2021/9/28  23:59

自民党総裁  政治
明日29日は自民党総裁選挙。当選した代議士は事実上第100代総理大臣。ネットの予想では党員票では河野太郎、決選投票では岸田文雄・高市早苗連合だと言う。何れにしてもその基は60年安保の後の第58代首相・池田隼人の「宏池会」。池田隼人、大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一の総理経験者が居た。河野太郎は旧・河野洋平グループを基にした麻生派。

平塚出身の河野太郎の首相誕生を市民が待っているらしいが、伝え聞くところでは頭脳は優秀で英語はペラペラ。父親へ生体肝移植をしたせいか、或は小生と同じくアトピー性皮膚炎の影響か“赤い顏”をしている。下戸でアルコールは駄目というのは評価!?する。結論は多分毛並みのいい岸田文雄だろう。

七年間「労働組合」を経験したが、民主党は今回もお呼びでない。弁護士資格のある枝野幸男、福島瑞穂、稲田朋美など理解力・記憶力に長けた法律専門家は、大局観は殆どなく国のリーダー足りえない。

所属短歌会は第16回のネット歌会が終った。小生の参加2首は以下の通り。拙歌を大いにコメントを頂いた。詳細は次回。

 子も孫も連れ合ひもなき吾が人生汲みきたる湧き水にて珈琲沸かす
 戦争などできる国で無かつたと七つの無≠ノ約す吾が探索考

添付は粗毛反魂草(あらげはんごんそう)。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/12/30  23:52

外相会談  政治
天邪鬼としては右派の産経新聞、左派の日曜赤旗を購入。新聞の宅配が漸減しているとの由で、何度もこのブログで言っている。日本の中心部の不動産でいわば食いつないでいる朝日新聞。党員の半分ボランティア精神で持ち越えている日曜赤旗。産経新聞は元々発行部数が少ないので保守の岩盤支持層もあり、安泰ではないが新聞三大紙よりは打撃は少ない。

12月06日付けの「日曜赤旗」は、タブロイド判の2面だが、日中外相会談を取り上げて中国を非難していて、これはかなりの国益。朝日新聞などは見習えと言いたい。11月24日の中国・王毅外相、日本の茂木敏允外相の内容に日本共産党の志位委員長が批判した。日本の尖閣諸島の海域を中国の公船が、自分達のものと言って憚らず侵犯していることの日本の非難に逆襲してきた。茂木外相は大人しく反論しなかった。中国14億人の経済市場で日本経済は潤っている。日本政府はこれを否定できず、中国も知っていて尖閣諸島奪取に舵を切っている。中国は社会主義で軍部独裁、経済は資本主義。

サラミ戦術”という国家情報戦術はサラミスライスをするように目立たない小さな行為を長い年月を重ねて既成事実を醸成。最後は軍事力で領土を奪取するという大国中国の戦術。南シナ海の小さな島に軍事基地を建設している事実を日本政府は、日本外務省は公式反論だけだ。そのうち尖閣諸島に上陸されて大騒ぎになる。中国は多分、日本の自衛隊の最初の一発を待っている。だが尖閣諸島が日本固有の領土なら沖縄漁民のために港や灯台を造ることを何故しないのか。中国側の地図で見れば日本本土からかなり西端。小さな島ではなく周辺の海底資源を狙っているのは素人でも解る。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/5  20:57

棚からボタ餅  政治
政治の社会にも「棚から牡丹餅」はあるらしい。昔、昭和55年に現職の大平正芳総理大臣が二年続けての衆議院議員選挙の応援演説中、倒れ心臓麻痺?で亡くなった。弔い合戦になり自民党は勝利した。その時のサミットは大来佐武郎外務大臣が参加した。後継首相は大平首相の親友・伊東正義が推されたが、固辞した。二つ返事で総理大臣の座を射止められたのに終始否定した。後継は社会党出身の鈴木善幸だった。

今回8年弱の安倍首相が退陣したのは特異な持病。潰瘍性大腸炎、根治はできないらしい。ここはすんなり安倍内閣で5年間、外務大臣だった岸田文雄だと思ったが、何と官房長官だった菅義偉が有力、二階俊博幹事長、総理派閥の細田派、麻生派の推薦ならもう総裁・総理になったも同然。安倍首相の意中の人物は岸田文雄だったが、宏池会の黒幕的存在の古賀誠は福岡で、麻生太郎と仲が悪い。岸田がお人好しで古賀誠を袖に出来なかった。古賀は戦争遺児で憲法擁護の立場。8年間苦楽を共にした麻生太郎の進言を断り切れなかった。

菅義偉と幹事長の二階俊博はいわゆる叩き上げ。政治家二世、三世の総理大臣を嫌ったかどうか。菅義偉など当選八回で、衆議院議員選挙が小選挙区制になって初めての首相のように思う。朝日新聞や東京新聞などは、反権力の立場なのに意外に「叩き上げ」を嫌うように思う。岸田文雄・河野太郎・小泉進次郎なら世界のVIPと会話は通訳無しで弾むと思うのだが!!

安倍 晋三 父・安倍晋太郎(外務大臣)、母の父・岸信介
麻生 太郎 母の父・吉田茂、吉田茂の母の祖父・大久保利通
岸田 文雄 父・岸田文武(衆議院議員)、祖父・岸田文記(衆議院議員)
石破  茂 父・石破二朗(衆議院議員)、祖父・石破市造(村長)
河野 太郎 父・河野洋平(自民党総裁)、祖父・河野一郎
小泉進次郎 父・小泉純一郎(総理大臣)、祖父・小泉純也(小泉家の女婿)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/21  22:36

馬毛島  政治
湘南の外交評論家!?を気取る筆者だが“馬毛島(まげしま)”に関してはイマイチ解らない。鹿児島県西之表市、種子島の横にある“無人島”だから政府が自衛隊の訓練基地にしようと米軍空母の空母艦載機の離着陸訓練基地にしたところで問題はない筈。国の安全を日米軍事同盟に託していれば、無人島を軍事基地にしても問題はない。これは民主党政権のときも時の政府が検討した。素人だからこその意見だが、この島を国が160億円で買い取ったのが、いいのか悪いのか、感想を言う材料を持ち合わせていない。

素人の筆者の感想は大体、専門家の受け売りだが、ニュースソースは保守系の月刊誌・週刊誌の類い。左派系の朝日新聞・アエラ・日曜赤旗などは特定の左派の御用学者の意見だからあまり信用できない。これは体制派の御用学者も同様。反自民・反権力まではいい。だがそれを強調するあまり、そこを乗り越えて“反日本”的主張なら問題外で本末転倒。自虐史観と言われて悲しい。自虐は日本人の謙譲心の行き過ぎ。

日米安保反対騒動の1960年から60年。権力の当事者は、安倍首相の祖父・岸信介、アメリカ大統領はアイゼンハワーだった。その孫が来日して記念式典があった。あれから60年、日本はアメリカの軍事的属国だが、ロシアや中国の属国にならなかったのだけは正解。ソ連の共産主義、「一帯一路」「5G通信網」で世界制覇を試みる独裁主義・中国には、日本では実害が無いので無関心。プライベートを国家機関が握る弊害は、日本人は経験済みなのにと思う。

テレビも電話も車も無い時代、あの戦争を煽りに煽ったのは、戦前は国粋主義にして、戦後は反国家主義になった前述の今、左派系新聞。“天皇のため、家族のため”と一般人を戦争最前線へ送り出したのは政治家・軍人だけではない。それがトラウマのメディアは、相変わらず精神論・理想論を声高に言って現実から目を逸らすのは今も昔も同じ。きれいごとを言う勢力には“眉に唾を付ける”習性から脱却できない筆者は“終生哀れなりけり”なのだ。嗚呼。

月末の短歌原稿が届きました。暫時このブログは休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/1/17  23:56

反日種族主義  政治
いつ終息するのか判らない隣国・韓国の日本への悪口雑言は、筆者が十分に大人になってから続いているような気がする。筆者の一世代前の日本人の男性は一部かも知れないが“チャンコロ”という蔑称があったが、これは中国人向けで朝鮮半島出身者へはただ“チョウセンジン”かも知れない。今日、高等裁判所で自治体のヘイトスピーチ規制は、日本国憲法の「表現の自由」に反しないとの判決があった。まあまあ真っ当な判決なのか。

韓国では“反日”が自国憲法の国是らしいから政府そのものが反日への規制などしない。前記のような国民の訴えも無い。これをもってしても国際ルールの民主主義が日本にあって韓国にはないのが解る。韓国社会では児童の教育現場から多くの時間を割いて「反日」を教え込む。日本の歴史の物差し・尺度からは到底納得できない事実に基づかない“”の歴史、事実の歪曲をして平気だ。その根拠が何かを解明してくれたのが今、日韓でベストセラーになっている。

韓国社会が反日一辺倒なのが常識だが、これに学者の立場から異を唱えた6人の論文が本になってベストセラーになっている。口に出さなくても自分の国の歴史に疑問を持つ人々がいることは少しの光明。李栄薫(イヨンフン)教授は、経済学者だから数字を駆使して説得力がある。明治時代先ず朝鮮の領土を計測して日本の植民地の土台を作ったというのがそもそも嘘らしい。

≪この本は、日本のいわゆる左派とか進歩的知識人に反省を促す意味もあります。今まで慰安婦、徴用工の問題は、日本の左派と韓国の左派が連携してきました。それは結果的に両国の関係を悪化させる役割しかなかったのです。左派は連携しますね、日本の左派は政治的です。彼らの説は日韓関係を悪化させるのに非常に役に立ちました。≫産経新聞のインタビューを引用。

「慰安婦問題」の嘘の日本側の立役者「朝日新聞」はどういう書評を出すのか。韓国の経済学の学者が“慰安婦問題”を嘘・捏造と言っている。韓国にも「歴史の良心」がある。日本のメディアの恣意性が日韓関係を悪化させたとは、これでは「売国奴」と言われても仕方ない。日本の権力を批判するのは自由だが、他国が喜びそうな主義主張を客観的事実を無視して故意に報道を繰り返せば、それは自虐史観と言われても仕方ない。日本特有の“遜(へりくだ)る”国民性は、あくまで「ムラの輪の倫理」であって国際的には是認されない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/31  23:25

野党の体たらく  政治
先日の通産大臣に続いて今日は法務大臣が辞任した。第4次安倍晋三内閣・第3次改造内閣になってこの政治家・首相もだんだん綻びが出て来た。覚えているが、平成19年の第1次では松岡農水大臣が自殺、赤城大臣が顔面に絆創膏、久間・柳沢大臣が舌禍、その年の参議院議員選挙で大敗、安倍晋三さんはあっさり身を引いた。

大臣2人が辞任したのはいわゆる“文春砲”の直撃で、大臣の選挙違反、違法政治資金のすっぱ抜き。総理の盟友・甘利明も以前、週刊文春の餌食になった。ライバル週刊誌の「週刊新潮」は女性宰相候補の小渕優子の政治資金のデタラメさを追求。秘書を怒鳴り散らし、蹴飛ばした豊田真由子は、録音テープをワイドショーで繰り返され自滅した。それが東大法学部卒の元官僚。

野党、立憲民主党の福山哲郎幹事長などは意気揚々と安倍政権が転覆するかの如く吠えたてているが空しい。全ては週刊誌の綿密な取材。週刊誌は今、出版不況で“売れてなんぼ”の厳しい状況。昼夜を問わず「張り込み」や、いわゆるタレコミの綿密な裏付け調査ならではだろう。

昔は自衛隊の「三ツ矢研究」、「リクルート事件」など野党の爆弾男など言われた楢崎弥之助代議士が攻め立てた。今は野党は週刊誌の追随。10年ほど前、筆者も小沢一郎率いる民主党に大いに期待し、労働組合すら経験していた。野党に再び「政権を獲る」など言われても空しい。旧民主党は「絵にかいた餅」、マニュフェストの失敗を真剣に見直すべき。

相変わらず寝る間際は、ユーチューブに見る1944生のアメリカンSLビックボーイ。シリンダ+ピストンが左右・前後にあって動輪に伝えるパワーは抜群。心臓が四つあること。ユーチューブで見る疾駆だけで力強い。狭軌道で急カーブの多い日本では走れない。そこが日米の差。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/9/11  21:43

金時計  政治
やはり後期高齢者になったことを確りと自覚するのが“もの忘れ”。2階から1階に下りてきたときに「ハテ、何で」ということも無いではないが、どうと云うことのない用事を忘れるのも屡々で情けない。悲惨なのは物を忘れて、ある日気付くこと。玄関のキイは3本あったが1本を紛失してそれが記憶にない。出掛けるときはGショックというカシオのデジタル時計(高価ではない)をするが、ある日、左手首が聊か淋しく漸く紛失に気付いた。05月に免許更新で警察署での眼の検査に自信がなく2万円強を拠出、運転用の眼鏡を購入していたから新規に腕時計など買う余裕はない。

話は飛ぶが08月下旬、中国で日韓の外務大臣が会談したときに、韓国の女性の外相と握手する河野太郎外務大臣の右手の腕時計がキラリと光った。というように筆者の私にも見えた。わざと画像に残るように右手に時計を嵌めていたようにも見える。これは河野氏の罠のように思う。とにかく日本の為政者が“大嫌い”な、ツイッター人種もいる。早速これに噛みついた。

≪又々、小泉・安倍政権/鮮匪の「おぞましさ」を露呈した。21日、河野太郎が韓国の康京和外相と「握手」を交わした。河野の握手/右手?には「金時計」がこれみよがしにひけらかされていた。「恥を知れ!」お前達はどうしてこうまで「金権」をひけらかすのだ。日本民族は「慎ましさ」が矜持なのだ。≫

竹製ですが、何か!”、と河野氏はしてやったりと意気揚々。河野大臣の作戦勝ちだ。なるほどよく見れば金時計ではない(金時計でも別に構わない気もするが)。ASEAN会議でフィリピンから贈られた「竹製」だった。河野氏はアトピー性皮膚炎らしく金属製の時計のベルトはしないらしい。筆者も金属製の腕時計には、かぶれるアトピーの症状は昔からである。ともあれいくら“暇人”であろうと、河野氏のキラキラする腕時計での悪口雑言は、よその国の反日人種に勝るとも劣らない。

ネットで検索したら竹製・木製のベルトの腕時計は4000円で買える。筆者もこれをアマゾンで購入、きらきらさせようと思う次第。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/7/19  23:01

極東の小国09  政治
09 黄金の国
湘南平塚出身の外務大臣・河野太郎が駐日韓国大使を本日呼び出して怒っていた。昭和40年・日韓基本条約で決着済の「徴用工」問題の日韓対立の協議を無視したからである。これは当然だ。協議の提案を無視されたら外交関係は成り立たない。

今の筆者に言えることは朝鮮半島から見れば、日本は西太平洋に浮かぶ野蛮な国“夷狄”(日本にも尊王攘夷があったが)で軽蔑する対象。ましてや100年以上前、「韓国併合」という暴力で朝鮮人民を虐げたのだから、今は日本に何を言ってもよく、日本は技術と資金は大人しく提供すべきと思っているだろう。その日本という島国は彼等から見れば民族の興亡を経験せずに富を蓄えた黄金の国に違いない。だが黄金の国は戦後日本人が築き上げたエネルギッシュだが、相互理解の行き届いた法治国家。他国から難癖をつけられる覚えはない。

筆者は、湘南の外交評論家を自認していたが何と“ホワイト国”という言葉を知らなかった。これでは評論家とは言えない。つまり今、起きている「対韓国輸出規制強化」は、半導体を作る上で重要な化学薬品の輸出に関わることだった。煩雑な輸出検査を省く、相手国を信頼すればこその「ホワイト国」の存在を今頃、認識したことになる。

韓国は殊更日本の確認を無視することが多いらしい。つまり韓国への輸出規制強化は輸出の停止などではなく、ましてや徴用工問題の報復でもない。韓国が困ろうと困るまいと包括的な許可から個別審査に戻しただけの由。だが韓国では日本の対応に経済戦争を仕掛けられたかの如く大問題らしい。外交の素人から考えても韓国は二流国。G7の欧米諸国と比較するまでもない。

歴代の韓国大統領は、辞めれば新しい政権から弾劾されて逮捕・投獄・自殺と悲惨な末路も「ああそうなのか」程度の関心しかなかった。だが今の文在寅政権成立のときから疑義を出していたのが評論家・櫻井よし子氏や在韓国駐日大使だった武藤正敏氏。筆者の朝鮮半島の知識源は、週刊誌・月刊誌・ネットでの武藤氏、メディアの嘘に厳しい門田隆将氏等の受売り。だが日本人なのに反日感情を標榜して正義ぶる言論人・文化人よりは真っ当だろう。

添付はネットからの拝借だが韓国は今も中国の冊封(従属)体制。日本は大陸から見れば「吹けば飛ぶような!?」島国だろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/16  23:51

極東の小国08  政治
08 河野談話
昭和51年、自民党田中派の専横を批判して4人の同志と脱藩して「新自由クラブ」を設立したのが河野洋平。昭和後半、夢破れて自民党復帰。平成05年、宮澤喜一内閣では官房長官となった。その後、小沢一郎が離脱したあと、自民党総裁にもなったのだから本来、総理大臣にもなれた筈。

河野洋平は平成05年いわゆる「河野談話」という、結論として韓国に尻尾を掴まれてしまった感の“慰安婦の強制連行” を認めた。正確には「強制」という言葉は使っていない。だが「官憲等の加担」という文言を残したので事実上、日本軍の強制を認めたことになった。今でもこれは評判が悪い。朝日新聞が火を点けて韓国の大衆に「従軍慰安婦の強制連行」という不確実なのに言質を与えた。閣議決定などもしていないのに「河野談話」という言葉が、後々独り歩きしてゆくことになる。

ここに全文を引用しないが、煩い韓国を黙らせるつもりが、いわゆるハト派の河野洋平の面目躍如ともいうべきもの。≪甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。≫という聞き取りの曖昧な部分をへりくだった文言にしたこと。いちばんいけないのは韓国外務省に提示して談話の擦り合わせをしたことである。そこに河野洋平の正義感のつもりの甘さがある。これは当時の事務方の石原信雄官房副長官が認めている。

河野洋平氏は、平成05年08月04日の「河野談話」発表時の記者会見で「強制は無かった」との政府の共通認識を独断でひっくり返した。記者に「強制連行の事実があったという認識なのか」と問われ、「そういう事実があったと。それで結構です。」勝手に答えた。筆者に言わせればこれは明らかに“オウンゴール”。韓国済州島の貧しい16人の娘の親が慰安婦として売春業者に売り渡したことが事実だった。日本政府の聞き取りに日本の社民党の福島瑞穂弁護士などが、昔、売春婦だった老婆に強制があったかのようにレクチャーをした事実もある。この代議士も何だか売国奴みたいな雰囲気。

1 慰安婦募集に軍の関与は無かった。
2 慰安婦募集は民間業者。募集は任意。
3 戦時下の日本女子挺身隊は勤労奉仕。
  現在の韓国挺身隊問題対策協議会は別物。
4 20万人の“性奴隷”は捏造。
5 ソウルの日本大使館前の慰安婦像設置はルール違反。

添付は『帝国の慰安婦』を著わした朴裕河(パク・ユハ)教授。この内容で親日派のレッテルを貼られ、二審で有罪になった。韓国では政治家・文化人は反日でないと世論が許さない。戦前の日本のように、今の韓国のように言論・表現の自由が無ければ、河野洋平は弾劾され刑務所送りの筈。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/15  23:44

河野一族  政治
本日、期日前投票で参議院選挙に行ってきた。近所の公民館なので数年前から選挙はもっぱら期日前。神奈川県は富める自治体だから保守が強く理想に燃えた革新も強い。神奈川は1人増えて定数4。自民・公明・立憲が確実。後は維新に鞍替えした前の知事、松沢某と日本共産党の戦い。世界史に独裁を産み出した共産主義は認めないが、自治体や参議院では別。禁煙活動ばかりしていた神奈川県前知事・松沢某はNO。

比例区は頑張って貰いたい「国民民主党」に投票した。連合の民間労組も支援している筈。小池百合子の“排除”発言ですっかり下火になった前・希望の党は、筆者は立憲民主党よりは大人の党だと思う次第。立憲民主党は、政権党に文句を言うが、政治資金の怪しい議員、セクハラ議員、二重国籍、不倫の議員と自民党に負けない議員が多い。

このブログでは野党勢力に厳しい論調だが、それは国政でのこと。国の外交はベストではないが可能な限り中国包囲網を念頭にした安倍政権を支持、だが自民党・公明党は投票しないスタイルで自分でも“ヘンに思う”天邪鬼。

衆議院議員選挙は物心つく前から「河野一族」の牙城。だが新自由クラブのときの河野洋平は一度投票した。自民党に復帰して総裁にもなったが総理大臣にはなれなかった。宮澤喜一内閣の官房長官時代、「河野談話」という日韓合作の負の遺産を残した。息子の河野太郎外務大臣には幼い正義論は止して欲しい。

画像はネットより拝借。許されたい。
河野家三代、河野一郎・河野洋平・河野太郎

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ