2020/11/20

ザ・エクスペリエンス・アット・コエレA  マウイのゴルフ場の写真集
 [I N]   Par36

10番 (Par4)  Tou 382, Cha 362, Res 340, R 313,   HC 12
 インコースのスタート・ミドルホール。右側はOB、左には林とフェアウェー・バンカーがあるのでティーショットは真中に。グリーン右手前と正面奥にバンカーがありますが、思い切って2オンを狙いましょう。

クリックすると元のサイズで表示します [10番ホール]

11番 (Par4)  Tou 353, Cha 340, Res 321, R 288,   HC 16
 真っ直ぐなミドルホール。ティーショットは多少右目に。風を充分に考慮したショットが必要となります。グリーンまでは上っており、右手前にバンカーがあります。 グリーンの奥にはモロカイ島が眺められる、景色の良いホールです。

クリックすると元のサイズで表示します [11番ホール]

12番 (Par5)  Tou 571, Cha 536, Res 506, R 463,   HC 8
 ティーショットが谷越えのロングホールティーショットは多少左目に。左側には細長いバンカーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します [12番ロング]

2打目は左右にバンカーあるので注意を。グリーンまでは上っており、右手前に1個の左には手前と横に3個のバンカーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します [12番2打目]

13番 (Par3)  Tou 203, Cha 185, Res 166, R 141,   HC 10
 距離の長いショートホール。池がある綺麗なホールで確実なショットが必要です。風の影響もあるので難しいホールです。バンカーは左横と奥にあります。

クリックすると元のサイズで表示します [13番ショート]

14番 (Par4)  Tou 385, Cha 364, Res 341, R 311,   HC 14
 右ドッグレッグの短めのミドルホール。ティショットは少し左目に。2打目はグリーンの左手前が下っており深いバンカーがあるので注意を。バンカーに入らない様に慎重に。

クリックすると元のサイズで表示します [14番2打目]

15番 (Par5)  Tou 557, Cha 543, Res 512, R 395,   HC 4
 多少左ドッグレッグの長目のロングホール。晴れた日は、ティーグランドからマウイ島、モロカイ島が眺められます。ティーショットは多少右目に。

クリックすると元のサイズで表示します [15番ロング]

2打目も多少右目に。グリーンは左手前と右奥にバンカーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します [15番2打目]

16番 (Par4)  Tou 435, Cha 386, Res 349, R 293,   HC 6
 左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは左右の大きな木の間を打ちましょう。グリーン左手前には大きな深いバンカーがあります。グリーンが奥に長いので多少大き目に狙いましょう。

クリックすると元のサイズで表示します [16番2打目]

17番 (Par4)  Tou 444, Cha 418, Res 390, R 334,   HC 2
 比較的短いが難しいミドルホール。ティーショットは80yの豪快な打ち下ろしです。フェアウェーの左は山、右に池があります。慎重に真っ直ぐティーショットを打ちましょう。グリーン手前右側と正面奥にバンカーがあります。

クリックすると元のサイズで表示します> [17番ホール]
[豪快な打ち下ろしのこのホールは当コースの名物ホールになっています。]

18番 (Par3)  Tou 180, Cha 162, Res 142, R 121,   HC 18
 最終のショートホール。グリーン手前には素晴らしい綺麗な池があります。池を越して確実にグリーンを狙いましょう。

クリックすると元のサイズで表示します [18番ショート]

ブレーの後にはクラブハウスのレストランで過ごしては! 飲み物と軽食があります。
クリックすると元のサイズで表示します [コエレレストラン]

当コースの講評:ラナイ島の山に造られた、とても綺麗な素晴らしいコースです。手入れも良く、グリーは日本のベントの様な芝でボールは非常に止まり易く、グリーンを直接狙う攻撃が必要です。 気候も涼しく長ズボン、長袖シャツでもプレー出来ます。
ラフに入るとボールは殆ど見つかりません。ボールも多目に準備しましょう。


      

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ