2020/1/15  23:50

野党結集!  身辺世相
立憲民主党と国民民主党の合流協議を巡って、すったもんだの交渉が行われているらしいが、そうは簡単にはいきそうもないらしい。どうせ合流したところで、元の民進党・民主党になるだけのこと。支持率がマアあって、立憲民主党のほうが国民民主党より議席が多いので“上から目線”で強硬に吸収合併を目論んでいるという。だが実際には結党時、民進党を飛び出したのが切っ掛けなので「政党交付金」は、がっぽり国民民主党に残っている。立民はこの財力が欲しいだけ。

この「立民」ももとは3年前の小池百合子東京都知事の「排除します」の大仰な差別発言?に反発。プライドの高い枝野幸男が反発して立党して多くの反自民勢力が参集したに過ぎない。当時の民進党の前原誠司が「希望の党」へ全員集合は、民進党のだらしなさだけが目立った。無事に合流しても衆議院議員は120人程度で、多分今年秋の総選挙でも自民党政権を凌駕することは出来ないに違いない。それが解っているから切迫感がない。リベラル保守で選挙に自信がある静岡の細野豪志、東京の長島昭久は旧民進系にうんざり自民党入りした。吉凶は次の衆院選。

筆者は、元、連合の労働組合に加盟して小企業でたった2人で運動したが“得る”ものは殆んど無かった。結論として労働組合は所詮、現実論には程遠く理想論・精神論を声高に叫ぶだけで、労働者の底辺の薄給には対応しきれない。若者は知っている、今や労働者の組織率は20%を割っている。筆者の拙い知識では「終身雇用制」が崩れたことに尽きるだろう。素人考えでは官公労の組織率は高く民間会社の組合は「働き方改革」の不定期労働者が増えて、労働組合運動は「我れ関せず」だろう。

組合は昔のようにストライキがない。補填に使う資金は“労働金庫”に溜まりに溜まって唸っている。連合会長も東大・慶大出の学歴エリート。何年かそこそこ過ごせば、国会議員になって、いずれは行政の褒章・旭日大綬章の栄典が待っている。どの階層にいてもエリートはエリート。二等兵は二等兵。嗚呼。

添付は明け方撮影した十三夜。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/12/31  21:30

十大ニュースその後  身辺世相
11月下旬に、筆者の私が今年の10大ニュースを13点予測した。新聞(産経新聞だが)の予測は少し外れた。天皇即位と改元は一つのこと。高齢者運転事故、トランプ大統領来日、G20サミット、はやぶさ2、韓国ホワイト国除外、首里城火災は、カウントされなかった。安倍晋三政権が嫌いなメディアは「韓国との軋轢」は投票操作!?された筈。産経新聞の7〜10位は下段。

05月 新天皇即位、07月 京都アニメーション放火38人死亡
09月 台風15号・19号上陸、09月 ラグビーワールドカップ日本8強
10月 消費税10%、10月 ノーベル化学賞、吉野彰氏

08月 渋野日向子全英優勝、06月 児童虐待事件・防止法
03月 イチロー引退、09月 関西電力原発マネー問題

案の定12月に起きた中村哲医師銃撃・秋元司衆議院議員逮捕は、産経新聞でもカウントされなかった。よく考えれば「中村哲医師」の銃撃事件は大問題の筈。半分はボランティア精神でアフガニスタンに肩入れしたからだ、とでもいうのか。政府も野党もあまりにも反応が鈍い。筆者の価値観は聊か単純だが、中村医師には文化勲章+国民栄誉賞など死後でも贈呈したらどうか。

「桜を見る会問題」は、長期政権の緩みは、その通りだが、野党の韓国・中国などの問題で追及は無いのか。韓国は国際法さえ無視して「徴用工問題」、中国は国策として「尖閣諸島」へ毎日のように公船を出没させている。いわゆる「ファイブG」で中国は世界制覇・覇権を目論んでいる。中国は敵視せずとも警戒は怠りなくすべきで、東南アジア・インド・豪州などと十分に同盟を結ぶべきだと思う。この先、長く生きないのでどうでもいいが、筆者の生きているうちに「北朝鮮拉致被害者」は戻って来ないだろうし「北方四島」は永遠に返還など考えられないのが世界情勢か。12月31日にカルロス・ゴーン被告が違法に出国というニュース。日本は長閑だ。

本年一年間、このブログを見て頂き有難うございました。来年も縒りを掛けて天邪鬼の発信をします。添付は京橋付近。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/12/21  23:53

有馬記念  身辺世相
明日は中央競馬の一年の総決算「有馬記念」。初代中央競馬の理事長・有馬頼寧が提唱してできたファン投票上位馬16頭で行われる。64回目。一着賞金・3億円で、日本で行われるダービーと並ぶ最高峰のレース。筆者の私は、東京在住の頃は、船橋市の中山競馬場へ何度か足を運んだ経験がある。最後のほぼ400mの坂道をともなう直線は、嵐に巻き込まれたような大歓声に包まれる。

今はインターネットで勝ち馬投票券を購入できるが、パソコンが出来ても実際に所謂“馬券”を手にする昔ながらの購入方法だから横浜・伊勢佐木町の売場まで行かないと手にできない。従ってテレビで観戦するだけだ。購入しに行けば良かった、行かないで遊興費が残った泣き笑いは日曜日毎。ひとつ言えば東京在住ならばGT(一番格上)のレースには足繁く通ったに相違ない。

昨年から今年にかけて今、いちばん強いサラブレッドは4歳の牝馬・アーモンドアイ。落馬とか他の馬に邪魔されない限りは多分、明日もこの馬が勝つ。酸素ボンベをカートで転がして歩く生活なので明日午後が都内は、雨の予報で両手が塞がるスタイルでは断念せざるを得ない。筆者の買い方は一頭の馬を決めて他の馬に流す、いわゆる流し馬券。

グレード1の勝利がある馬が16頭のうち11頭。ダービーを勝ってもこのレースを勝てないのが実力日本一の証拠。逆に古馬になって開花した馬が勝つレースでもある。このレースさえ勝てば牡馬なら種牡馬が約束されて優雅な生活が送れる。100頭に1頭ぐらいの確立か、馬の世界は厳しい。

今回のような超一流の牝馬が引退して後に産む馬が一流になるとは限らないのが実情。ダービーに出て勝ったウオッカ、一時代を築いたダイワスカーレット、ブエナビスタも同様。超一流の牝馬が産む子は駄馬ばかりだ。これは人間の世界にも通用しそうな気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/11/30  23:57

10大ニュース  身辺世相
今は、産経新聞と日曜赤旗を購読。読売・朝日・毎日の三大新聞には縁が無いが、このブログで読売新聞の年末の10大ニュースに悪態を付いたことがある。即ちクイズ形式で12月初旬までのニュースを番号をつけて締め切りとなるから暮に大事件が起きてもこの新聞の10大ニュースには残らないと指摘した。じじつ平成12年?の「世田谷一家殺人事件」は大晦日だった気がする。この事件は今も未解決で胸が痛む。

筆者の記憶とネットでの確認で今年の13のニュースを選んでみた。何が残るか、もっと大きな事件が起きるのか、起きないことをひたすら願う。天皇即位、ノーベル賞受賞、京都放火事件、台風上陸、消費税10%は、どのメディアも同様だと思う。

04月 新元号「令和」
04月 高齢者運転、車暴走池袋事故
05月 新天皇即位
05月 トランプ米大統領国賓来日
06月 G20大阪サミット開催
07月 京都アニメーション放火38人死亡
07月 はやぶさ2竜宮に着陸
08月 韓国ホワイト国除外
09月 台風15号・19号上陸
09月 ラグビーワールドカップ日本8強
10月 消費税10%
10月 ノーベル化学賞、吉野彰氏
10月 沖縄首里城火災

添付は大倉集古館。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/11/29  23:56

大往生  身辺世相
今日、71代総理大臣・中曽根康弘氏が亡くなった。101歳なら天寿を全うしたと言っていい。筆者の母親と同じく大正07年生まれだから長生きだったと思う。田中角栄元総理も大正07年・1918年生だった。102歳まで生きた総理経験者として当時の皇族の東久邇宮稔彦氏が記録されている。戦後54日間の最も短い在位の首相としても記録に残っていて、ある意味終戦前後の総理の重圧をもを感じる。

絵になるので中曽根総理の「日の出山荘」でアメリカ合衆国のロナルド・レーガン夫妻をもてなしたことも多くのメディアが映像記録を残している。御存知のように茶の湯の持て成し、法螺貝を吹くシーン等等。当時はアナログ仕様で今の液晶ハイビジョンでは明らかに色が濁っていて時代を思わせる。

筆者の記憶に残るのは「主要国首脳会議」の所謂サミットで、日本人では高身長の中曽根氏は各国首脳に見劣りしなかった。昭和時代の末期、中曽根氏の在任中は、アメリカ・レーガン、イギリス・サッチャー、フランス・ミッテラン、ドイツ・コール、カナダ・マルルーニだった。イタリアとEUは覚えていない。

中曽根氏の死で昭和は終わったと指摘した政治家・政治学者も居て、そんな気がする。その中曽根首相が後継に指名したのが竹下登。昔、総理候補は「三角大福中」でいずれも総理に就任した。その後は“安竹小”“安竹宮”が候補になった。竹下登は政治スキャンダルで失脚。本命の安倍晋太郎は運がない。病気で倒れた。その息子の安倍晋三は、三流大学出身ですらあるのに歴代総理大臣の最長となり続行中。母親が岸信介の娘であるのが政界のサラブレッドでもあるが…。安倍親子は総理就任の運・不運を象徴している。

添付は虎ノ門の大倉集古館。一旦再開されたが又、休館らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/11/15  23:14

文化勲章 and 歌人  身辺世相
晴れの特異日、文化の日は目出度く文化勲章の伝達式があって新天皇から授与された。毎年思うことだが、この受賞の受賞基準は“奈辺”に有やということ。筆者の友人も国宝や文化勲章の基準が曖昧で疑問視する。その基準は各人違っていても国宝は、まだ自分の眼で見て判断できるからいい。それを判定するのに多少は気にしても政治的プラスは無いだろうと思う。

ところが人間が頂く「文化勲章」「文化功労者」に推薦されるのは“疑問視”する処が大である。今年はノーベル賞受賞者の吉野彰氏をはじめ6人。因みにノーベル賞受賞者で文化勲章受章は今まで16人。大江健三郎は国家からの表彰は断った。日本人なのに変な奴だ。短歌を嗜む人間には、宮中の歌会始めや皇室の短歌のアドバイスをしている歌人の文化勲章受章者の少ないことに気付いて驚く。「令和」は万葉集が原点。この賞を決めるのは誰か知らないが、有史以来、歌人はたった3人だけで唖然とする。小説は昭和12年の幸田露伴から平成28年の平岩弓枝まで29人。

◇短歌
 昭和12年・佐々木信綱、昭和26年・斎藤茂吉、昭和61年・土屋文明
◇俳句
 昭和29年・高浜虚子
◇詩
 昭和54年・堀口大学、昭和62年・草野心平、平成15年・大岡信

小説家の受賞者で、その小説など読んだことが無いのは半数以上だ。今でも永井龍男、円地文子、瀬戸内寂聴、田辺聖子、河野多恵子など読んだこともない。司馬遼太郎は納得するが、反体制が顕著だった松本清張は勲章に無縁だった。裏千家の千宗室が受賞して本家の表千家の千宗左は無縁。毎年初釜には裏千家は多くの政界要人を招いていた。これが政治力というもの。文化功労者では吉永小百合が受賞していてびっくり。吉永は沖縄など政治問題に口出ししている。吉永ファンは卒業したのでどうでもいいが!

その道の実力と勲章は一致しないが、歌人の文化功労者の岡野弘彦、岡井隆はできるだけ早く文化勲章を授与すべきだ。この二人は日本の短歌会の第一人者だ。91歳で馬場あき子はやっと本年の文化功労者。日教組出身ならさもありなんと思う。短歌が国家から保護されるのは如何なものかと思うが、ツマラナイ作家よりは歌人も注目すべきと思う昨今だ。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/10/23  22:16

天皇即位  身辺世相
「令和」なる元号で新しい時代が始まったが、たいしたことはないと思った台風19号襲来で、新時代は嵐の船出になった。新天皇は22日の即位礼の儀式で内外に“代替わり”を宣言。日本文化・皇室の代表として頑張って頂きたい。こんな風に言うと不謹慎だと言われかねないが、現実の問題として天皇は100人の外交官に匹敵すると言われている。まして新皇后は外務省のバリバリのキャリアだったから英語・フランス語・ロシア語が堪能、令和時代の皇室の象徴になるかも知れない。

話は変わるが、物心ついてから09月26日は筆者の記憶は鮮明。昭和29年は10歳、新聞を読み始めた年齢。「洞爺丸」が転覆した「洞爺丸台風」、1300人の死者、400名が行方不明になった。昭和33年の伊豆半島の「狩野川台風」、1200人が犠牲になった。昭和34年は、筆者の中学3年生、「伊勢湾台風」は大波の襲来、5000人もの人間が命を落とした。令和の天気予報は確実性が増した。インフラも進んでいた。犠牲者は少なくて済んだのかも知れない。

新天皇の皇居から赤坂御所へのパレードが延期された。11月10日に降雨が無い事を祈る。最大のイベント「大嘗祭」は11月14・15日。

月末の短歌会の文字入力の原稿が整いました。ブログは暫時休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/17  23:39

やんばダム  身辺世相
自民党の二階俊博幹事長(80歳)が、台風19号は、自民党の党緊急役員会で「まずまずに収まった」と述べてこれは舌禍とばかり野党から厳しい批判を受けた。二階幹事長は、発言の撤回に追い込まれたが、当初は居直っていた。だが反発は大きくなりそうで、すぐ弁解したのは「機を見るに敏」。

気象庁の「狩野川台風」並みの集中豪雨が来るとの二日前のご託宣に筆者は、むろん二階幹事長も「大したことは無い」と考えていたのは明らか。神奈川県に上陸するとかで身構えたが、予想通り神奈川県に上陸して東京・埼玉と進んだが、阿武隈川が氾濫して福島県にいちばん被害者が多かったのは二階幹事長どころか、誰も想像しなかった筈。大雨を伴う台風が、今年の10大ニュースの上位に位置する大惨事になった。更に加えて千曲川が氾濫。長野新幹線の車両の多くが水浸しになった。河川の氾濫は想定外だ。スマホとドライブレコーダーの発達で集中豪雨がすぐさま明らかになった。住宅の一階に居住する老人の死者の多さは改めて問題だ。

始まった参院予算委員会で、自民党が台風19号の被害拡大を食い止めたとされる「やんば(八ツ場ダム・群馬県長野原町)」が、民主党政権のとき「コンクリートから人へ」を掲げて一時、このダム事業を一時中止しようとしたことを取り上げる場面があったらしい。八ツ場ダムが機能して大量の水を溜め込み、結果、利根川が氾濫せず洪水を回避できたと指摘した。

重複するが平成21年の総選挙では筆者も選挙区・比例区ともに民主党に投票して日本がいい方向に行くと思ったが、三年間小沢一郎氏を中心に政局のみに終始し政策は理想論だけだった。国土の強靭化は日本の将来のため重要。ただし膨大な予算に群がる政治家や企業が多いのも事実。

添付の画像はネットの拝借。二枚目は橋脚なのにダムの一部とメディアの誘導があった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/6  20:45

ノーベル賞ウイーク  身辺世相
毎年10月に入ると個人的には、近所の御嶽神社末社の祭が第二土・日にあって、その練習の太鼓の音が聞えて来る。第三日曜は、所属する短歌会の年一度の大会があって、年一度会う会員も多く楽しみだが、何といっても07日からはノーベル賞ウイーク。スウェーデンのノーベル財団もノーベルの残した財産を維持しているのも大変なように思う。昨年は医学賞の本庶佑氏だった。

今年は医学賞、物理学賞、化学賞、文学賞と候補は目白押し。毎年候補にあがる文学賞の村上春樹は読んだことはないのでよく解らない。大江健三郎と同じで多分、小説を読んでも感動は無い筈。純文学は芸術なのか、小説は読んで面白くないと価値がないというのが筆者の主義。

ここ数年候補にあがって受賞しないのは「リチウム電池」吉野彰氏。大手化学メーカー旭化成の元社員博士? この人物が受賞したら旭化成の株価が上がるので大金持ちは手ぐすねを引いて待っている。世界の主流の電池はリチウムなので何れ受賞は間違いない。毎年候補に挙がるのはアメリカ在住の経済学の清滝某氏。島津化学の田中耕一氏の研究は、簡単に「認知症」を発見できるシステムを開発したとかで二度目の受賞があるかも。

毎年ネットを騒がすのが韓国の日本への嫉み、切歯扼腕の記事。この国は科学技術を解っていない。歴史の素人の筆者でも想像することは“ものを作る”歴史がなかった風土だ。長年、少数の貴族(ヤンパン)は、中華帝国の学問を学ぶだけの労働をしない階級だった。生活物資を生産するのは半奴隷の階層だった。だから根本的に蛮族と認識して憚らない日本が、西洋を見習ったにせよ東アジアで逸早く近代化したのが不思議で承知できないし納得もできない。

従って事大主義は科学の基礎研究が殆んど理解できない。昭和の後期まで韓国は「技術の特許」の概念が無かったことで知られている。科学技術は自然にあるものとして捉えられていた。長い間の基礎研究の後、苦心の末、出来た技術が簡単に取得できると考えていたのが中国・韓国。ドイツ・アメリカなどの欧米の技術、日本の技術で出来あがった部品を購入、安価な賃金と労働力で組立て製品にする。韓国は、日本の技術を独占的に享受した財閥企業がそれを成し得た。

遅ればせながら応用化学は発展したらしい。向こう数十年はこの国にノーベル賞の受賞はない。この賞を欲しいがための基礎研究に着手という考えがいじましくお粗末。序に言えば科学の基礎の蓄積が自国にないので今頃欧米に学ぶため、英語力は日本人より数段上。アメリカの有名大学には中国人・朝鮮人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/5  21:49

熊本城復興  身辺世相
関東は今日も真夏日で、またエアコンを稼働。これではまた電気料金が一向に減らない。筆者のアトピー性皮膚炎も高温多湿だと痒くて困る。今開催されているラグビーは幸か不幸かルールを知らないので日本が強いかどうかは判らないのは、これも幸か不幸か!!

3年前の2016年・平成28年04月14日、夜のNHKのニュースを見ているときにいきなり「熊本地震」が起きた。ニュースでは女性記者がスマホだかインターネットのサービスを報告している時だった。日本は“地震・雷・家事・おおやじ(台風)”天災はいきなりやって来る。この地震は震度7だった。映し出された熊本城は土煙をあげていた。基本的に多分、NHKのキャスターは書かれた原稿以外の主観的な言葉は喋らない。ただ事ではないことがすぐ判った。

河野憲治キャスター、鈴木奈穂子アナウンサーは字幕を読み上げるばかりだったが、素人の筆者でも土煙をあげる熊本城が無事でないことが解る。後日の映像・画像では熊本城のどの部分か右側の石垣で辛うじて城本体を支えていた。

3年半の今、取り敢えず天守閣付近!は拝観できるようになったらしい。全部の工事が終るのは20年後。復興資金寄附は20億円だった。一万円以上は「復興手形」を貰えるらしい。加藤清正も喜んでいる。

2枚目の画像は平成20年のパック旅での撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ