2020/10/24  21:39

あと7点  昭和史
アメリカの大統領選挙が大詰めで日本のワイドショーがこれに便乗して大騒ぎだ。テレビは朝昼のニュースの他にはNHKのBS時代劇・BS映画を録画して、これを見ながら寝ることが多い。BSTBS1930の司会者は正義感溢れる人かも知れない。この大統領選挙の方法に疑問を呈して木村太郎からたしなめられている。どんな選挙だろうとそれはアメリカの選択だ。前回誰もがクリントンの勝利のとき、メディアの人間ではっきりトランプの勝利を予言したのが木村太郎。バイデンが有利らしいがどうも78歳でいささか貧相。やはりアメリカ国民はトランプを選ぶだろう。

アメリカを批判するなら中国・ロシア・北朝鮮の独裁強権政治が日本にとっては遙かに有害。テレビ朝日・TBS系列のキャスターは反権力を気取ることが正義だと思っている。権力批判、政権批判は結構だが行き着く先は、反日本になる。そんなに日本が悪い国なら中国や韓国にでも行ったら!と思う。

小生の「戦争の昭和史」は18項目。「A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン」が完成。あと7項目頑張りたい。昭和の軍人の中で政略・戦略のある石原莞爾の挫折に触れた。日本が日米開戦のときの陸海軍軍人は、年功序列の人事で東條英機に代表されるように勉強はできるが、世界情勢を知らぬバカばかりだった。ヒトラー、スターリン、ルーズベルト政略に長けた軍事先進国のリーダーに敵うわけは無かった。この論考のあとがきの主張は決まっている。日本の悲劇は“地理的隔絶性”がすべてを支配した。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死

3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @日米対立の芽 大正時代の分岐点
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算

4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の現実
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機の人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相

8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳>


太字が推敲中で未完成。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/10/18  23:19

戦争論推敲  昭和史
今月になってまだ3回しかブログを更新していないので心配してくれた友人がいる。ただし短歌は持ち前の才能なのに短歌会を退会してしまった。ここのところまだ元気なのに個人・家族の事情で退会する人が多い。その畏友は5年程前に交通事故で大怪我をした。何日か意識不明だった。バイクの当て逃げで犯人は逃げてしまった。再入会を勧めているが、老人の説得に耳を貸す女性ではない。結社の存続という概念が全くない。短歌を詠むのは個人の趣味といわれればそれだけのこと。

筆者の私は個人で「戦争の昭和史」をこのブログで書くと“大風呂敷”を拡げたので今年中に完成したいと推敲している。ここ10日間は昭和12年から16年の日米開戦までを点検していた。20年ほど前に講談社の発行、A4判大変形40数頁の平べったい週刊誌『日録20世紀1937〜1941』を点検していた。これがこの手の週刊誌の先駆けであった気もする。へんな本で、20世紀なのに100冊揃わないうちに終了した。つまり終了時点が1999年だったので1999・2000年がない。98年は平成10年、ホエールズが日本一になった。

小生の「戦争の昭和史」は18項目。最近「B日米間対立 松岡洋右の誤算」を推敲、上梓した。今「A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン」の文章を推敲中。内容は面白くないが人物・軍人の生年月日や項目の月日の確認が意外に戸惑っている。あと8項目頑張りたい。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死
3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @日米対立の芽 大正時代の分岐点
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算
4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達

6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の現実
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機の人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相
8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/10/4  22:55

失敗の本質  昭和史
これまで随分と新刊、古本とアマゾンで購入してきたが、どうやら小生のメールアドレスがいかがわしい業者に漏れたようだ。8月末より20数回、迷惑メールが送られてくる。即ち「あなたのアマゾンのプライム会員の期限が切れました」とクレジットカードの更新をせよ、とのお達し。メールの先頭に「SPAM」と表示されている。筆者は「SPAM」「SMAP」のことはよく知らない。アマゾンの本の購入は現金払い乃至は古本だと「ギフトカード」。クレジットカードを使用したことは無い。この迷惑メールはいつまで続くのか。ツマラナイことをしている連中もいる。パソコンのプロならば真っ当な仕事はいくらでもある筈。

中公文庫で『失敗の本質』がある。昭和史のブログを延々と続けていればこれは再読、三読の教科書。今日のコロナ禍で、この本がまたまた売れているらしい。東北大震災のときも4万部増刷され、今も毎年1万部は増刷されるという。文庫化されたのは、1991年。内容は戦前の日本軍の主な作戦の「失敗の本質」が6点、著わされている。著者は防衛大学の教官。

◇ノモンハン事件─失敗の序曲
◇ミッドウェー海戦─海戦のターニング・ポイント 
◇ガダルカナル作戦─陸戦のターニング・ポイント
◇インパール作戦─賭の失敗
◇レイテ海戦─自己認識の失敗
◇沖縄戦─終局段階での失敗

最後に分析と課題があるが“解決”が示されていない。この手の本には予想もしなかったほどで75万部も売れているらしい。この現象を産経新聞09月17日に5段半の記事だった。特に念入りに読んだのは「インパール作戦」。専門用語で片仮名はいかがと思うが「コンティンジェンシー・プラン」。日本語では「不測の事態の解決方法」とでもいうのか。とくに日本軍はエリート軍人ほど「局地戦と短期決戦」の指揮官の養成を陸幼・陸士で7年間叩き込んだ。つまり常にアクセル全開でブレーキのない競輪用の自転車と同様。思えば大日本帝国は馬鹿な軍人を産み出したものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/26  23:51

現役軍人の首相  昭和史
何度も記述するが、「今更、何で」の疑問符がつくが、やはり太平洋戦争の読解の結論は報告したいと思うに過ぎない。今の世に殆ど建設的なことはない。平成16年の停年前後に買い求めた文庫・新書本が10数年経過して再読の今、存外“膝を打つ”発見になっている。文庫本にまだ帯のない時代のこと。平成時代中期、昭和回顧の本がブームになった。太平洋戦争の関係者は殆ど死没していたが、その家族が自分のホームページを作成して遺した資料を公開した。スマートフォン全盛になるのは平成時代末期。

「帝国陸軍は何をしたのか」で2点「東條英機という軍人首相「東條英機という軍人の周囲」を推敲して再びネットに送信した。赤字は推敲済。

極東の小さな島国が大国の植民地にならなかったのは大久保利通・西郷隆盛・勝海舟などの傑物のなせる業。彼等が成し遂げた日本の明治時代の末期、日清・日露戦争は薄氷の勝利。指揮官の軍人の教育は明らかなミス。気概を持たない暗記力の優れた頭脳優秀な軍人を輩出。

日露戦争の局地戦・短期決戦がカリキュラムだった。世界情勢を進取できない「戦陣訓」のみの軍人官僚が大正・昭和に闊歩した。結果は日本という国は滅びないが焦土と化した。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論

2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死
3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @近現代史の分岐点 大正7年
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算
4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の一考察
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機という人間周囲

7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相
8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/9/18  23:17

エリート軍人  昭和史
09月04日にも記述したことの繰り返しになる。即ち≪筆者は本来の天邪鬼精神を発揮して「戦争の昭和史」を全面的推敲、書き換えている。ビルマ・フーコンで九死に一生を得た芥川賞作家・古山高麗雄氏が保阪正康氏の「日本の軍事指導者は何であんな愚かな戦争をしたのでしょう」の問いに答えた。「軍人はバカだからです。でも勉強はできますよ。机の上の戦争は研究していますよ。だけど人間によっぽど欠陥があったんです」≫の吐露は、忘れることの多い読後だが記憶していた。

しかしエリート中のエリートである軍人は10年間の超のつく教育を施されている。陸幼(陸軍幼年学校)3年、陸士(陸軍士官学校)4年、陸大(陸軍大学)3年。陸幼・陸士は隔絶された施設で13歳から20歳まで。陸大は陸士を卒業したあと、3年から5年ほどの(陸軍少尉)経験した者が受験できる。

その優秀であるべき軍人が1─10の国力差のあるアメリカに戦争を挑んでボロボロに負けた。そのエリート軍人は10年間、何を学んだのかが疑問中の疑問だった。インパール作戦の“バカの4乗”と同じく、エリート軍人の陸士・陸大の教育の実態を告白した書物があった筈だが、やっと昨日、見付かった。

昭和史研究者としても名高い秦郁彦氏の『現代史の争点・文春文庫』だった。その対象の軍人は、明治42年生の陸士42期卒(偶然だか明治時代の生と陸士卒の数字が同じ)の加登川幸太郎陸軍中佐。そのインタビューの翌年1997年88歳で死去。内容は次回。将官クラスではないからなのかかなり赤裸々に告白しているように思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/9/9  23:45

天邪鬼の探索考、その後  昭和史
筆者の私のパソコンの環境は、富士山の望める二階にある富士通のノートパソコン。平成26年購入。一階にソニーのディスクトップパソコン。これは平成20年頃の購入か。文字入力のアルバイト!が無くなったのを潮に、それから八カ月、どうやら全面改訂の『天邪鬼の探索考 戦争の昭和史』は目処が着いた気がする。「はじめに」〜「あとがき エリート軍人の頭脳」まで18項目。

階下のディスクトップのみホームページビルダーの送信ができる。二つは繋がっているので富士通のノートから階下へデータを送れる仕組み。以下の5点を上梓した。以下13点は、何とか10月末までに完成させたい。単なる読解文ではツマラナイ。今年は神田神保町の「古本市」の開催は三密の極地、中止が濃厚だが2〜3冊、無名の兵士の古本でも探し出して個人の「戦争の昭和史」に加え、読めるものにしたい。

◇目次・はじめに
◇1 短歌反論の反論
◇3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
  @日米対立の芽 大正時代の分岐点
◇4 日米開戦に反対した人はいたのか
◇5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達


クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/9/4  14:33

戦争の昭和史・推敲  昭和史
幸か不幸か月末の短歌会の文字入力をリタイア、同時に毎月の6点のカット画像の撮影行脚もリタイアした。むしろテーマを見つけての撮影行脚の方が、明らかに体力勝負で辛い現状になった。酸素ボンベ装填のカートを転がしての港区の坂道の移動は体力の限界だ。それが本年一月の話。ここから以前、ウェブで個人の「戦争の昭和史」掲載していたが、それは多分に昭和史の読解文。

本来の天邪鬼精神を発揮して全面的推敲、書き換えている。ビルマ・フーコンで九死に一生を得た芥川賞作家・古山高麗雄氏の「軍人はバカだからです」の指摘が拠り所。筆者の私が生まれた昭和19年06月はビルマで6万人の兵士が白骨になった。筆者の母親が産まれた1918・大正07年は、せっかく政党政治家の原敬(はらたかし)が出現したのに暗殺された。昭和の戦争の萌芽は大正時代にある。

先ずは「はじめに」、全部で18項目。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論
2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死
3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @近現代史の分岐点 大正7年
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算
4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の一考察
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機という人間周囲
7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相
8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/10  16:33

東條首相面罵事件  昭和史
08月15日「終戦の日」が近づいている。正確にいえば「敗戦決意の日」だが、ともあれNHKを始め太平洋戦争特集がある筈。節目の終戦から75年。当時戦争に関わった下級将校なら存命している人も居る。このブログで何度も決意のほどを披瀝しているが「天邪鬼の探索考 戦争の昭和史」は推敲の真っ最中なので、今、ウェブ上にあるのは中途半端なもの。本年秋口には、新たな項目を増やして新装開店したい。

アマチュアの戦争論なので専門的な軍事機構、その歴史は避けて、その裏事情のありそうな近現代史をウェブ上での叙述を成し遂げたい。最近は新書スタイルの近現代史の出版が多く、一市民には読みやすく値段も手ごろで有難い。日本人の口争いに「馬鹿野郎」があるが、帝国陸海軍に関連する「バカヤロー」には少なから真相がある。以下は天邪鬼の気の付いた骨子とするもの。

・松岡洋右 労働移民からの上昇志向と外務大臣就任。
・近衛文麿 貴族出身の総理・外交の本気と脆弱。
・木戸幸一 天皇への面従腹背、共産主義者ノーマン、都留重人の演出。
・参謀本部の末期 台湾沖航空戦虚偽報告、ポツダム宣言情報の握り潰し。
・インパール作戦、佐藤幸徳中将の激白「馬鹿の4乗
・作家・古山高麗雄の感想「軍人はバカだから
・猪木正道 二・二六事件、川島義之陸軍大臣の「四馬鹿
・田中新一 佐藤賢了と殴り合い、東條首相面罵「バカヤロー」事件
・アメリカ コーデル・ハル国務長官「東條はバカで勤勉で馬力がある」
・昭和15年「日米交渉」の神父来日、実はイギリスの密使
・陸軍軍人のドイツ贔屓、年功序列の戦争。
・アメリカ・イギリス情報の意図的無視と無知
・薩長の維新人物の後退、陸軍士官学校・陸軍大学出身者の登場。
・陸士・陸大の戦術・作戦教育。桶狭間・鵯越・川中島の古典的作戦。
・戦争最前線の貧弱な装備。三八式歩兵銃・戦車など。
原敬・浜口雄幸・犬養毅・永田鉄山(陸軍逸材)・高橋是清・齋藤実の暗殺。
大正07年・1918年の分岐点

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/15  23:48

昭和の失敗02  昭和史
相変わらず果てしの無い「戦争の昭和史」に挑んでいる。ウェブ上にある戦争の昭和史はプロではなく断然アマチュアの近現代史にこだわる者の記述のように思う。筆者の私もその類。実際に戦争に駆り出された人物はおおむね寡黙らしい。戦争最前線のアジアの現地で小さな女の子を殺害せざるを得なかった市民は、無事帰国して子を成しても一生抱く事ができなかったこともあるらしい。

そうした市民を親に持つ家族が遺された資料からHPに纏めて世間に知らしめている例が多い。昭和史の泰斗・保阪正康氏が度々云う“天空のジャッジメント”が、おおよそステレオタイプの戦争論。戦争は残虐で日本の昔は悪かった、で終り。悪かったのは誰、何でとはならないらしい。確かに日本の高級将校は云わば戦争が商売だから間違っても「非戦」「避戦」は言わなかったのが殆ど。戦前、総理大臣に任命されても日米開戦を避けられなかった軍人は多い。昭和15年当時の米内光政・山本五十六・井上茂美帝国海軍トリオ。暗殺されないように国内を避けて洋上に出されたのが真相。神国日本を信じて止まない且つ武器を持っているテロ予備軍の皇国臣民がうようよ居た時代。

強大な予算と人員を動かしていた陸軍軍人は、自分たちが選ばれたエリートで世間一般の人間は“地方人”と呼ぶほどの傲岸不遜で政治家や外交官などの提言など言うことを聞かなかった。土壇場まで何とか日米開戦を阻止したいと努力した政治家も居て、そうした人物の一人が近衛文麿だった。土壇場で総理大臣を投げ出した“軟弱な総理”思われているが、そうではなかったと評価する現代史家の研究も最近は多い。「日米開戦」の真の責任者は、軍人の他にも多い。それを今、再読・三読して一市民の結論を導き出したいが、それすらも小さな不遜と言われそうだ。

添付は先頃亡くなったが鳥居民(とりいたみ)氏の学者の大人しい見解を通り越した内容。そこでは内大臣・木戸幸一の大いなる企みを明解にしている。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/7/5  19:38

昭和の失敗  昭和史
 下戸なれば“夜の街”には縁のなくそれでも暮しは楽にならざり

確定申告では厚生年金以外に収入はなく書き込みは、税務職員に任せて並ぶ順番さえ無ければ楽なもの。だらしなく情けないが、肺気腫の酸素ボンベ使用の生活では、障害者手帳が交付され、医療費は無料になった。ただしどこまでが無料なのか解からない。酒が好きで夜の街の好きな若者は一定の収入があってもコロナウイルスで大変だ。

東京都では毎日三ケタの陽性・感染者があるらしい。人口1400万人の東京では14万人に一人。陽性で亡くなるのは志村けんのように愛煙家で肺が壊れている老人。コロナは偉大なコメディアンを死に至らしめた。筆者も老人で肺病病み。気を付けなければなるまい。

九州熊本の水害は、無惨なもの、まだ地震から完全に立ち直っていないように類推する。コロナ禍で一向に盛り上がらない都知事選挙。この記述は19時30分、多分20時00分で、直ぐに小池都知事の当確・当選となる筈。いわゆる野党系の宇都宮健児氏は、どのくらいの割合になるのか。

短歌会の仕事が無くなったのは“天の配剤”か、お粗末な文章と追及だが個人の「戦争の昭和史」を推敲中。昭和史という分野が確立!?したのは平成時代に突入してからだ。丁度多くの戦争指導者が次々と物故してゆく時代、テープレコーダー持参で寡黙な多くの軍人から聞き取りをしたのが保阪正康・半藤一利・秦郁彦氏などなど。今、素人が基礎とする単行本・新書・文庫を再読。素人には持て余し気味だが、いわゆる高級軍人に抵抗した人物に焦点を当てる。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ