィークディに限るのが実感。

本日一番鮮やかだと思ったバラ、ストレンジ・ミュージック。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/18  20:07

偏光フィルター  カメラ
筆者は今日、残り少ない預金をはたいて11月の旅行の代金を支払ってきた。4人分だから20万円になる。生活保護費程度の年金生活者に預貯金の目減りは応える! 「湖東三山」は紅葉の名所である。20代の頃、訪問した記憶はあるが、きちんと手帳に記録はしていなかったので三山の寺の名ぐらいしか記憶にない。一泊二日で5万円はパック旅にしては少し高い気もするが、往復新幹線、当日・翌日の4食付き、帰路は小田原に停車するらしく、まああまあといったところ。後は降雨にならないことを願うのみである。閑話休題。

本日、郵便局から近いところにある「花菜ガーデン」へ花の撮影に出かけた。34回目である。園芸種の彼岸花を撮影したのは09月初旬、秋のバラがそろそろ満開だと思ったからである。全部満開では無かったが、200枚ほど撮影した。この花はいろいろな名前があるものである。イングリット・バーグマンは解るが、今日はフリオ・イグレシアスと云う名があった。

筆者は昭和42年、月給03万円の頃、日本橋の“月賦の林商会”で03万円の「ミノルタカメラ」を購入してからカメラが好きである。だが写すのは好きだが、そのメカニズムに詳しいわけではない。平成11年からオリンパスのデジカメから発展、今はフィルムカメラは駆逐されてしまった。商売柄だったが眼が悪いので今は専らオリンパスのコンパクトデジカメ。40数年カメラが好きで今ごろ気づくのもどうかと思うが、写したバラを見ると明らかに朱色なのに点検するとピンクになっている。赤色系は赤・橙・朱・紫と微妙に違う。旧仮名だと「くれなゐ」がピンクでは困る。

ソニーアルファを持参してバラのアップを撮影している人が居たので訊いてみた。まだ現役のコンピュータ関連で働く人だった。結論は目で見る色とカメラがキャッチして保存する色は変化する由。つまり太陽光の反射の光もキャッチで色変わりするとのこと。「偏光フィルターレンズ」を教授して頂いた。紅葉ならなおさらのこと朱色がピンクになったら困る。「湖東三山」にはレンズフィルターを購入、装着することにした。

「ハンネ」「フレンシャム」というバラだと思うが色は朱色。前者は自分のデジカメ。後者はカメラに詳しい人がフィルターを被せてくれた。後者が本当の色である。この場を借りて感謝申し上げます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/1/21  10:54

暇人旅行記ブログ  カメラ
筆者のHPのブログ「暇人旅行記ブログ」が完成した。「日日耗日」についで二番目のブログである。「花菜ガーデンブログ」は毎日投稿しているが、これは昨年05月からで新しい。

友人がこの「Seesaa」のブログで大量の鮮やかな花の画像を披歴していたので真似をしたが、難しいのは縦横の比率だった。だが何とかクリア、平成05年の「国東半島の旅」から平成19年の「対馬・壱岐の旅」まで44点をページにした。その後の「平成20年からの旅」は「最新のページ」に掲載している。なお平成08年の「四国周遊の旅」、09年の「紀伊半島の旅」、10年の「北海道道東の旅」、12年「沖縄の旅」もあるが、この頃はVTRカメラ撮影に凝っていて静止画の画像はない。最初の「大分県国東(くにさき)半島の旅」は殆んどがカタログのスキャンである。

したがってこのブログの投稿は途切れ途切れになるが続けたい。ウインドウズXPで御覧の方は、文字が大きくなるそうだが、「表示」の文字サイズで調整して頂きたい。これらの画像はページにしたらかなり重い画像だが、これが無料は有難いことである。

この「旅行記」の画像のサムネイルにポインタを置けば「画像説明」があり、二度クリックすれば元画像となる。ダブルクリックでも同じだが、二度のクリックで100KB前後の画像となる。京都・奈良の仏像の画像はおおむね絵ハガキなどの印刷物のスキャン。

「花菜ガーデンブログ」は昨年05月から毎日、「日日耗日」は週に二度とします。引き続き御愛顧のほどを願います。「湘南の暇人」の新ページは出来次第お知らせに上がります。以上は希望・意気込みである。

添付は冬でも元気な三浦半島のアロエ。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2010/2/13  15:27

新オリンパス  カメラ
平成19年暮、鎌倉の長谷寺の紅葉を撮影しているときにキャノンのカメラを使い、右肩にオリンパスを掛けていた。寄る年並みで「卍池」の踏み石にけつまづき、オリンパスを池の浅瀬にぽちゃんと落としてしまった。

電器店に修理を出したが修理代は25000円、基盤を交換する由。家財保険が利いたので2万円は助かったが、2年ほど経過したらスイッチの部分が一度、押しても言うことを効かなくなった。壊れてはいない。

落としたカメラはオリンパスSP-550UZ。500万画素ありレンズも大きくコンパクトデジカメでは良の部類。税金還付があったのでSP-590UZに買い替えることにしたら電器店ではもう売り切れで次の機種になるらしい。いつもの「ノジマ電器」の係員は上得意!の筆者には親切である。どういう流通形態か知らぬがインターネットの「価格○○」で内緒で購入してくれた。

頼んだのが木曜日の夕刻、何と今日、午前中早くも佐川急便で届いた。590UZは1200画素ある。友人の女性は39000円で電器店で値切ったと得意顔だったが、筆者が支払った金額は27000円。XDカードも単3電池も可能なのが嬉しい。むろん使い勝手は抜群で画像もいい。

予想よりはるかに安かったのでシャープのカラーの電子辞書・ブレーンを購入した。左が新規の590UZ、右が平成19年春購入の550UZ。550UZは元勤務先の後輩にプレゼントである。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/12/30  19:14

交換レンズ購入  カメラ
昨日、昼ごろ漸く文字入力が終了。直ちに「エクスパック」の発送、編集室へ文字データをメール送信。これが何秒もかからない。何度も書くことになるが、A5判96ページの本ならば鉛の活字であれば重さは100キロぐらいは十分に達していたに違いない。鉛は重いが溶けやすい。平成以前では殆んど活版印刷だった。それが今では考えもしなかったコンピュータの発達でいいのか悪いのか、年賀状でさえ個人で印刷できるようになった。

昨日午後は、年賀状の制作。読み散らかした本の整理。番組録画の整理に追われた。一昨日録画したアンコールの司馬遼太郎「昭和への道1」を見た。

今日は朝から年賀状の宛名印刷、夕方郵便ポストへ。午後は注文していたキャノンの交換レンズ「タムロン」を購入してきた。発売時は6万円もしたそうだが、ずいぶん値段が下がるものだ。26800円だった。右側がカビの生えたタムロン。

明日は友人と元旦の「豊川稲荷」を参拝に行く。平塚発07.30分の新宿ライナーに乗る。目覚まし時計と携帯アラームをセットしたので起きられると思う。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/12/22  20:34

交換レンズ  カメラ
昔から「カメラ」が好きだったが、技術もなくそれほどマニアでもなかった。行きつく先はニコン、キャノンの高級一眼レフになる。筆者は何事も中途半端だが、鮮やかな画像だけは欲しい。

5年前、退職金でキャノンのデジタル一眼レフを購入したが、当時はそれが24万円、これよりもっと機能が増して今は半値である。純正の標準レンズ、200ミリのズームレンズも所持しているが撮影先での交換が面倒で、もっぱら「タムロン」のズームを使用していた。

添付の右上がそのレンズ。いつ気がついたかこのレンズの奥に黄色のカビのようなものが付着していた。修理代は24000円、新品は26800円だと言う。この年の暮に来て、不景気に関係なくボーナスたっぷりの公務員とは違う。痛い出費である。この画像を映したオリンパスのSP550UZも2年前、長谷寺の池に落として高額な修理代だった。このカメラも購入してまだ2年だが「池ポチャ」が原因か、スイッチボタンがおかしくなっている。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ