2020/12/31  23:39

赤チン  身辺世相
例年、NHKBSでは大晦日に往年の洋画を何本も放映する。今年も「マイ・フェア・レディ」「ウエスト・サイド物語」「ゴッドファーザー1・2・3」と映画の録画派は忙しい。ゴッドファーザー1・3」は数年前に録画してあったので、特にTのマーロン・ブランドがいいのでDVDを取り出して再び見ている。往年の名画がデジタルリマスターで修復されているのでとにかく鮮やかな映像だ。大晦日のNHK紅白歌合戦は昭和の時代はよく見たが、今の流行歌は横文字とパフォーマンスでさっぱり判らない。演歌の実力派の福田こうへい・島津亜矢が外されているのが納得できない。

自分のブログを検索したら以下の5本のNHKBS録画を記述していた。

1968年『さらば友よ』アラン・ドロン、チャールス・ブロンソン
1969年『シシリアン』ジャン・ギャバン、アラン・ドロン
1970年『雨の訪問者』チャールス・ブロンソン
1971年『レッド・サン』チャールス・ブロンソン、三船敏郎、アラン・ドロン
1972年『ゴッドファーザー1』米 マーロン・ブランド、アル・パチーノ

12月29日には「三船敏郎生誕100年」の特集があった。つまり1920年・大正09年の生まれだった。戦争体験、俳優になる切っ掛け、黒澤明との出会い、志村喬との交遊等等。長男の三船史郎が解説していた。三船も黒澤も父が偉大すぎて息子は影が薄い。黒澤久雄も父の遺産で食っているのか。

12月20日の「日刊スポーツ」の後半に興味深い記事があった。“赤チン”という筆者の世代では懐かしい消毒液のメーカーが生産中止というニュース。唯一生産販売していた三栄製薬が終了する。これも懐かしい昭和の名残で正式名は「マーキュロクロム」。原液を高度の精製水に溶かすと赤色になったらしい。人体に影響ないが有機水銀剤が含まれるらしく、これも消える原因らしい。往時は手軽な消毒薬で100社も生産していた。今はマキロンという無色透明?の塗り薬が幅を効かせている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/12/29  22:34

なかにし礼  身辺世相
作詞家・なかにし礼が12月23日82歳で亡くなった。作詞に限らず直木賞作家でもあり、テレビ朝日「ワイド・スクランブル」のコメンテーターでもあった。数年前に食道がんの治療でテレビ出演を休業した。持病の心臓に悪いとのことで高額医療の陽子線治療を受ける。その後、癌は寛解、テレビに復帰するが心臓も悪くペースメーカーも埋め込んでいた。心筋梗塞82歳。なかにしの好きな10曲のうち本人の作曲が3点あり多才である。なかにし礼は満洲からの引揚者、実兄の放蕩もあって幾多の修羅場を潜っている。『昭和史が面白い』(文春文庫)では半藤一利、藤原てい(新田次郎妻・藤原正彦の母)との鼎談で過酷な満洲引揚げの事実を語っている。

◇筆者の好きな歌謡曲
涙と雨に濡れて(作曲・なかにし礼)フランク永井・松尾和子
恋の奴隷(作曲・浜圭介)奥村チヨ
石狩挽歌(作曲・浜圭介)北原ミレイ
時には娼婦のように(作曲・なかにし礼)黒沢年男
愛のさざなみ(作曲・浜口庫之助)島倉千代子
ホテル(作曲・浜圭介)島津ゆたか
今日でお別れ(作曲・宇井あきら)菅原洋一
花の首飾り(作曲・すぎやまこういち)ザ・タイガース
君は心の妻だから(作曲・鶴岡雅義)東京ロマンチカ
知りすぎたのね(作曲・なかにし礼)ロス・インディオス

2020年の著名な物故者
小松政夫78・俳優、中村泰士81・作曲家、筒美京平81・作曲家、守屋浩81・歌手、渡哲也81・俳優、大林宜彦82・映画監督、宮城まり子93・ねむのき学園、山本寛斎76・デザイナー、久米明94・俳優、梓みちよ76・歌手、CWニコル79・作家、野村克也84・プロ野球、宍戸錠84・俳優。
新型コロナの死者
志村けん70・俳優、岡江久美子63・俳優、岡本行夫74・外交評論家、羽田雄一郎53・政治家。
2020年自殺者
竹内結子40、芦名星36、三浦春馬30、木村花22

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/12/2  22:46

学術会議  身辺世相
国会でも取り上げられた「日本学術会議」だが、菅義偉内閣を攻める野党は喜んだのも束の間、早や下火。憲法の「学問の自由」を侵すとの主義主張はまさに藪蛇だった。学者の6人の推薦が内閣に拒否されたのが学者は面白くなかったらしいが、ことは学者の面子など関係ないほどのその実態が解ってきて、反対勢力が大人しくなったのは、すなわち日本の学者が中国の軍事計画に加担していたことが明らかになってきたからとは由々しき事態。野党勢力の国会質問も鈍ったのは当然。

そういう筆者本人もその実態を知ったのは、週刊新潮の4週に亘る中国の「千人計画」の告発。政治もメディアも日本の軍事計画には敏感に反応するのに隣国・中国の軍事大国化、覇権国家の凄まじい発展・攻勢には目を瞑っている。日本や欧米各国が中国をいわば下請け工場としたばかりにドルを溜め込んだ。西暦2000年以前は、中国は、人口は多いが大人しいアジアの国だった。だが(登+オオザト扁)小平(とうしょうへい)の号令一過、経済は資本主義、政治権力は中国共産党・人民解放軍。なにしろ13億人の潜在能力のある国だった。資本主義経済になって短期間で一気に発展。世界各国が見過ごせない恐ろしい国になった。

中国の半導体技術、宇宙開発、軍事技術は、殆ど日本・アメリカ・旧ソ連邦からの技術の盗用。つまり日本国内では軍事研究は認められない分、多くの日本の学者が中国の研究機関に高額の報酬で雇われ、知らず知らずのうちに日本の技術が中国を応援する恰好になった。日本にはスパイ防止法、有事立法などない能天気な国。日本の学者は中国のIT技術の草刈り場となっていて、学者は都合の悪いことは政治家同様知らぬフリとなる。正義論・精神論のアカデミズムの方々は政治に関与すべきでない。関与するなら「学術会議」の国家からの報酬は辞退すべき。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/11/28  23:44

ドリームマッチ  身辺世相
日本中央競馬会のサラブレッドの競争など興味のない人は多いだろうが、競馬歴50年の筆者には、明日の「ジャパンカップ」は、後にも先にも二度と無いだろうと思われるレース。三冠馬3頭、菊花賞馬2頭、ダービー馬1頭が参加するのでテレビ観戦だけだが興味津津。

サラブレッドの年齢に4〜5を掛けると人間の年齢。3歳は人の10代後半。三冠馬とは馬の3歳時の一生に一度のチャンス、4月の皐月賞2000m・5月の東京優駿(ダービー)2400m・10月の菊花賞3000m。これをむろん同一年で勝った牡馬の称号。牝馬三冠は4月の桜花賞1600m、5月のオークス2400m、10月の秋華賞2000m。それが今年、牡馬・牝馬ともに出現。三冠馬は10年に一度の割合で現れる狭き門だからこれは特筆される。牡馬は「コントレイル」、牝馬は「デアリングダクト」。この2頭はデビュー以来無敗なのでこれもびっくり。

これに一昨年の三冠牝馬・アーモンドアイも参加。共同馬主の取り決めらしくこのレースが最後。このアーモンドアイは、2018年のジャパンカップ、昨年・今年秋の天皇賞、春のヴィクトリアマイル、他にドバイターフという海外のグレード1レースも勝利していて8冠馬とNHKのニュースでも話題になった。スポーツ新聞など人気球団・巨人が昨年に続きソフトバンクに4連敗で記事にして報道しようもない。否応もなく秋の競馬の記事が満載だ。スポーツ新聞が人間以外とはだらしが無い。

コロナ禍で場外馬券売場も制限、府中競馬場入場も制限されている。だがネットの普及で中央競馬会の売上は減らないらしい。会員登録の手続きは簡単らしくネットの馬券購入が爆発的に増えている。20代の後半、船橋の中山競馬場には足繁く通った。大儲けも少し大損も少し。ネットの購入は安易すぎて手を出せない。ともあれ寺山修司や大橋巨泉があの世でびっくりしているレースなのは間違いない。明日はアーモンドアイが勝つ可能性大だが、ここ2年使い詰めの気もして敗ける可能性も大いにある。今年の雌雄2頭の三冠馬は無敗なのでどちらかが負ける。ファンもそうだが生産者・馬主も今夜は寝られない。

添付はオリンピックファイヤー。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/11/2  23:54

インテリジェンス  身辺世相
昨日「大阪都構想」の是非を大阪市民に問う選挙があって、又も否定派が上回った。大阪は商業の街、物質的な損得の曖昧なことは容認できないらしく意外に保守的でもある。大阪市の地図の海に近い中心地は赤く塗られて否定、ベットタウンの大阪北東部は改革派が多かった気がする。ともあれ橋下徹が府知事になるまでは大阪の市の職員は既得権益を貪っていたらしい。

昨日は午前中、熱田神宮─伊勢神宮間の大学駅伝を観て、午後は中央競馬の秋の天皇賞を観た。牝馬5歳の「アーモンドアイ」が昨年に続き勝利、史上初めての“G1”八冠に輝いた。牝馬なのでもう引退したほうがいい。牡馬を負かすほどの牝馬は、強いサラブレッドを産まない傾向が大。

日本学術会議の問題で菅内閣の試練となっているようだが、与野党もその内容を把握しているのに隔靴搔痒の感。アメリカのシリコンバレーと同じく、日本の優秀な学者は、高額な報酬で中国から引き抜かれ、科学技術を盗られ放題らしい。なにしろ日本は“有事立法”や「スパイ防止法」すらない。中国はアメリカ、オーストラリアの内部に食い込んで癌細胞のようにジワリシワリと侵食している。

この日本学術会議はここ三週にわたって週刊新潮が特集を組んでいる。昔も今も島国日本はインテリジェンス(情報収集)に無頓着。正義感溢れる?日本の学者はパソコン・GPS・レーダーなど戦争の研究から開発されたことをどう思っているのか。米中露欧はすでに宇宙戦争が始まっているのに長閑なものだ。やっと防衛省に宇宙を見据えた予算が計上された。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/10/1  0:37

正代正代  身辺世相
正代正代(しょうだいまさよ)さんは大関に昇進した正代の祖母の本名で面白い。木曜日のNHK「日本人のお名前」に紹介されるだろう。三場所32勝だが、見事な優勝で、熊本県で初、東京農大出身者の優勝も初。

来年、多分この正代と朝の山は横綱になると思う。白鵬・鶴竜のモンゴル勢は今年いっぱいで引退の筈。力士の名前が覚えられないが隆の勝、琴勝峰など有望な力士も出て来た。来場所幕内に復帰する琴ノ若の祖父は横綱琴桜。一番有望な力士は若隆景、言いにくい名前の力士だが祖父が、若葉山という昭和の力士だった。

力士の休場が11人と多かった。全休は3人、途中出場2人は立派。怪我の休場が多いのは、昔のような“阿吽の呼吸”が少なくなってガチンコ相撲が増えたからだと思う。この辺で相撲協会も少し考えたらどうか。土俵の高さを半分くらいにして土俵の周囲をもう少し拡大すれば怪我は少なくなる筈。体重も上限150sくらいにすれば、もっとキビキビした相撲になる。貴乃花を排除した相撲協会ではそれも無理か。朝の山と正代に怪我の無い相撲を望む。

白鵬の44回の優勝など誰も評価していない。曙、武蔵丸、武双山などが居なかったら貴乃花は50回くらい優勝した筈。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/8/19  23:47

太郎の国の物語  身辺世相
安倍総理大臣の体調が思わしくないらしい。平成24年暮から8年間、その座にある。憲法改正や拉致被害者問題が片付かないので大いに心残りがあるだろうが、これは来年の自民党総裁任期前に多分辞任されるだろう。朝日新聞・東京新聞のようにとにかく反権力を標榜する新聞は喜んでいる?に違いない。だがまた民主党が政権に復帰する筈もない。総理自らが“コロナ禍”に判定負けに過ぎない。

折しも丁度いい具合に二つに分かれた民進党がまた縒りを戻すことになって、左筋の方々は「シメタ」の心境だろう。筆者も平成06年から六年間、労働組合を経験したが、つづまりは労組もただの既得権の組織、が経験者の感想。旧民主党は韓国を真似して「共に民主党」のネーミングは止めて欲しい。単に「新民主党」でいいのではないか。福島原発事故のときの官房長官が枝野幸男、この福耳の代表は弁舌爽やかだが総理大臣には貫禄不足。サミット(7大国首脳会議)で世界の首脳と対等に雑談さえできる政治家が求められる。

残念ながら泥船を修理しただけの新民主党に人材は枯渇、政治はリアリズム、岸田文雄、河野太郎、茂木敏充など中身も見た目も才能がある政治家の登場が急務。

今、司馬遼太郎の『太郎の国の物語』を毎日見ている。江戸末期から明治時代の近代国家を成し遂げた「明治」のリアリズムを讃えている。1989年放送らしいから平成元年。DVD3本組で確か12000円くらいだった気がする。アマゾンのネットで今、4万円もする。江戸時代末期にオランダに特注した蒸気船・咸臨丸で勝海舟、福沢諭吉がアメリカを訪問したことなどに解説が及んでいる。「坂の上の雲」を執筆しただけに殆ど資料無しで一人語り。近代国家を作った「明治時代」を絶賛している。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/8/16  16:41

夏のセレモニー  身辺世相
8月上旬は東北四大祭りだが本年は縮小・中止だったのは残念。06日・広島原爆、09日・長崎原爆、12日・日航機事故、15日・終戦記念日だった。都市部以外では旧暦の盆、13日に迎え火を焚く。今日16日は先祖の魂を送る。これで日本全国夏のセレモニーは終わった。

戦争の「昭和史」は、専門家の論考でも敬遠されがちなのに素人の論考では到底見向きもされない。平成時代に入ってから「昭和史回顧」というジャンルが意識されるようになったが、戦争に関わることは保阪正康という先駆者の成せる業だった。今では手にすっぽり入るテープレコーダーだが、なにしろ昭和の時代は肩で背負う程のオープンリールではなかったのか。旧軍人3000名にインタビューは先駆的記録。それも個人的に丁寧に手紙を書いての依頼だったらしい。今それら戦争に関わった高級将校はもう居ない。

一般の読者はこういう泰斗の著作であればこそ昭和の戦争の疑念も少なからず解消される。筆者には自分の追及する道筋に資料を案内してくれるのが実情。ずばり『昭和史入門』もある。太平洋戦争といえば原爆投下、東京大空襲、沖縄戦の極めて悲惨な具体的事実に触れれば、その原因に嫌でも触れる。もう一つ上の原因になれば愚かな軍人・政治家の所業にふれる。だが戦争の追及は多分そこまでだろう。戦争はそれ自体が“絶対悪”だから戦争を否定して普通なら追及はそこまで。日本の戦争の論考はそこから先は学者の世界だった気がする。

戦争の惨劇・悲劇は、劣悪な戦争指導ゆえだが、エリートと言われる高級将校やそれに引きずられた政治家、世相にも責任はある。だが戦前は殆ど自存自衛、皇国臣民、神州不滅、鬼畜米英という精神論一辺倒だったのが310万人の死者となった遠因だ。物理的結果は愚かな国家的“全体の空気”の果てだっただろう。具体的物理的悲劇には具体的物理的決定の原因がある。先ずは日本兵のみすぼらしい軍服と武器がこれを物語る。いささかの訓練と三八式歩兵銃と手榴弾を持っての肉弾戦。世界を相手に戦争を挑む国力など最初から無かった。試験で勝ち上がってきたエリート軍人は否応なく招集された兵隊を鉄砲の玉のごとく消耗品として消費したのが現実。

 一兵卒哀れなるかな扱かれてひたすら歩いて黄泉の国へも

添付は門前の盆飾りとヒメイタビ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/6  23:59

大正7年・1918  身辺世相
戦前、陸軍のエリート軍人でなければ入室出来なかったのが千代田区三宅坂の参謀本部作戦課。軍事機密に関わると言われればそうだが、今の各省庁の本流の居場所以上の存在で、殊に参謀本部は陸軍部のヒエラルキーの頂点。それがゆえに軍事に関することは、他人の意見に耳を傾けることのない傲慢な存在だった。下からの情報をないがしろにしたがゆえに裸の王様、つまりは日本の戦争は残酷な結末を迎えた。軍事エリートは専門職で国のリーダーではない。明治維新を成し遂げた長州・薩摩の偉人と比べるべくもない。

以前「インパール作戦小論」の結末部分で陸士(陸軍士官学校)22期と25期の乖離について少しく触れた。22期は1910年・明治43年、日韓併合があった。世は日露戦争の勝利に酔いしれていた。25期は1913年・大正02年、「大正政変」の年。3年の相違で戦争の捉え方が違っていたように思う。

筆者の母親は大正07年・1918年生。この前後にロシア革命、平民宰相・原敬(はらたかし)登場、パリ講和会議に参加と昭和の激動の予兆があった。どうやら大正時代の中間地点に軍部独裁の芽が擡げたように思う。これが最近の筆者の「探索考」の理解。

1904 日露戦争終結
1917 ロシア革命
1914〜1918 第一次世界大戦
1918・大正07年 原敬首相就任、石原莞爾陸大30期卒
1919 パリ講和会議
1920 国際連盟加入
1921 ワシントン海軍軍縮会議、四カ国条約、日英同盟破棄
1921 原首相暗殺、バーデンバーデンの密約(薩長派閥打破の密約
1922 ワシントン海軍軍縮会議、九カ国条約
1923 関東大震災

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/6/11  23:58

哀悼・横田滋氏  身辺世相
06月05日に拉致被害者・横田めぐみさんの父の滋さんが亡くなった。我が子のこととは云え、長年の拉致被害者のために命をすり減らしたのには哀悼の意を表するのみだ。モンゴルでめぐみさんの子・横田氏の孫と会うことが出来たのは不幸中の小さな幸いだった。自分の子のためにだけ北朝鮮に渡ることは控えた真摯な態度は称賛される。日銀勤務だったとは云え、収入・年金などは当初は大方、運動に捧げたのだろう。

関東の人間だが、関西の読売テレビで活躍する辛坊治郎氏が折に触れて発言するのがいわゆる“左筋”の進歩的文化人のいい加減な対応。拉致被害者の5人が帰国したとき、金正日が国家的誘拐を認め謝罪して「拉致」を認めた。「そんなことは絶対ない」と言い張ってきたメディアと進歩的文化人は、帰国の際の番組で一斉に俯いて何も言えなかったことを辛坊氏は度々指摘している。その文化人は筑紫哲也、鳥越俊太郎、田原総一朗だったようだ。

拉致された1977年から脱北者の証言で1997年、北朝鮮の拉致が発覚するまで20年間、横田夫妻は自分達でチラシなど作成、頑張って来た。野党は当然、自民党すらも政治家・メディアは無視してきた。最初に報じた産経新聞は当時、袋叩きにあった。社会主義の好きな多くの政治家・文化人は韓国などの「でっち上げ」と言って憚らなかった。そのことを横田滋氏の双子の息子の哲也氏が、鋭く指摘した。

≪一番悪いのは北朝鮮ですが、問題が解決しないことに対して、ジャーナリストやメディアの方の中には、安倍総理は何をやっているんだ、というようなことをおっしゃる方もおられます。ここ2、3日、北朝鮮問題は一丁目一番地だというのに、何も動いていないじゃないか、というような発言をメディアで目にしましたが、安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。安倍総理、安倍政権は動いてくださっています。やっていない方が政権批判をするのは卑怯です。拉致問題に協力して、様々な覚悟で動いてきた方がおっしゃるならまだわかるが、ちょっと的を射ていない発言をするのはやめてほしいと思います。≫(日本放送ニュースオンライン参照)

当事者の横田家の人に言われてもテレビ朝日、TBSなどは白を切るしかないようだ。なぜなら新聞・テレビは政権を常に批判、外交問題などは、自分たちは一番安全なところからでしか発言しない。その懐に飛び込んで中東などでは、後藤健次、山本美香、中村哲、秋元豊氏などが命を落としている。その意気込みくらいは見習ったらどうか。画像はネットの無断使用、許されたい。

クリックすると元のサイズで表示します
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ