2018/8/8  22:24

諜報後進国  身辺世相
アメリカのトランプ大統領がだいぶ張り切っていて周囲の人間はどうやら困り果てているようだ。比較的まとものようなティラーソン国務長官も更迭して、今はCIA出身のポンペイオ国務長官。だがこの情報機関トップ出身の人物の言うことを正しく理解しているのかも疑わしい。

情報衛星で北朝鮮が核廃棄など考えていないことが明確になっている。北朝鮮の国自体が破産寸前なのに“核”だけは絶対放棄しないのは素人でも理解できる。GDPが日本の一つの県単位程度でも国民の生活など顧みないのが実態、どこかで破綻するのは目に見えている。

日本海に押し寄せて来る漁船は冷凍庫すらない。板門店に逃げ込んだ北朝鮮兵士の消化器から韓国では百科事典でしかお目に掛かれない“回虫”が出て来たとは!これでは終戦前後の日本より始末が悪い。だが小国ゆえの諜報関連の技術は長けているようだ。先進国日本は、衛生事情は抜群だが、こと諜報に関しては後進国、日本の敵は外国ではなく国内に蔓延!?している平和勢力。有事を想定して情報収集しても権力は批判されるのが事実。

蔵書紹介15 スパイ・諜報関連 単行本四六判(127×188)

◇『暗号 原理とその世界』長田順行 ダイヤモンド社 昭和46年
◇『ゾルゲ東京を狙え 上・下』ゴードン・W・ブランゲ
 千早正隆訳 原書房 1985年
◇『諜報戦 陸軍登戸研究所』斎藤充功 時事通信社 昭和62年
◇『日本の暗号を解読せよ』ロナルド・ルウィン 白須英子訳
 草思社 1988年
◇『CIAスパイ装備図鑑』キース・メルトン 北島護訳
 並木書房 A5変形判 2001年
◇『バルト海のほとりにて』小野寺百合子 共同通信社 2005年
◇『スパイ事典』リチャード・プラット 川成洋訳
 あすなろ書房 A4変形判 2008年
◇『イラスト図解 フリーメイソン』日本博識研究所 2009年
◇『フリーメイソンの秘密』株式会社レッカ社 PHP 2010年
◇『朝日新聞の中国侵略』山本武利 文藝春秋 2011年
◇『CIA極秘マニュアル』キース・メルトン、ロバート・ウォレス
 北川玲訳 創元社 2013年
◇『昭和陸軍謀略秘史』岩畔豪雄 日本経済新聞社 2015年
◇『ドクター・ハック 日本の運命を二度握った男』中田聖一 平凡社 2015年
◇『盗まれた最高機密』山崎啓明 NHK出版 2015年
◇『太平洋戦争裏面史 日米諜報戦』平塚柾緒 ビジネス社 2016年
◇『日本のスパイ王─陸軍中野学校創設者・秋草俊少将の真実』斎藤充功
 学研プラス 四六判 2016年
◇『陸軍中野学校』山本武利 筑摩書房 2017年

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/7/21  21:15

哀悼・橋本忍  身辺世相
ここ一週間、いわゆる有名人の訃報に接している。
13日、浅利慶太85歳・演出家、15日、生田悦子71歳・女優、18日、常田富士男81歳・俳優、19日、橋本忍100歳・脚本家。

橋本忍は黒澤明作品の共同脚本の常連で「羅生門」「生きる」「七人の侍」「隠し砦の三悪人」が著名。「砂の器」「八甲田山」も大ヒットした。「砂の器」の主人公を演じた加藤剛も06月下旬死去している。昨年大晦日にデジタルリマスターを施された「七人の侍」が放送され録画した。昭和29年の作品で半世紀が経つ。あらすじは知悉しているが、週に一度は見る。何度みても破綻のない作品。「生きる」と共に志村喬の最高傑作。

月末の仕事の原稿が到着。ブログ記述は暫時休みます。

蔵書紹介07 東京人』 都市出版 B5判月刊誌

H30・2018・02「兜町・茅場町を楽しむ本」
H29・2017・11「高架下の誘惑」
H29・2017・09「阿久悠と東京」生誕80年・没後10年
H29・2017・06「銀座120の秘密」
H28・2016・09「よみがえる東京」
H28・2016・07「都心の森を歩く」
H27・2015・09「ヤミ市を歩く」戦後70年
H27・2015・08「船でゆく東京水上散歩
H27・2015・06「ハンサムな女たち」
H27・2015・07「歌謡曲の東京」
H27・2015・01「東京駅とまちの100年」
H26・2014・02「TOKYO1944」
H25・2013・01「空から見た東京の今昔」
H25・2013・12「財閥人列伝」
H24・2012・09「1972年」
H24・2012・07「茶の湯を愛した富豪たち」
H24・2012・01「軍都東京の昭和」太平洋戦争開戦70周年
H23・2011・06「歴史で歩く東京の公園」
H22・2010・04「江東区を楽しむ本」
H22・2010・08「東京の川を楽しむ」
H22・2010・10「悪女」時代を惑わせた妖花たち
H21・2009・09「昭和の東京 向田邦子・久世光彦
H21・2009・08「踏切・鉄橋・ガード」
H21・2009・03「貨物列車と東京」
H19・2007・10「後藤新平」生誕150年
H18・2008・10「アウトロー列伝」
H19・2007・08「東京の橋100選
H19・2007・04「東京は坂の町
H19・2007・05「昭和30年代 都電のゆく町」
H18・2006・08「昭和30年代、東京」誰もが夢を持っていた時代
H18・2006・05「松本正清張の東京
H17・2005・08「昭和40年代街角写真帖
H15・2003・03「たてもの保存再生物語」
H14・2002・06「庭とお屋敷見学ブック」
H14・2002・02「国鉄のおもかげ」
H12・2000・01「昭和の暮し再発見
H12・2000・04「昭和モダン建築」
H10・1998・10「東京の町並み大研究」

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/7/17  22:23

ワールドカップ  身辺世相
サッカーのワールドカップが終わった。フランスが優勝したと言うが、あまり感激もない。運が良かっただけではないのか。クロアチアはPK合戦などで体力的にヘトヘトだったのが主な敗因。だが力を鼓舞する野球やラグビー・ボクシングなどに比べて45分・45分スピードと瞬発力を駆使して動き回るサッカーが世界中で歓迎されるのは納得する。何より勝負が解り易いこと。

日本人として聊かの違和感があるのは、選手の腕のタトゥー。刺青は日本人にはアウトローの世界の産物。アルゼンチンの人気者のメッシの右腕は観ていて気持ち悪い。予選リーグでのポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドの鋭くカーブしたシュートは圧巻だった。この選手は年2回献血するとかでタトゥーはしない。

蔵書紹介04

◇昭和の歴史 小学館文庫 1988年
 1昭和への胎動 2昭和の恐慌 3天皇の軍隊 4十五年戦争の開幕
 5日中全面戦争 6昭和の政党 7太平洋戦争 8占領と民主主義
 9講和から高度成長へ 10経済大国
◇日本史の社会集団 小学館文庫 1990年
 1古代豪族 2王朝貴族 3中世武士団 4大名
 5町人 6ブルジョアジーの群像 7労働者と農民
◇現代短編名作選 日本文芸家篇 講談社文庫 昭和54年
 1織田作之助他 2林芙美子他 3高見順他 4今東光他
 5阿部知二他 6北杜夫他 7伊藤桂一他 8小川国夫他
 9坂上弘他 10井伏鱒二他

添付は琵琶湖竹生島港

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/6/19  20:28

ハラスメント  身辺世相
働くことが無くなった人間には、上司も部下もいないから気楽なものだ。これで預貯金が無い貧乏暮らしでなければ尚いい。

レスリングの伊調馨で最近の世相を賑わしているのがパワハラ。セクハラもマタハラも聞いたことがある。そもそもハラスメントとは「相手を不快に思わせること」らしい。だったら自分が不快に思ったらそれもハラスメントか。

昨年「役立たず」と思ったので「居宅介護」を断った。老人のイヤラシイ視線で若い介護士のこぼれんばかりの胸部、丸い豊かなお尻を眺めたら、これもセクハラなのか。相手が不快に思わなければいいのか。何だか世知辛い世の中になったものだ。筆者のように老人になれば無縁?だが男の欲望の芽を摘むことは如何なものか。

琵琶湖畔の高島市の国道161号沿いにある白髭神社。与謝野鉄幹・晶子の歌碑があった。上の句が鉄幹。下の句が晶子。白髭神社の石碑は、せめて文面の“コケ”の部分くらい削り取ってもいいのではないか!?見苦しい。

 志らひげの神のみまへにわくいずみ  これをむすべば人の清まる

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/6/18  22:18

リスペクト  身辺世相
時々ニュースで目新しい横文字にお目にかかる。日本語でも辞書で調べることがあるのに難儀なことである。パワハラ、セクハラも漸く解って来てやれやれと思うのに雑誌などでお目に掛かるのが「リスペクト」。「敬意を表す」という意味らしいが単なる尊敬語でもないらしい。

政権よりそれを攻撃する野党の議員にリスペクトを感じないなどという場合、使われるようだ。それを言うなら筆者などかなり前から野党のキャンキャン騒ぐ議員には厳しい。政権与党に味方するわけでは決してない。

今夏の大手企業の夏のボーナスは限りなく100万円に近い金額だ。いつも弁明ばかりしている野党には、意外に若者はシビアだ。連合の指示で三つに割れた民進党に幻滅しているのが若者だろう。

添付は湖南市の常楽寺。本堂と三重塔が国宝。数年前から湖東三山に対抗?したのか湖南三山というらしい。JR草津線石部駅付近。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/14  22:41

四国過疎化  身辺世相
まだ「加計学園」の問題で総理の関与だ、どうだと煩いが“総理の関与”に焦点を合わせればそれは聊か疑わしい。長年の友人なのだから「よろしく」「任せとけ」などの会話があったに違いない。でもそこに明確な利益誘導の証拠があれば、それは問題だが、四国に大学の獣医学部を願って15回も跳ね返されてやっと実現したもの。

四国4県の人口は370万人、横浜市と同じ。面積は50対1。横浜に住んでいる人間は、誰も四国に移住しようなどと思う人間は居ない。あるとすれば筆者のような老人で“四国88ヶ所巡り”で余生を過ごしたい人間。序に云えば、東京都江東区の人口は50万人、隣の江戸川区は70万人。計120万人。面積の比較は100対1。

問題の本質は四国・山陰の過疎化。テレビの報道番組では、この岡山理科大学の今治進出を願って頑張った文科省出身の加戸守行・前愛媛県知事を黙殺している。土地を無償で提供して頼んだのは今治と愛媛。

筆者は天邪鬼だが皮膚感覚として太平洋側へ人口が移動して過疎化は僻地に拍車を掛けているのを実感する。今年は田中角栄生誕100年。国土均衡化を画策する破天荒な政治家はもう出ない。そのロッキード事件裁判も、アメリカの陰謀で田中角栄は無罪だったことが明らかになっている。

政権をひっくり返せるような野党も無いのに、審議拒否などして重箱の隅をつつく姿勢は虚しい。「日曜赤旗」を定期購読しているが、日本共産党は、常に政権には赤信号のような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/5/10  22:30

パンピーオ  身辺世相
悲しいかな、筆者は英会話ができない。東京駅で有楽町へ行くのを聞かれて「ネクスト」と答えるのがやっと。This is a pen.のレベルで中学一年生のそれも一学期の話。

ここのところ北朝鮮の融和?が加速している。北朝鮮が「核兵器廃棄」を打ち出して平和志向とは笑わせる。明らかにアメリカへの“命乞い”であるのが実態。なのに日本の政界は、総理大臣の“モリ・カケ”問題オンリーで悲しい。蕎麦屋ならば「かも南蛮」や「うな重」は出て来ないのか。小さい問題だと言うこと。総理と加計学園の理事長が友人であるとの一点で疑惑と喧しい。

北朝鮮へ交渉に乗り込んだのが、今までCIA長官で、国務長官に抜擢されたポンペイオ氏。54歳で“切れ者”らしい。この人物と北朝鮮との交渉は徐々に明らかになるだろう。筆者の素朴な疑問は、NHKは「ポンペイオ」、民放や新聞は「ポンペオ」であること。Michael Richard "Mike" Pompeo。カタカナならマイケル・リチャード・マイク・ポンペオ。だがトランプ大統領の発言を聞いていると明らかに「ポンペイオ」。ネットで検索したら“パンピーオ”が正解らしい。ここはNHKが正しい。

南北朝鮮の中間の朝鮮戦争終結の場所は「板門店」。日本のテレビメディアは実に健気に「パンムンジョム」と言っているが、北朝鮮を昔「朝鮮民主主義人民共和国」と言っているに等しい。朝鮮半島問題でテレビ出演の多い辺真一(ピョンジンイル)氏、中国人の教授・李相哲(りそうてつ)氏は、ハンモンテンと言う。面白い事実だ。

日本のメディアは、その多くが建前論。事実に踏み込まないからツマラナイことで意地を張る。外交的にはG7ではメルケル・ドイツ首相の次に知られた日本の首相。拉致問題が解決するまでは、野党も内向きの問題で終始しない方がいい。政局より先ずは外交だということ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/4/27  22:15

同等一栄  身辺世相
拍手欄にコメントを頂いた。所属短歌会のB・あずさ氏。カナダで暮らしておられる方。芸術家(ピアニスト?)の感性が、小生など考え及びもつかない言葉・表現となって周囲の評価は高く、所属短歌会の有力な新人。母上もその姉(故人)もその娘も歌を詠む。この天邪鬼のブログを鑑賞して頂き、有難い。

B氏より「鍵をかけないなんて、とても治安のよい町なのですね。うらやましい。私の町ではそうはいきません。過去に盗られたものは、財布、植木鉢、傘、園芸用の手押し車…」などのコメントを頂いた。

アメリカ・カナダなどの移民国家では基本的に自分の身は自分で守るのが基本。雑駁な感想だが、日本は一民族・一言語・一文化の同質性の濃い島国。そこに内向きの政治体制があって外部の出来事には必然、論じられない。有事立法もスパイ防止法も無く違法外国人は野放し状態。「東京」は、この無頓着さが平和の実態

拙宅近辺は、農家を継ぐ者が減り、農家の跡地は基本的に300坪があるから、カナダでは考えられないだろうが、5〜6軒に分けられて建売住宅になり、たちまち完売。こうした“よそもの”の家では戸締りが必要だ。筆者の幼いころから比べれば住宅、人口は10倍を超える。温暖で勤務先には困らないことに湘南ならではの話だが…。

昔の専業農家は基本的に戸締り、鍵の存在すらなかった。見たことのない人間が集落に入れば、それが村人に警戒を意識させた。村境には道祖神があってこの小さな石造物は守り神だった。日本の地方では今も“ムラ”は「同等一栄(どうとうひとつえい)が暗黙の了解(富は分かち合うとの意味)。豪邸を建築すれば“あらぬ噂”に耐えねばならない。目立ってはいけないのである。価値観の相違だが、日本のムラのこの個人主義の希薄な実態は非難できない。

小生など老人の独居。家の中で倒れていたならそれは“孤独死”になる。施錠は基本的に無用。最近、就寝時にも施錠を忘れる。だが泥棒さんは入って来ない。財布は枕の下だから心配ない。玄関の傘立てには10本はある。持っていって欲しいほど?

枕元には、一刀のもとに相手を切り捨てる“仕込み杖”!?がある。一度使ってみたいものだ??これは半分冗談だが。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/4/20  21:46

ぼかし  身辺世相
ここ何年か「週刊新潮」と「週刊文春」が、政治家・官僚のプライバシーにまで及んで暴露合戦。この二誌に書かれたらタダでは済まない。このブログで何度も記述しているが、昨年秋の総選挙で、朝日・毎日・東京新聞(読んでいないが)、安倍政権排除で小池百合子を持ち上げていた筈。(H29・10・18)安倍晋三憎しが今の“安倍政権たたき”真因だ。「首相案件」の四文字を出すなら「岩盤規制」も出すべきで、総理が文科省を指導出来ない方が可笑しい。これでは四国四県の過疎化など到底解決しない。

月刊文藝春秋は小池百合子を大いに持ち上げた。面白いのは「新潮45」や「週刊新潮」は反小池だった。ここの処の両誌の暴露記事はいわゆる下ネタで、あまり感心しないが、乗じて厚化粧のオバサン代議士がシャシャリ出てくることには辟易する。自分達で調査も出来ないのに週刊誌の記事で大騒ぎする野党代議士は恥ずかしくないのか、不思議だ。閑話休題。

ここ50年、週刊新潮は毎号購入しているが今日は「週刊文春」も購入した。30年以上、エンターテインメントの小説で第一線の林真理子のエッセイは面白い。「夜ふけのなわとび」は1551回、30年に及ぶ。昔、直木賞選考委員の藤本義一から小説の書き方を知らないとこき下ろされた女性。“ブス”を掲げてのし上がった作家で大したもの。他人の褌を利用する女性政治家は見習いたい。

今回いろいろな“忖度”について語られている。大作家だった「井上ひさし」の妻への暴行を暴露している。これが出版社の忖度だったと手厳しい。テレビの映像に“ぼかし”が多いのは忖度社会の象徴と結んでいてその通りだ。これは過度の個人情報保護法のせい。これに反比例しているのが防犯カメラの増加だ。情報は守られても個人の映像は筒抜け。過度のぼかしは却って想像を産む。

添付は「ガラケー」で撮影した過去のもの。「1111」という車のナンバーなど、ツマラナイ趣味だ。どんなナンバーでも車は動く

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/19  22:31

野党議員  身辺世相
ここのところテレビメディアは何だかおかしい。財務省事務次官セクハラ疑惑の辞任、新潟県の米山隆一知事の買春問題、防衛省の日報問題、「首相案件」とかの加計学園における、柳瀬唯夫秘書官などいわゆる“紙”メディアの週刊誌の特ダネ記事、朝日新聞への官僚のリークなどの後追い。

それにもましてひどいのが野党政治家の政権を奪い取ったかのような露出。ここのところ毎日、ニュースで見るのが立憲民主の辻元清美。常識人!?の筆者としてはあまり貌の造作のことは言うべきではないが、どうもこののっぺりした顔が出てくるとうんざりする。この議員は昔、秘書の給与をネコババして逮捕されて「臭い飯」を喰った筈。序に云えば、立憲民主は、昨年の総選挙で当選した議員のなかに確か、セクハラ・猥褻を指摘された代議士が居た。山尾志桜里はW不倫だ。立憲民主は身内に甘く、政権に厳しい。

野党議員はなんでこうもこんなことで大騒ぎするのか程度が低い。中東では化学兵器が使われ無辜の国民が虐殺されている。日本のメディアは殆ど対岸の火事。野党には国内で労働者の「働き方改革」が切実なように思う。外交問題では朝鮮半島が、今まさに後ろ盾の中国、チョッカイを出したいロシアも睨んで大問題。

何度も言うが筆者は自民党支持ではない。支持したのは昔の「日本新党」「新自由クラブ」。ここは大人しくして「拉致被害者」の救出を待てないのか。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ