2019/7/19  23:01

極東の小国09  政治
09 黄金の国
湘南平塚出身の外務大臣・河野太郎が駐日韓国大使を本日呼び出して怒っていた。昭和40年・日韓基本条約で決着済の「徴用工」問題の日韓対立の協議を無視したからである。これは当然だ。協議の提案を無視されたら外交関係は成り立たない。今の筆者に言えることは朝鮮半島から見れば、日本は西太平洋に浮かぶ野蛮な国“夷狄”(日本にも尊王攘夷があったが)で軽蔑する対象。ましてや100年以上前、「韓国併合」という暴力で朝鮮人民を虐げたのだから、今は日本に何を言ってもよく、日本は技術と資金は大人しく提供すべきと思っているだろう。その日本という島国は彼等から見れば民族の興亡を経験せずに富を蓄えた黄金の国に違いない。

筆者は、湘南の外交評論家を自認していたが何と“ホワイト国”という言葉を知らなかった。これでは評論家とは言えない。つまり今、起きている「対韓国輸出規制強化」は、半導体を作る上で重要な化学薬品の輸出に関わることだった。煩雑な輸出検査を省く、相手国を信頼すればこその「ホワイト国」の存在を今頃、認識したことになる。

韓国は殊更日本の確認を無視することが多いらしい。つまり韓国への輸出規制強化は輸出の停止などではなく、ましてや徴用工問題の報復でもない。韓国が困ろうと困るまいと包括的な許可から個別審査に戻しただけの由。だが韓国では日本の対応に経済戦争を仕掛けられたかの如く大問題らしい。外交の素人から考えても韓国は二流国。G7の欧米諸国と比較するまでもない。

歴代の韓国大統領は、辞めれば新しい政権から弾劾されて逮捕・投獄・自殺と悲惨な末路も「ああそうなのか」程度の関心しかなかった。だが今の文在寅政権成立のときから疑義を出していたのが評論家・櫻井よし子氏や在韓国駐日大使だった武藤正敏氏。筆者の朝鮮半島の知識源は、週刊誌・月刊誌・ネットでの武藤氏、メディアの嘘に厳しい門田隆将氏等の受売り。日本人なのに反日感情の文化人よりは真っ当だろう。今の韓国大統領の関心は北朝鮮にあるのは、なるほどと思う。

添付はネットからの拝借だが韓国は今も中国の冊封(従属)体制。日本は大陸から見れば「吹けば飛ぶような!?」島国だろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/16  23:51

極東の小国08  政治
08 河野談話
昭和51年、自民党田中派の専横を批判して4人の同志と脱藩して「新自由クラブ」を設立したのが河野洋平。昭和後半、夢破れて自民党復帰。平成05年、宮澤喜一内閣では官房長官となった。その後、小沢一郎が離脱したあと、自民党総裁にもなったのだから本来、総理大臣にもなれた筈。

河野洋平は平成05年いわゆる「河野談話」という、結論として韓国に尻尾を掴まれてしまった感の“慰安婦の強制連行” を認めた。正確には「強制」という言葉は使っていない。だが「官憲等の加担」という文言を残したので事実上、日本軍の強制を認めたことになった。今でもこれは評判が悪い。朝日新聞が火を点けて韓国の大衆に「従軍慰安婦の強制連行」という不確実なのに言質を与えた。閣議決定などもしていないのに「河野談話」という言葉が、後々独り歩きしてゆくことになる。

ここに全文を引用しないが、煩い韓国を黙らせるつもりが、いわゆるハト派の河野洋平の面目躍如ともいうべきもの。≪甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。≫という聞き取りの曖昧な部分をへりくだった文言にしたこと。いちばんいけないのは韓国外務省に提示して談話の擦り合わせをしたことである。そこに河野洋平の正義感のつもりの甘さがある。これは当時の事務方の石原信雄官房副長官が認めている。

河野洋平氏は、平成05年08月04日の「河野談話」発表時の記者会見で「強制は無かった」との政府の共通認識を独断でひっくり返した。記者に「強制連行の事実があったという認識なのか」と問われ、「そういう事実があったと。それで結構です。」勝手に答えた。筆者に言わせればこれは明らかに“オウンゴール”。韓国済州島の貧しい16人の娘の親が慰安婦として売春業者に売り渡したことが事実だった。日本政府の聞き取りに日本の社民党の福島瑞穂弁護士などが、昔、売春婦だった老婆に強制があったかのようにレクチャーをした事実もある。この代議士も何だか売国奴みたいな雰囲気。

1 慰安婦募集に軍の関与は無かった。
2 慰安婦募集は民間業者。募集は任意。
3 戦時下の日本女子挺身隊は勤労奉仕。
  現在の韓国挺身隊問題対策協議会は別物。
4 20万人の“性奴隷”は捏造。
5 ソウルの日本大使館前の慰安婦像設置はルール違反。

添付は『帝国の慰安婦』を著わした朴裕河(パク・ユハ)教授。この内容で親日派のレッテルを貼られ、二審で有罪になった。韓国では政治家・文化人は反日でないと世論が許さない。戦前の日本のように、今の韓国のように言論・表現の自由が無ければ、河野洋平は弾劾され刑務所送りの筈。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/15  23:44

河野一族  政治
本日、期日前投票で参議院選挙に行ってきた。近所の公民館なので数年前から選挙はもっぱら期日前。神奈川県は富める自治体だから保守が強く理想に燃えた革新も強い。神奈川は1人増えて定数4。自民・公明・立憲が確実。後は維新に鞍替えした前の知事、松沢某と日本共産党の戦い。世界史に独裁を産み出した共産主義は認めないが、自治体や参議院では別。禁煙活動ばかりしていた神奈川県前知事・松沢某はNO。

比例区は頑張って貰いたい「国民民主党」に投票した。連合の民間労組も支援している筈。小池百合子の“排除”発言ですっかり下火になった前・希望の党は、筆者は立憲民主党よりは大人の党だと思う次第。立憲民主党は、政権党に文句を言うが、政治資金の怪しい議員、セクハラ議員、二重国籍、不倫の議員と自民党に負けない議員が多い。

このブログでは野党勢力に厳しい論調だが、それは国政でのこと。国の外交はベストではないが可能な限り中国包囲網を念頭にした安倍政権を支持、だが自民党・公明党は投票しないスタイルで自分でも“ヘンに思う”天邪鬼。

衆議院議員選挙は物心つく前から「河野一族」の牙城。だが新自由クラブのときの河野洋平は一度投票した。自民党に復帰して総裁にもなったが総理大臣にはなれなかった。宮澤喜一内閣の官房長官時代、「河野談話」という日韓合作の負の遺産を残した。息子の河野太郎外務大臣には幼い正義論は止して欲しい。

画像はネットより拝借。許されたい。
河野家三代、河野一郎・河野洋平・河野太郎

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/13  22:58

極東の小国07  政治
07 ゴールポスト
韓国の歴史認識は常にゴールポストが動くことで有名。このブログで過去何回も記述したが、そうせずには居られない客観的な“負の遺産”が多い。筆者個人の認識では、自分達だけで近代化が出来なかったトラウマを日本に向けているのを実感する。ここでは“ムービング”ゴールポストを「慰安婦問題」に絞る。戦前の慰安婦など殆どが応募に応じたいわゆる売春婦。日本も朝鮮半島も戦前は90%以上が貧困層だったことに尽きる。20世紀後半から富める国に脱皮した日本も韓国も、今の価値感と人権意識で貧しい時代の慰安婦を取り上げても空しい。今も新宿・池袋のフーゾクには韓国出身者が花盛りと聞いている。

慰安婦問題推移(「サピオ」2018年3・4月号P10)
(この雑誌は休刊。韓国・北朝鮮・中国を批判する雑誌が花盛りで、このA4判の薄手の雑誌は他社に負けたような気がする。筆者の感想)

1965・06(昭和40年)
日韓請求権協定「完全かつ最終的に解決」
日本政府は韓国に5億ドル(当時の韓国の国家予算は3・5億ドル)
1992年(平成04年)
韓国側が「慰安婦は強制連行された」と主張。
韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)が慰安婦は強制連行されたと主張。
1989年頃から朝日新聞が吉田清治という作家の捏造本(この嘘は証明されている)の内容を、これでもかと報道して韓国の民間団体が騒ぎ出した。
1993年03月
金泳三大統領が「補償は求めない」と発言。
補償がないなら強制を認めてもいいと日本の発言が出る。
1993年08月 「河野談話」(この内容は別項)
慰安婦の強制性を認め、「おわびと反省を表明」。
1995年04月 「「村山談話」
アジア女性基金が「償い金」を元慰安婦に支払い。韓国外務部は評価。
1997年01月 挺対協らが猛批判。
償い金を受け取った元慰安婦は韓国国内で批判される。
2005年08月
廬武鉉・ノムヒョン政権が個人請求権は「放棄していない」と主張。
2011年08月
韓国の憲法裁判所が慰安婦問題で日本と交渉しないのは違憲と判断。
2013年03月
朴槿恵・パククネ大統領が“千年の恨み”発言。
2015年12月 日韓慰安婦合意で「最終的かつ不可逆的に解決」
韓国で設立された「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を拠出。
2017年12月27日
文在寅・ムンジェイン政権が「問題は再燃するしかない」と結論。
韓国側が慰安婦合意を「被害者の意見を集約しなかった」と結論。

韓国ではこういう嘘っぱちの地図が売られていて信じる人もいる。歴史の捏造は地図をもこんな風に描いて満足しているのは悲しい。長崎県対馬は韓国の島と勝手にいうからこの島の位置と大きさは正しい。とにかく日本は小さく野蛮な国と言いたいらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/11  23:53

極東の小国06  政治
06 脱亜論
今から5年ほど前にこのブログで「脱亜論」を記述した。その頃、島根県の島というより岩のような竹島に韓国大統領自らが上陸して、多くの日本人は侮蔑の感情を持った筈。その頃「脱亜論」は既に読んでいた。慶応大学の創始者・福沢諭吉が1985年、著わした論文。発見されたのは戦後。いま原文を読み返せば、原稿用紙6枚ほどだが、漢字カタカナ文、句読点が無く改行も無く読みにくい。“脱亜”とは言っているが“入欧”とは言っていない。

明治時代、朝鮮半島の近代化に力を貸したのが福沢諭吉だった。だが内容をよく読めばやはり「脱亜入欧」だ。雑駁な掴み方だが、ペリー来航は1853年、明治維新はその15年後、日本の近代化への対応は早かった。近代化を決意して実行したこの時代の日本は、当時の清国と属国の李氏朝鮮を憂えた。アヘン戦争以来の西欧列強の侵略の危機が迫るのに朝鮮半島は政争に明け暮れ末期的症状だったらしい。

福沢は自主独立の朝鮮開化派を物心で援助したようだ。だが福沢の努力も水泡に帰す。脱亜論が書かれたのは李氏朝鮮の青年政治家が暗殺された1984年の翌年。福沢は10代で、長崎でオランダ語を学んだが、1859年横浜へ出掛けて多分世界の主流、英語に出合いショックを受ける。だがほぼ独学ですぐに英語を学んだのは先見の明があったのだろう。勝海舟、通訳のジョン万次郎らと咸臨丸で渡米する。

その後も西欧の近代を積極的に学んだ(「西洋事情」等)。福沢諭吉の委細はここでは割愛するが政治家の行動力よりも文献の読解力、表現力に秀でたような気がする。以下は脱亜論の最後の部分。解釈は筆者。

≪支那朝鮮ニ接スルノ法モ隣國ナルガ故ニトテ特別ノ會釋ニ及バズ正ニ西洋人ガ之ニ接スルノ風ニ從テ處分ス可キノミ惡友ヲ親シム者ハ共ニ惡名ヲ免カル可ラズ我レハ心ニ於テ亞細亞東方ノ惡友ヲ謝絶スルモノナリ≫
(支那朝鮮が隣国だからといって、悪友と親しむ者は悪友というしかなく私はこのアジア東方の悪友を謝絶する。)

今の朝鮮半島を謝絶できないが、明治時代の福沢諭吉を見習うべき。添付は大分県中津市の福沢諭吉記念館。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/9  23:24

極東の小国05  政治
05 ライダイハン
相変わらず朝鮮半島の話だが、新聞の一面ではトランプ大統領、金正恩、韓国政府の徴用工の問題などが多いので取り上げざるを得ない。自分の周囲に中国人や朝鮮人は居らず、繁華街へ出ると南米系の外国人は少なからず居るが…。居れば居るで自意識が強いらしい。

韓国はそれも最近、何故日本への攻撃が多いのかよく解らず、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する日米韓同盟を守る筈なのにそれが稀薄。明らかに今の韓国大統領の眼が北朝鮮に向いているかが解る。同じ朝鮮民族だからと言われれば確かにそうだ。北朝鮮の核開発は日本には国家の安全上問題だが、韓国は同じ民族に核兵器を使用する筈がないと思っているらしい。

「慰安婦強制連行」が朝日新聞の“政権憎し”の反権力論調から発生したことが明瞭なのに、韓国では意に介さず、ソウルでは日本大使館前の「少女像」は撤去されない。日本陸軍が組織的に慰安婦狩りをしたことなど証拠も見つからないのに韓国は「少女像」を、アメリカを初め世界に拡散させている。韓国のプロパガンダは執拗だということ。

06月下旬に、ベトナム戦争時代における韓国軍の性暴力被害者を象徴する「ライダイハンの母子像」の記事が掲載された。ライダイハンとはベトナム戦争時における韓国軍人性暴力に於いて生まれた混血児のこと。≪イギリスで設立された民間団体「ライダイハンのための正義」が、6月11日、ロンドンの集会で「ライダイハンの母子像」を公開した。母子像は、同団体のメンバーでもある英国人彫刻家が制作した高さ230センチのブロンズ像で、ライダイハンとその母親、すべての性暴力被害者を象徴するものだという。≫

以上はベトナム戦争時の虐殺事件や混血児「ライダイハン」の取材を続けるフォトジャーナリストの村山康文氏の報告。詳細な虐殺の実態はここでは割愛。とてもじゃないが阿鼻叫喚の類で記述できない。ベトナム戦争の韓国軍は、日本の過去の強制連行?の比ではないということだ。多分国策だろう、韓国資本は今、ベトナムに多大な投資をして経済的に優位に起ち大いなる負の遺産・ライダイハンを隠蔽している。戦争はいつでもどこでも女・子供が犠牲になるということ。

添付はアジア、日本が大陸と陸続きでないことが今では有難いということ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/7/8  23:36

極東の小国04  政治
04 事大主義
前衛劇で名高い寺山修司だが、大学生の頃、注目されたのが50首の短歌投稿だった。この初期歌集の中にあったかどうか確認しないが「奴婢訓」という言葉に接したような気がする。今、調べたら英国発祥の音楽劇だった。“奴婢”という言葉が記憶に残った。今、李氏朝鮮を調べると多くの書に奴婢はこの身分制度として記述されている。精査しないが、日本では考えられない奴隷制度だったことが解る。

韓国と言う国が、日本へ集中してそれも最近度を増して、過去の歴史的事実を取り上げて非難、謝罪、補償を求めてくるのがよく解らない。「過去を謝れ、補償金を出せ」が多い。「朝鮮戦争」以来、同盟国のアメリカ、対決した中国、軍事大国ロシアにあること無い事、文句を言っているのは聞かない。どうも日本だけへの集中攻撃のような気がする。

韓国について書かれている著書を取り出して散見に及ぶと、日本だけはどのように攻撃しても構わないという朝鮮人特有の国民的合意が、政府にも国民のなかにもあるらしい。昭和の時代来日、日本国籍を取得した拓殖大学教授の呉善波(オ・ソンファ)氏の本を読んでやっと解った気がする。簡単に言えば李氏朝鮮は中華帝国へ朝貢(中国の王に貢ぎ物を差し出し属国であることを誓う)する明・清の属国だった。日本は倭人の国で文明の無い野蛮な人間の住む国だった。中華帝国の華夷思想では日本は、夷狄(いてき)<「夷」は東方の蛮人、「狄」は北方の未開人の意>だという。

これが事大(大に事(つか)える)主義と儒教に支えられて日本という国を侮る、見くびる背景だ。自分達より劣等国の日本の逸早い近代化と繁栄は、承認し難く許せないということになる。かように民族興亡を繰り返してきた朝鮮半島の歴史は、むろん日本人には不可解で無関心。歴史的事実を隠蔽、捏造するのは朝鮮民族固有のものらしく到底理解不能。多少の歪曲はあっても日本の歴史は概ね正しいだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/6  21:20

極東の小国03  政治
03 朝鮮の歴史
朝鮮半島の歴史に関しては義務教育で習う程度の知識しかない。表現は甚だ悪いが“日本をやっつけるのであれば何でもいい”というような国柄のように思えるから興味はない。韓国は人口が日本の半分、経済規模が四分の一、国土は北海道+九州程度。オリンピックのメダルの数は、日本に負けないくらいで「随分無理してるな」と思う次第。地勢学的にも大国に蹂躙される運命だったから、眼に見える形で背伸びするのも運命だ。

夏季五輪はハンドボールとかレスリング・ボクシング、冬季五輪ならショートトラックなど言い方は悪いがいわゆる“隙間を縫う産業”ような按配で金メダルを狙う。日本に負けないのが国是なのだから、素人が考えても目に見えるかたちで日本に勝つのが至上命題。

敗戦後、日本が地道に国力を高めてきた基礎学問の研究は韓国には基本的は無かったようだ。だから自然科学分野でのノーベル賞などひとつも受賞できない事実がある。昭和の終りころまで科学技術の“特許”という概念すら無かったことは知られている事実。

筆者の朝鮮半島の知識は飛鳥時代・聖徳太子の頃の高句麗・百済・新羅。その実態も分らず興味もない。日本が鎖国に及んで外国を遮断した頃は、朝鮮半島は「李氏朝鮮」で明国・清国の属国だった。朝鮮半島はヤンパン(両班)という支配階級が奴婢・白丁などという賤民(被差別民)を従えた歴史。日本にも士農工商の身分制度はあったが奴婢などという奴隷は無かった。

改めてネットの閲覧だが世界地図を拡げた。世界はあくまで西洋が中心だ。ローマ帝国のイタリア、フランス、ドイツ、スペイン、イギリスが中心。中東がイラン、イラク、トルコなど。朝鮮半島はユーラシア大陸の盲腸のようなあっても無くてもいいような国。中華帝国の属国たる所以。ユーラシア大陸の北、半分弱はシベリア凍土。日本はさらに大陸から離れた島国。地勢学上、朝鮮人が日本人を侮蔑する気も解る!?気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/7/5  22:54

極東の小国02  政治
02 反日・侮日
韓国が執拗に「徴用工」の問題で日本の大手企業に賠償を突き付けているが、日本もやっと思い腰を上げたようである。半導体を作るのに必須の化学薬品の輸出の届け出に、韓国への許可申請を厳格化したようだ。戦略的物資の生産の優遇輸出に歯止めをかけた。半導体の生産・輸出で貿易立国・韓国が存在しているようなものらしく、これにブレーキを掛ける日本の通産省の行為は、最近の韓国の振舞いの復讐のようだが溜飲を下げている方面も多い。

日本人の多分多くが無関心だが筆者もその類、あまり隣国韓国の日本へのイチャモンは関心外だが、近代国家の韓国が日本に集中して攻撃してくるようで、今年前半の韓国の日本への攻撃は、やはり“何だか変だ”と思っていた次第。「徴用工」問題の実態は“応募”だったし、韓国軍のレーダー照射は、証拠が揃っているのに、最後まで謝罪しなかった。10億円を拠出した「慰安婦財団」は、不可逆的なのに国家間合意を踏みにじって勝手に解散した。あまつさえ「慰安婦問題に天皇へ謝罪しろ」とは韓国国会議長の発言。この議長、品の悪いガマガエルみたいな顔、と言ったらこれもヘイトスピーチか!?

もう五年前にもなるが、30年間も朝日新聞が、インチキ作家(吉田清治)の作り話の“慰安婦強制連行”を垂れ流して国益を損ねた。週刊誌の文春・新潮の「捏造」「売国奴」との指摘にひと悶着があった。日本の新聞社なのに日本を貶めて快哉を叫ぶ、それもメディアを筆頭に日本人が一定の割合で存在するのも悲しい現実。

なぜ朝鮮半島の人間はこうなのか、一市民の疑問を考えたい。やはりこれは極東の小国の栄枯盛衰に問題があるようだ。その極東に浮かぶ島国・日本はそれだけで更に列島民族!?なのだという。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/7/2  21:54

トランプ大統領  政治
もうすっかり年金生活者で毎日貧しい食卓で過ごし、おまけに病弱!?で酸素ボンベを装填する暮らし。短歌会の旧仮名の多い原稿の文字入力をしてなにがしかの収入を得る暮しは、楽しみは二つ、下戸なのでアルコールは飲めず喫煙は肺気腫でドクターストップ。趣味は若い頃からの読書と今はパソコン。パソコンはプログラムなど組立てる素養はなく、ホームページの作成、ブログ、ユーチューブ閲覧が楽しみだが、スマホ全盛の時代でもこれは扱えない。

ひとつ言えるのはそう長生きはしないからいいが、近い将来新聞・雑誌も無くなるペーパーレスがやってくるのではないかということ。『文春』を残して総合雑誌も消えつつある。雑誌は年齢別、男女別、目的別、宗教別になっていくのかも知れない。スマホの時代はテレビさえ持たない若者を増やしている。

ユーチューバーでいくら、ポイント券マニアでいくら、株の投資でいくら儲けたなどの話にも無縁の生活だと今は、下手な短歌をつくること、ブログの書き込みが楽しみになった。経済はそっちのけで政治家の悪口、日本を取り囲む国の悪口を言うことが多くなった。ワイドショーを賑わす今の芸能人はとんと興味がない。おバカタレントのクイズ番組は見たくもない。製作費が嵩む娯楽番組が減りつつあるとき、地上波もBSも国際ニュースが花盛り。これはこれで結構なこと。

アメリカのトランプ大統領が面白い。多くの外交評論家が3年前この人物の当選を予期できなかった。元NHKアナウンサーの木村太郎氏のみ言い当てた気がする。北朝鮮のGDPはアメリカの1000分の1。北朝鮮が核兵器を捨て去ることはない。小さな国の独裁者は実の兄の暗殺、義理の伯父を高射砲で処刑する。日本人の多くを40年間も誘拐したままである。トランプはどこまで本気でこんな独裁者と付き合うのか。だが日本人の拉致被害者解決はこの大統領次第だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ