2020/6/10

フェリーでラナイ島へ  観光ラナイ島
ラナイ島の殆どはドール社(パイナップで有名)が所有しており、パイナップルを栽培する為に開発した島です。1990年に「コエレ・アット・ロッジ」がオープンするまでは観光客は殆ど居ませんでした。翌年に「マネレ・ベイホテル」が建設され、今や隠れ家的な高級リーゾート地となっております。リゾート地以外は赤土の荒野が広がり自然が多く残っています。島の舗装道路は少ないので4WDを借りての観光蛾必要です。

クリックすると元のサイズで表示します[エクスペティション号]
           [写真をクリックすると拡大します]
/  /  /  Mochi Maui 情報箱 ←クリックしてね!

ラナイ島にはラハイナ港から定期フェリー「エクスペディション号」就航しております。料金も往復$50です。  「エクスペディション号」他HPここから 
ラハイナ発   6:45、 9:15、12:45、15:15、17:45、
ラナイ発     8:00、10:30、14:00、16:30、18:45、

クリックすると元のサイズで表示します [ラハイナ港を後に]

マウイからフェリーはマネレ港に到着します。飛行機でホノルルから直接ラナイ空港への便もあります、ラナイ島だけで過ごす人もおります。   ラナイ島の地図ここから

クリックすると元のサイズで表示します [マネレ港]

マネレ港に到着すると荷物を持ちシャトルバスに乗車します。

クリックすると元のサイズで表示します [マネレ港に到着]

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ