2019/10/17  23:39

やんばダム  身辺世相
自民党の二階俊博幹事長(80歳)が、台風19号は、自民党の党緊急役員会で「まずまずに収まった」と述べてこれは舌禍とばかり野党から厳しい批判を受けた。二階幹事長は、発言の撤回に追い込まれたが、当初は居直っていた。だが反発は大きくなりそうで、すぐ弁解したのは「機を見るに敏」。

気象庁の「狩野川台風」並みの集中豪雨が来るとの二日前のご託宣に筆者は、むろん二階幹事長も「大したことは無い」と考えていたのは明らか。神奈川県に上陸するとかで身構えたが、予想通り神奈川県に上陸して東京・埼玉と進んだが、阿武隈川が氾濫して福島県にいちばん被害者が多かったのは二階幹事長どころか、誰も想像しなかった筈。大雨を伴う台風が、今年の10大ニュースの上位に位置する大惨事になった。更に加えて千曲川が氾濫。長野新幹線の車両の多くが水浸しになった。河川の氾濫は想定外だ。スマホとドライブレコーダーの発達で集中豪雨がすぐさま明らかになった。住宅の一階に居住する老人の死者の多さは改めて問題だ。

始まった参院予算委員会で、自民党が台風19号の被害拡大を食い止めたとされる「やんば(八ツ場ダム・群馬県長野原町)」が、民主党政権のとき「コンクリートから人へ」を掲げて一時、このダム事業を一時中止しようとしたことを取り上げる場面があったらしい。八ツ場ダムが機能して大量の水を溜め込み、結果、利根川が氾濫せず洪水を回避できたと指摘した。

重複するが平成21年の総選挙では筆者も選挙区・比例区ともに民主党に投票して日本がいい方向に行くと思ったが、三年間小沢一郎氏を中心に政局のみに終始し政策は理想論だけだった。国土の強靭化は日本の将来のため重要。ただし膨大な予算に群がる政治家や企業が多いのも事実。

添付の画像はネットの拝借。二枚目は橋脚なのにダムの一部とメディアの誘導があった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/6  20:45

ノーベル賞ウイーク  身辺世相
毎年10月に入ると個人的には、近所の御嶽神社末社の祭が第二土・日にあって、その練習の太鼓の音が聞えて来る。第三日曜は、所属する短歌会の年一度の大会があって、年一度会う会員も多く楽しみだが、何といっても07日からはノーベル賞ウイーク。スウェーデンのノーベル財団もノーベルの残した財産を維持しているのも大変なように思う。昨年は医学賞の本庶佑氏だった。

今年は医学賞、物理学賞、化学賞、文学賞と候補は目白押し。毎年候補にあがる文学賞の村上春樹は読んだことはないのでよく解らない。大江健三郎と同じで多分、小説を読んでも感動は無い筈。純文学は芸術なのか、小説は読んで面白くないと価値がないというのが筆者の主義。

ここ数年候補にあがって受賞しないのは「リチウム電池」吉野彰氏。大手化学メーカー旭化成の元社員博士? この人物が受賞したら旭化成の株価が上がるので大金持ちは手ぐすねを引いて待っている。世界の主流の電池はリチウムなので何れ受賞は間違いない。毎年候補に挙がるのはアメリカ在住の経済学の清滝某氏。島津化学の田中耕一氏の研究は、簡単に「認知症」を発見できるシステムを開発したとかで二度目の受賞があるかも。

毎年ネットを騒がすのが韓国の日本への嫉み、切歯扼腕の記事。この国は科学技術を解っていない。歴史の素人の筆者でも想像することは“ものを作る”歴史がなかった風土だ。長年、少数の貴族(ヤンパン)は、中華帝国の学問を学ぶだけの労働をしない階級だった。生活物資を生産するのは半奴隷の階層だった。だから根本的に蛮族と認識して憚らない日本が、西洋を見習ったにせよ東アジアで逸早く近代化したのが不思議で承知できないし納得もできない。

従って事大主義は科学の基礎研究が殆んど理解できない。昭和の後期まで韓国は「技術の特許」の概念が無かったことで知られている。科学技術は自然にあるものとして捉えられていた。長い間の基礎研究の後、苦心の末、出来た技術が簡単に取得できると考えていたのが中国・韓国。ドイツ・アメリカなどの欧米の技術、日本の技術で出来あがった部品を購入、安価な賃金と労働力で組立て製品にする。韓国は、日本の技術を独占的に享受した財閥企業がそれを成し得た。

遅ればせながら応用化学は発展したらしい。向こう数十年はこの国にノーベル賞の受賞はない。この賞を欲しいがための基礎研究に着手という考えがいじましくお粗末。序に言えば科学の基礎の蓄積が自国にないので今頃欧米に学ぶため、英語力は日本人より数段上。アメリカの有名大学には中国人・朝鮮人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/10/5  21:49

熊本城復興  身辺世相
関東は今日も真夏日で、またエアコンを稼働。これではまた電気料金が一向に減らない。筆者のアトピー性皮膚炎も高温多湿だと痒くて困る。今開催されているラグビーは幸か不幸かルールを知らないので日本が強いかどうかは判らないのは、これも幸か不幸か!!

3年前の2016年・平成28年04月14日、夜のNHKのニュースを見ているときにいきなり「熊本地震」が起きた。ニュースでは女性記者がスマホだかインターネットのサービスを報告している時だった。日本は“地震・雷・家事・おおやじ(台風)”天災はいきなりやって来る。この地震は震度7だった。映し出された熊本城は土煙をあげていた。基本的に多分、NHKのキャスターは書かれた原稿以外の主観的な言葉は喋らない。ただ事ではないことがすぐ判った。

河野憲治キャスター、鈴木奈穂子アナウンサーは字幕を読み上げるばかりだったが、素人の筆者でも土煙をあげる熊本城が無事でないことが解る。後日の映像・画像では熊本城のどの部分か右側の石垣で辛うじて城本体を支えていた。

3年半の今、取り敢えず天守閣付近!は拝観できるようになったらしい。全部の工事が終るのは20年後。復興資金寄附は20億円だった。一万円以上は「復興手形」を貰えるらしい。加藤清正も喜んでいる。

2枚目の画像は平成20年のパック旅での撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/1  21:47

高輪ゲートウェイ  身辺世相
来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて、羽田空港にほど近いJR品川駅と田町駅の間に山手線30番目の新駅が暫定開業する。品川と田町の間は、高々1000m。新駅など要らないと思うが、それだけ羽田に近い湾岸地域は開発が盛んだということか。

だが新駅の名が断じてよくない「高輪ゲートウェイ」。公募では高輪・芝浦・芝浜の順で130番目が、その高輪ゲートウェイ。「JR東日本」のその部門は一体どういう神経をしているのか! 公募する前に駅名は決まっていたことになる。行政自治体の平成の大合併では「飛騨高山市」が飛騨市と高山市に分割されたが、多くは合併で平仮名使用の自治体が誕生し、右へ習えとなった。常陸那珂が「ひたちなか」、陸奥「むつ」、夷隅「いすみ」は、読みにくいのでまあ許容範囲だ。

だが北岳や間ノ岳など南アルプスの3000mを越える名峰が多い長野県南部が「南アルプス市」とは自治体も住民もどういう神経をしているのか。今からでも遅くはない。巨摩市などに変更すべき。長野県中央の駒ケ根近辺では「中央アルプス市」、愛知県南部では住民の反対で「南セントレア市」が成立しなかった。千葉県東部の匝瑳市は「そうさ」としなかった。匝瑳市市民はまともだ。宝くじが当たって土地を提供されても南アルプス市は御免蒙りたい。

国鉄が民営化されたのは昭和62年、余剰人員の多かった国鉄は確か27兆円もの借金を抱えていた筈。これからの借金は程々にして、JRは民営になって新幹線や山手線はドル箱で大いに利益をあげている筈。膨大な過去の借金を早く精算すべき。JRは、筆者には謙虚であらねばならないと思う次第。ゲートウェイなどパソコン用語は止めて先ずは新駅は「高輪」でいい筈。

添付は高輪警察付近から下る桂坂、下から坂上を撮影。第一京浜国道へ下った辺りが「高輪」駅西側になる。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/9/17  22:54

華麗なる一族  身辺世相
新聞にも載らずネットで見つけた記事に新元号は「天翔」が有力だったとあった。だがこれは採用されないのが素人でも解る。ローマ字ではТで、大正と同じ。“翔”は子供では書くのがいささか面倒。なお正式に新元号考案を委嘱したのは、「令和」を考案した中西進大阪女子大元学長(日本古典)ら5人だったというがこれはどういう筋から判明したかは知らない。以下はネットの記事。

≪正式委嘱は3月14日付。5人のうち3人は最終候補6案の考案者で、中西氏のほか「英弘」「久化」「広至」「万保」を提出した宇野茂彦中央大名誉教授(中国哲学)、「万和」を考えた石川忠久二松学舎大元学長(中国古典)だった。≫

筆者の私は野次馬根性で、安倍晋三首相の頭文字A・B・Eで始まると年賀状に書いた。ということは、英弘、万保、万和なら的中していることになる。最後は安倍総理の決断らしいが、いずれも「E」「B」にしたら痛くも無い腹を探られたに違いない。出典が「万葉集」なのは納得。閑話休題。

週刊ポスト、週刊現代はまともな記事もあるが、完全に老人シフトだ。だいいち若い人びとは、完全に情報源はスマホで週刊誌など買わない。両誌ともメインは医療事情・終活・遺産相続・保険・食べ物ガイド。グラビアはカラー・モノクロともに若い女性の裸のオンパレード。筆者がこれを購入するのは“江戸・東京の坂道”あるいは反中国・反朝鮮半島の記事があるとき。後期高齢者になれば若い女性のヌードで週刊誌は買わない。

週刊現代09月14・21日号に「忘れられた男・佐藤栄作」の巻末特集があった。華麗なる一族はある程度知っていた。昭和15年の外務大臣・松岡洋右の実の姪と結婚したのが佐藤栄作。松岡は妹の藤枝の生活の面倒みた。姪・寛子はいとこに当たる佐藤栄作と結婚、後の総理大臣。開戦直前、ヒトラーやスターリンと親しくした松岡洋右は連合国裁判のA級戦犯。昭和21年、亡くなる寸前、病室に見舞ったのが佐藤栄作夫婦だった。

兄の岸信介の娘の子が安倍晋三。良くも悪くも日本の政治家は、例えば田中角栄のような野人は例外中の例外。佐藤・岸・安倍家は子が無ければいずれかの家から養子になる。安倍総理の実弟は岸家を継いでいる。安倍家は長男が居る。佐藤家は次男・信二が衆議院議員だった。長男に子は居るに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/9  23:53

表現の自由  身辺世相
昨日は短歌会の例会(第2日曜)で久しぶりに、酸素ボンベを背負うが、出席のつもりだった。だが台風15号の直撃で午前中から湘南方面は雨模様。都内も風雨だったらしい。出席したら帰路の東海道線は正常だったのかどうか。NHKの天気予報がかつてない大型の台風だと放送の臨戦態勢だったが、こういう時は空振りが多い。だが観測史上最大級の風速だったのは正解。

昭和30年代、石原裕次郎の『風速四十米』などという娯楽映画があったが、60年後の今、現実となった。天気図に疎いが、日本の南の海流の温度が高いことが原因らしい。原子力発電が否定されつつあるとき、世界が、化石燃料の発電が主流なら地球温暖化にもなるだろう。それが異常気象の基かも。

湘南方面にさえ地震・台風が来なければいい?という長閑な一市民だから他国の政治情勢などどうでもいいが、毎日、いま盛りのワイドショーなどでありふれた正義論や理想論を垂れ流している“軽やかな文化人”が、週刊ポストの最近号の「韓国なんて要らない」という記事に噛みついた。韓国人の10人に一人は治療が必要、との感情調節に異常をきたしているとの記事だった。

ネットで調べたら火病(ひびょう)という朝鮮民族特有のオーバーなパフォーマンス?が、その症状らしい。だがこの韓国人の学者の説を、取り上げて記事にしたらこれがヘイトスピーチ、韓国の国是の“慰安婦像・徴用工”など反日の現象を日本が記事にすると、これは「表現の自由」と宣われる。朝鮮半島だろうとアメリカだろうと中国だろうと、悪口を記事にしても個人攻撃でなければ表現の自由の範囲だ。

「新潮45」がLGBТに疑問を呈する代議士の主張を記事にしたら、人権に反するというバッシングの雨あられ。新潮45は廃刊した。週刊ポストの発行元の小学館は頑張って欲しい。表現の自由は日本の誇りだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/9/6  23:44

京浜急行  身辺世相
昨日の昼前の京浜急行電鉄の踏切事故は、午後のニュースワイドがすぐ取り上げた(この速報性だけは感心するが)。民放テレビは、安価な番組制作費を強要されているからニュースワイドが花盛り。在京キー局はテレビ東京を除けば、朝から晩まで一日、取替え引き換え、同じニュース素材を垂れ流す。それも各局、朝・昼・午後・夜と忙しない。見る方も雛壇に並ぶタレント・評論家は毎日付き合う羽目になる。

NHKは公共放送だから一定の立場だけに肩を持つわけにはいかない。民放の百花繚乱の番組も問題だが、NHKはCMの無いだけニュースは丁寧。だが「京急踏切事故」の「ニュース9」はいささかお粗末だった。有馬嘉男と桑子真帆のコンビ。放送原稿はベテランの編集マンがいる筈だが事実確認が間に合わないことは“多分こうなのだろう”という予測報道のように思う。

この事故で違和感を覚えたのは、京浜急行「快速特急」は、時速120`メートルで走行するという件、この高速走行ゆえ踏切事故を「避けられなかった」という「上から目線」がある。筆者など20代では墨田区押上から三浦海岸への海水浴へ何度も行ったが、三崎口へはかなりの高速走行を覚えている。それも50年も前である。

鉄道マニアなら常識だが、京浜急行の線路の幅は広軌で1435oと記憶。JRは1067oで狭軌。京成電鉄も広軌、地下鉄都営浅草線も広軌で、成田から三浦海岸まで繋がっている。広軌(新幹線も同様)で高速だからこそ、都心へ早く出られて京急沿線、京成沿線も発展した側面がある。今回の踏切事故で一般乗客に一人も死者を出さなかった京浜急行は、そこそこに称えられてしかるべきだと思う。

事故の原因はトラック運転手にある。無事故のベテラン運転手は生涯一度だけ迷路へ入り込んでしまった。気の毒というしかない。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/9/1  21:54

極東の小国10  身辺世相
10 不買運動
年金生活者といえど新聞は読むし、一般労働者よりはテレビを見る機会は多いから頻繁なニュースには知らぬ振りもできない。まして30歳前後から毎週、週刊新潮だけは購読しているので、新聞・テレビが報じ得ない真相が詳細に記述されるから筆者の必読書。因みにこの週刊誌の表紙は、昔は谷内六郎のメルヘンチックなもので人気が高かった。今は、あの横尾忠則の実弟、成瀬正博でこれも童画の趣きがあって毎号楽しみ。

ところでこの週刊誌の巻末に載るのが保守の論客櫻井よしこ。「日本ルネッサンス」は865回、年50回として17年間に及ぶ。櫻井よしこはその発足当時から韓国大統領・文在寅に異を唱えていた。一般人の筆者には他国の大統領などどうでもいいことだが、だんだんとメディアもこの国の大統領に胡散臭さを意識するようになったのではないか。韓国大統領は1期5年で、政権が変わる毎にそれまでの権力者は逮捕され、一定期間を過ぎると恩赦で釈放されるといった按配。

そんなことは国情だからいいにしても日本との国際条約を締結しても次の政権ではそれがひっくり返されるという訳の判らない顛末。今回も文在寅は「一度合意したから全て過ぎ去ったと終わらせる問題ではない」と国家間の合意を一国の大統領が否定する。ならば日本は、広島・長崎の被害者は永遠にアメリカに個人補償を繰り返さなくてはならない。それは数万人にも達する。

何だか判らないが今、韓国では日本製品の“不買運動”が起きて盛り上がっているらしい。ボールペン・鉛筆・スポーツシューズからソウル地下鉄まで日本製品なのに詰らぬことをする。韓国にはカメラメーカーが無い。こういう精密なものはできる筈もなく韓国にはその素地が無いのが実情。

不買運動の映像・画像はソニーのビデオ機器、レンズはキャノン、三脚はベルボン(週刊新潮08・29日号)、みんなみな日本製。トランプ・金正恩の板門店会談は北朝鮮のカメラマンはキャノンのカメラを持って右往左往していた。筆者は理数系はとんと駄目だが、やや国語力はある。韓国の今は“竜頭蛇尾”と云うに相応しい。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/8/30  21:53

労働組合金庫  身辺世相
筆者の私は、昭和40年代、読書好きとして松本清張の社会派推理小説を卒業!?したあと川端康成・三島由紀夫に耽溺した。共に文章の名文家といっていい。当時の文庫本は8ポイント43字詰めで17〜18行あたりか。今も黄ばんだ文庫本が多数残っているが目が衰えて読めない。CМの文句ではないが「字が小さくて読めない!」。の類だ。

今もそうだが、小生はいささか単純なので三島由紀夫の国粋主義に感化され昭和46年01月の築地本願寺での三島由紀夫の葬儀にも参列したくらいだ。だが国粋主義・天皇神格化主義に染まったわけでもない。武道館のそばにある「九段会館」での“憂国忌”に参加したこともある。だが思想・哲学での保守主義・国粋主義など殆んど解り様がない。それほど頭は良くない。顔はいいが?

時代は過ぎて平成07年、「ウインドウズ95」が華々しくデビューした頃は、小企業であっても印刷業界の現場は技術革新の真っただ中、雇用主が今まで会社に貢献してきた“鉛の活字の文選・植字”職人が自然に辞めて行くような朝礼での挨拶があり、さすがに「飲む・打つ・買う」が趣味の職人も黙っている訳にはいかなくなった。労働組合を結成した。だが最後は怖気づく小心者が多数で組合参加者はたった二人の寂しいものだった。

 嘗て吾れ労働組合の闘士にてニュースの「頑張らう」に右手ピクつく
 日比谷より大手町までの緩きデモ歩道行く人々見て見ぬふりす
 警察官とデモのリーダーの口喧嘩遠目に見てゐき傍観者の吾れ
 製版部署解散なればイデオロギーなど構つて居れず怒号交はしき
 
当時の連合の会長は鷲尾悦也、この労働者側の先頭は東京大学出身者だった。今の連合会長・神津里季生も東大卒。経営者側は、学歴は六大学、バランスがとれているが、労働者側は東大等、高学歴だった。そうして彼らは、一丁上りのあとは昔は社会党の代議士、公益法人勤務。そのあとは「勲一等旭日大綬章」を授与。今思うと“何だかなあ”の回顧。昔の国鉄のような今はストライキが無い。大半が専従の人の人件費なのだが「労働関連の金庫」には膨大な資金が貯まっている筈。

添付は高輪付近の幽霊坂から撮影した東京タワー。港区三田は寺の町。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/8/19  23:39

池上彰  身辺世相
数年前からNHK出身の記者で池上彰がブレイクした。このブログでも池上に関しては昨年12月にも記述した。テレビ朝日の「学べるニュース」、「そうだったのかシリーズ」で、見逃しがちな政治・世界の動きなどが解りやすく解説して評判になって視聴率も多分良かった筈。

後発のテレビ東京の「池上彰の世界を見に行く」は、番組制作のスタッフいいのか、或は日本史・世界史の常識的なことは知悉している宮崎美子、アメリカ人のパックンなるタレントの出演もいいのか、なかなかの番組だ。ここでは日本人の知らない“中央アジア”の独裁国家をも紹介した。

何年も前から池上彰の番組は必ずソニーのビデオデッキで録画。寝る間際に、CMを飛ばしながら見ている。昨日、土曜日のテレビ朝日の「今年前半のニュース解説」出演の池上彰は、心なしか頬がコケているように思えた。早速やはりこの事実に気が付いたらしくインターネットでは直ぐ取り上げられていた。今年01月02日の「皇居一般参賀」が、撮れたてで夜、2019年の新天皇・参議院選挙などを解説していた。池上はまだ頬はコケて居らず首回りもぴっちりしていた。

筆者の勤務していた(中小企業だが)会社の専務取締役が半年で頬がげっそりとなり一年半の闘病で膵臓癌で49歳で死去した。平成03年だったのでもう28年が経過した。池上彰は67歳、時事解説という新しいジャンルを開発したテレビ界の寵児だと思う。土曜日の番組では滑舌は悪くない。単なる体調不良
で“癌”などではないことをひたすら願う。

クリックすると元のサイズで表示します
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ