2020/4/28  23:52

七つの「き」と「気」  日本史
パソコンでの短歌会の仕事に失業!?したので筆者のプライベートは「ギアチェンジ」を宣言。無明庵の「戦争の昭和史」を「天邪鬼の探索考」として真面目に推敲、記述することにしたが、2年間の兵役で敢え無く戦病死した実父の“一兵卒”の現実を可能な限り探索してみたいが、参照する本を選んだだけで手を付ける前に音を上げる赴き。

徴兵・入営した市民の残酷な顛末、側面を“これでもか”という史料で裏付けて叙述したのが、「日本軍と日本兵」(一ノ瀬俊也 講談社現代新書 2014年)、「日本軍兵士」(吉田裕 岩波新書 2017年)だが、なるほど学者で大学教授だ。資料の駆使も半端ではなく参考になる。だが吉田は昭和29年生。一ノ瀬に至っては昭和46年生で、戦争最前線を知らない。

岩波新書で戦後ベストセラーになった「昭和史」の著者の一人藤原彰(1921─2003)は陸士55期の軍人で中国大陸で中隊長でもあった。戦後東大に学んで歴史学者になった。岩波現代文庫の「中国戦線従軍記」はアマゾンでは品切れ。イデオロギーは決めつけらしいが、ともかく戦争最前線の軍人だった。戦線の細部に嘘は無いだろう。

日本人とユダヤ人」のベストセラーのある山本七平(1921─1991)氏は1921年生で終戦間際の幹部候補生でフィリピン戦線へ従軍、九死に一生を得ている。『ある異常体験者の偏見』(文春文庫1974年)、『私の中の日本軍』文春文庫1975年)、『一下級将校の見た帝国陸軍』文春文庫1976年)がある。戦争最前線の陸軍兵士の生々しい実態、衛生事情を記述している。分隊指揮官の最前線描写の記述は若手の現代史の学者には到底及ばない。

筆者の素人の記述の取っ掛かりとして所持している参考書の内容で気付いたのは“き”と“気”。この辺から先ずは読解するのが肝要。
「き」は、決起・武器・軍紀・戦機・危機・飢餓・棄兵
「気」は、志気・勇気・血気・病気・気魄・鬼気・狂気
これら七つのキーワードに沿ってひとりの二等兵の死に様に迫ってみたい。

添付は拙宅前の隣家。モッコウバラ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/4/18  20:07

ヤフーブログ閉鎖  日本史
添付画像は「冬雷2020年04月号66頁。昨年末に知人に運転を頼み、山梨県山中湖村を探訪。湖から少し離れた忍野村からの撮影、暖冬で冠雪のない富士山だった。画像の上でクリックすると拡大します。

筆者の私が定年のときの平成16年、新暦の七夕の日にホームページを立ち上げた。「デジタルカメラ歴史紀行」の題名は当時としては無難なところ。まだフィルムカメラが全盛で、デジタルカメラでパソコンへ取り込めるのはオリンパスなど少数だった。個人のブログが勃興したのは平成20年。あれよあれよと言う間にスマートフォンが電話・撮影・ダウンロードの定番になった。

昨年12月に「ヤフーのブログ」が閉鎖された。10年強でブログは下火になったことになる。筆者の「冬雷短歌会の画像」の頁は保存もしていなかったので消失した。他の方々のブログも同様の筈。筆者のHPのアイコンの「冬雷短歌会の画像」を削除したが12個を維持。新たに「最近の投稿歌」を作成した。だがまだ頁そのものが出来ていない。「MAIL」欄は、まだ非接続の状態。「暇人旅行記ブログ」「花ガーデンブログ」は休眠中。

「無明庵」にて改題した「天邪鬼の探索考 戦争の昭和史」は鋭意、推敲中。戦前、戦争など行きたくもない一市民が徴兵されて南支(中国大陸南支那)の江西省(こうせいしょう)に連れて行かれ、広東省(かんとんしょう)で病死したがこれを少しでも辿ることがせめてもの死者への慰めだ。コロナウイルスの発生地中国・武漢は湖北省。その南東に位置するのが江西省と広東省、この二つの省で日本の面積ほどの広さがある。

1943年頃の中国の奥地など、かなりの寒さだろう。衛生事情・食糧事情など多分、劣悪だった筈。無意味にしか思えない、その進軍経路を出来得る限り辿ってみたい。派遣軍・方面軍・第23軍までは一応解る。独立歩兵第222大隊・中隊になるとインターネットにその痕跡はない。大隊は500人、中隊は100人。靖国神社の偕行文庫・国立国会図書館に行けば解るかも知れない。大隊規模の戦友会などがあったらその足跡は解る筈だ。戦友会という史料は私家版など少なからずあるだろう。あっても昭和の時代に消滅している。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/2/19  22:07

新書乱読03  日本史
『歴史を動かした昭和史の深層200』 保阪正康 日文新書 平成15年

今日、大きな病院の呼吸器科の定期健診だった。胸のレントゲン写真も血液検査も検査後、呼吸器科の診断を受ければ診察室の医師の前のコンピュータにはたちどころに判るシステムになっている。結果は悪いまま小康状態、今日明日に命が断たれることはないという感触。ただ野村克也監督のように「虚血性心不全」などはいつ起こらないとも限らない“後期高齢者”なのは否定できない。病院の売店ではマスクは全部売り切れていた。

新書乱読と言っても精読したものとそうではないものとがあるが、当初の目的の昭和。「昭和の世相」「昭和の戦争」を二本柱とする。浅学菲才であっても、自分の尺度・物差しとして精神論・事実論、建前・本音に置けば、危なくなった五感も嗅覚だけは働く。

昭和史の真相が200項目に分かれているので、一つは当然1ページ仕様。ここでは58・59・60・61の東條英機の解説。陸軍のことしか知らない陸軍中将が、政権を投げ出した近衛文麿に変って総理大臣に就任、推薦したのが内大臣の木戸幸一。承認した昭和天皇は終始、道義的責任を感じていた。

情報過多の現在と違い、陸軍官僚だった東條英機にはアメリカという国の実情に疎かった。軍部・外務省からの情報は、威勢のいいナチスドイツのことばかり。独ソ戦争が始まっていたからソ連の知識は少しあっただろう。アメリカ経済が疲弊していた昭和の始め頃、駐在武官だった頃の佐藤賢了は、日米開戦の時の陸軍軍務局長で保阪氏の指摘では「東條の腰巾着」だった。つまりアメリカは領土はあるが、戦争をするような精神力を持たないどうしようもない国との佐藤の見解だった。このブログでは今後、この軍人宰相の事実から逃げた長閑な精神論を列記したい。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/31  23:48

いい迷惑  日本史
所属短歌会の文字入力の仕事は14年間で終了、同時にカット画像の提供も自分の肺機能の劣化で、カメラ行脚も断念したからこれもリタイア。つまり2月からは月末もすることはない。このブログは平成20年から1400回ぐらい投稿しているものの限度には程遠い(11%)ので、天邪鬼精神を発揮して言いたいことを大いに記述したい。

自分が後期高齢者なのだから仕方ないが昔、親しんだ映画俳優が昨年から今年にかけて梅宮辰夫、小林旭の妻・青山京子、宍戸錠が亡くなったのは淋しいことだ。晩年は悪役が多かった中山仁、悪役専門の山本昌平、脇役一筋の織本順吉も昨年秋、亡くなった。昭和は益々遠くなった。テレビ局は今、経費が掛かる大型ドラマは制作しないし、殊に時代劇などは制作が絶え、各局のBS放送は昔の時代劇や刑事ドラマばかりで、CMは通販のテンコ盛り。

今、テレビのワイドショーは何か事件・事故が起きると一斉に、それも夫々の番組が放送するから中国の「コロナウイルス」が発生するとそれに掛かり切りで朝から晩まで同じニュースの繰り返し。BSでも中国、朝鮮半島、米中衝突の生番組ばかり。寝しなに見るのは昔、録画したNHKの時代劇ばかり。CMが無い分、多分中身が濃いのだろう。面白いのもある。

中国ウイルス問題は騒ぎ過ぎのようにも思う。中国で死者が多いのは劣悪な医療事情だろうし、その中国の発生の原因もよく解らず隔靴掻痒。何度も記述するが中国は国土、地下水、大気が70%は汚染されているらしい。したがって富裕層はカナダや豪州に移り住むのが優先で、自国を立て直す意欲などさらさら無い。日本でも北海道の羊蹄山周辺は、日本第2位の湧水を誇るから買い占めている。まことにもっていい迷惑だ。この国との付き合いは深入りしない方がいい。日本人が中国の土地を購入できないというからこの国の自国中心・覇権主義には驚くばかりだ。もっとも安住の地を中国に求める人は、社会主義志向の人でさえ居ないと思う。理論はともかくそれが現実。

添付は虎ノ門、ホテルオークラの側道を下る坂道。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/10/28  23:39

鍋の振り  日本史
毎年、映画俳優、文化人など新聞一面に掲載される程の人物の訃報が届く。テレビ朝日の12時30分からの倉本聰脚本「やすらぎ」シリーズに出演していた八千草薫が亡くなった。88歳、女性ではまだ早いと思うが膵臓癌・肝臓癌では防ぎようがないのか。昭和42・3年頃、テレビ番組で日本の「理想の男性は三島由紀夫、女性は八千草薫」が選ばれていたのを記憶する。05月には京マチ子が95歳で亡くなっている。共に「男はつらいよ」シリーズではマドンナ役で美しいオーラのある50代で出演していてDVDに残っている。

今月の短歌結社の文字入力の仕事が終了。カット画像も今月は、一足に投稿してある。テーマは「山中湖湖畔」だった。10月20日の年一度の大会では、例年のごとく大阪・新潟・宮城県などの会員、平成23年の大会以来の岩手県の会員も参加された。この会員は短歌の上達は顕著で来年は「作品一」に昇格する。

相変わらず外出時は携帯用とはいっても4キログラムと重いが、酸素ボンベをお供にしている。だが近くのコンビニに行くのも愛車の“三菱の軽”に乗っている。近所にある稲田も刈り取られ、蘖も出ている。近所の公民館裏の畑では小学生の野外授業にと毎年植えられている薩摩芋が収穫時。添付の画像。薩摩芋は連作が可能でいわゆる「痩せた土地」でも育つから多分昔は米・麦以上に庶民の食料だったのではないか思う。

筆者の幼少時、絵に描いたような貧乏で実家に一年間預けられていた。南瓜・隠元・茄子が獲れれば毎日のように同じ「オカズ」だった気がする。魚肉など滅多に有りつけなかった。卵は貴重品だった。“ヤモオ”は自分で食料調達・料理する。

 フライパンの“振り”の上達手に残る夕べに菜を切るここ三日ほど

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/19  23:55

くノ一  日本史
ここのところ寝る間際はNHKのBS時代劇を再生しながら横になる。気が付けば45分の番組は4回分も進んでいる。民放は制作費が嵩むので時代劇ドラマは撤退した。NHKは先ずはBSで放送して今は土曜日の18・10分に放送している。以前のように地上波でも木曜時代劇・金曜時代劇などの枠を設定すべきだ。先頃面白かったのは「妻はくノ一」平成25年放送、市川染五郎・瀧本美織の主演、今は「カブキ者慶次」を見ている。平成27年放送、藤竜也主演で今は亡き江波杏子が主人公の妻を演じている。原案はこれも今は亡き火坂雅史。火坂は平塚市在住の時代劇作家だった。

これが契機となったが、今、忍者・修験道・山伏に興味をもって所持する本を引っ張り出した。「くノ一」とは誰が命名したのか“女”の文字をほぐすと「くノ一」になり女忍者のこと。山田風太郎の小説で人口に膾炙した。だが歴史資料には女忍者の記録はないらしい。くノ一ではなくても忍者の存在・活躍の資料は少ない。昔、電話も電車もなく情報を得る手段は鍛えられた忍者の仕事がもたらした。赤穂浪士事件のときは駅伝のごとく籠をリレーして7日で江戸・赤穂を繋いだと承知している。

忍者は科学・医学・身体などあらゆる知識を身に着けた普段は農民だったという。諸国を行脚し、祈祷もし、薬学の知識をも持った修験者・山伏が忍者となり、北陸の薬売りにもなった。所持している本を読み返している。忍者は外国ではスパイ亡国・興国を繰り返した中国・朝鮮半島・中東がしたたかなのは国の歴史の変遷が物語っている。

◇『梟の城』司馬遼太郎 新潮文庫
◇『忍者はすごかった』山田雄司 幻冬舎新書
◇『忍者の精神』山田雄司 角川選書
◇『忍びの作法』山田雄司 GB
◇『山伏の歴史』村山修一 塙選書
◇『山伏』和歌森太郎 中公新書
◇『修験道という生き方』宮城泰年他 新潮選書

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/11  21:59

夏富士  日本史
ここ数年ノーベル化学賞候補だった吉野彰氏が受賞で目出度い。氏は71歳だと言うから筆者より若い。エリート養成の趣きのある東京大学より同じ官製でも京都大学出身で、しかもアカデミアの人物ではなく民間会社・旭化成工業の研究社員だということが素晴らしい。これは島津製作所の田中耕一氏に続く快挙だろう。なんども言うが、すぐ利益に結び付かない研究は中国や韓国では到底受け入れない。本人が言うように化学はフィールドが広く、そこが解っている日本の化学会社ならではの快挙。

もっと言えばノーベル賞に無縁の研究と研究者が多く居る筈。基礎研究を重んじる日本の科学姿勢に水を差す政権が8年前にあった。村田蓮舫のような「2位じゃ駄目なんですか。1位を目指さなくても」など言う政治家は御免だ。

またもノーベル文学賞を取り損ねた村上春樹だがいくら“ハルキスト”なるファンが居ても個人が裡に籠る内容の作風では、短歌や俳句でノーベル文学賞を望むような按配ではないかとも思う。

平和賞ではアメリカの経済的取引に専念するトランプさんでは無理かも知れない。地球温暖化を憎むスウェーデンの16歳の少女は時期尚早。開発の遅れて独裁者の多いアフリカでは、40歳代のエチオピア首相が受賞でアフリカも国柄が大きく変わるかも知れない。

知人の運転で山中湖周辺を撮影。今頃は初冠雪の筈だが富士山頂上は青っぽいままの夏富士だった。これも地球温暖化の一端だ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/9/14  23:46

雑草と日本人  日本史
面白い本を読んだ。いわゆる雑草という植物を古今東西の事実を元に日本文化史が著わされた。殊に日本の自然・文化を育んだ“稲作農耕”での共同体では、ムラの共同作業と個別作業の生産は雑草との闘いだった。それは水田を中心にした年サイクルの日常と非日常の歴史。

雑草という草はない、と言ったのは昭和天皇だとか、そうでないとかは判らないが、筆者の私の身近にも拙宅の広くもない庭の雑草は否応なく覚えた。先ず目立つのが外来種らしいがセイタカアワダチソウ。どこにも生えるぺんぺん草・ナズナ、目立つが役に立つことのないようなハルジオン、ヒメジオン、センダングサ、ヤブガラシ、アザミ、トウダイグサ、イヌタデ、メヒシバ、オヒシバ、タケニグサ、カヤツリグサ等。垣根の下に群生するのがコニシキソウ、シロツメグサ、ツワブキ等は、見た目は可愛い。

雑草を基本にした著者の主義主張は、この本を読んで頂くとしてそれは“雑”が決して否定的な意味ではなく肯定的に捉えられていること。「雑」が豊かな自然を表しているとの由。雑草は厄介な害のある植物という概念は、明治時代の近代化によってもたらされた否定的なものだったという。雑貨・雑誌・雑学・雑煮・雑居・雑多・雑巾・雑種・雑音・雑感・雑事・雑収入・雑木林等等。雑草は、強さ・弱さを持つが、この雑草への捉え方にこそがよく日本人の気質を表していると結論づける。

昭和の高度経済が軌道に乗ったとき、イザヤ・ベンダサンの『日本人とユダヤ人』が圧倒的に支持されて、以後「日本人と〇〇」という本が圧倒的に読まれた。これが日本人が自分たちのアイデンティティを意識する契機になった。この著者は、実は山本七平氏で、南方の戦争最前線を経験した人物。後に書かれた『私の中の日本軍』『一下級将校の見た帝国陸軍』は、戦争の理想論・正義論などが空しくなる程の微細で圧倒的な描写・考察があって昭和史の名著だ。筆者の私は再三にわたって読んだ記憶がある。戦争最前線の分隊10人の司令官を経験した文化人はこの人だけだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/6/16  23:25

預貯金2000万円  日本史
関東出身の人物だが、読売テレビの「そこまで言って委員会」の人気司会者は辛坊治郎。日本テレビの土曜日08・00「ウエークアップ+」でも90分の司会をしていてよく見る。インターネットでなければ「そこまで言って委員会」は見られない。前者は名物パネラーの津川雅彦も居たが昨年死去した。

昨日、「金融庁2000万円預貯金問題」でも正論を言っていた。夫婦二人で定年後30年間暮して行くには正規の年金収入に加えて2000万円の預貯金が必要との骨子だったが、辛坊氏は本音で正論を真っ先に言った。つまりこの年金は厚生年金であって国民年金ではないこと。国民年金だったら月額6〜7万円支給だから預貯金は5〜6000万円でないと余生は送れないということになる。

更に番組では「非正規雇用労働者」が全体の37・3%とのデータを提示。更に彼等には退職金もほぼないということを指摘した。素人が考えてもこの金融庁の物差しはよく判らない。おまけに78歳の麻生太郎財務大臣は自分の老齢年金すら知らないと発言したから野党は鬼の首をとったように騒ぎ立てている。立憲民主党の参議院議員の蓮舫、衆議院の国対委員長の辻元清美は、これを参院選の争点にしようと張り切っているらしい。きれいごとばかり言っている。

吉田茂の孫という麻生太郎は生活資金は何も困らないから、しもじもの視線で騒いでもあまり効果はない。蓮舫は台湾・日本の二重国籍問題は沙汰病み、辻元清美は秘書の給与をネコババして“前科一犯”の過去がある。筆者も40代の頃は労働組合の闘士?だった。年金・医療・消費税などは与野党に関係ない。国会議員は国民の代表、痛みは伴っても真剣な議論をお願いしたい。きれいごとばかり言う野党は3年間の政権経験があった筈。立憲民主は少し期待したが昔の「社会党」路線を歩んでいるように思う。関東の人間だが「日本維新の会」に期待する。政治は理想とロマンではない。事実と現実だ。

添付は有栖川宮記念公園、右側は介護付き有料老人ホーム、入所金は要らないらしいが月額24万円、夫婦だったら48万円、これでは筆者は入居できる筈もない。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/5/3  23:53

万世一系  日本史
筆者の私は、常々浅学菲才を標榜しつつ天邪鬼理論をこのブログで披瀝している。「令和」なる元号の新時代になったが、天皇制は長年の歴史を踏まえていわゆる男系を維持すべきと思ってきた。日本の保守層の学者・文化人・政治家など多士済々のメンバーが「命をかけても男系を維持すべき」などと言って憚らない。そうした主義・主張に、筆者は格別に肯定も否定もすべき違和感も知識も無かった。

万世一系は同じ血筋を永年、維持してきた権力・統治の形態で、日本は確実に科学的に存在が証明できるのは、少なくみても、その統治者は第33代推古天皇で女帝の1300年前。蘇我氏を中心にした争いで推古女帝はあくまでピンチヒッター。だが1300年以前に遡る皇統は世界に自慢できる歴史だ。この万世一系が男系で連綿と続いてきたことに、そんなものだろうと思ってきたのが事実。今回の代替わりで、ウィキペディアだが4代まえの明治天皇を検索しただけで“側室”が出てくる。

明治天皇夫人・昭憲皇太后は子供が出来ず側室の柳原愛子(柳原白蓮の叔母)から生れて無事に育ったのが大正天皇。大正天皇は4人の男子を産んだ。天皇家の血筋に正妻から生れて天皇を継いだのは少ないという歴史的過去がある。今の憲法の“国民統合の象徴”制度なら新天皇男子が生まれなかっただけで側室を用意するわけにはいかないだろう。

女系天皇を認めないと言っても辛うじて側室が男性天皇を供給してきたことに保守派の勢力はどう考えているのか。神話の時代の「継体天皇」のように5代も前の血筋を探し出して来るのか。これも問題だ。

添付は靖国神社。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ