2020/12/4

カフマヌ教会とベリーハウス  観光中央マウイ
カフマヌ教会は1832年代に建てられた、マウイで最も古いキリスト教会です。建物は4回改装されており、現在の建物は1876年に完成した歴史ある建物です。

クリックすると元のサイズで表示します [カフマヌ教会]
           [写真をクリックすると拡大します]
/  /  /  Mochi Maui 情報箱 ←クリックしてね!

この教会では多くの人達の結婚式が行われており、石橋貴明、今井美樹等の日本の有名人も結婚式を挙げました。

クリックすると元のサイズで表示します [カフマヌ教会の内]

            ーベリーハウス・ミュージアムー
ベリーハウス・ミュージアムは、ワイルクの発展に功績を残したエドワード・ベリー宅の跡です。現在も修復されており室内を見学出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [ベリーハウス・M]

室内には、当時使用していた家具とう、食器等とハワイ文化の遺品を数多く展示されてます。外にはカヌー等の展示もされてます。

クリックすると元のサイズで表示します [ミュージアム内部]

庭部分はとても広いスペースとステージがあります。ここではフラのショー、コンサート等が随時開催されており、現在もマウイの文化向上の場になってます。

クリックすると元のサイズで表示します[ミュージアムの庭]

2020/12/1

イアオ・バリー  観光中央マウイ
現在は静かな公園ですが、1790年にカメハメハ王が激しい戦いでマウイを征服した時の古戦場跡であります。地理学的には200万年以上前に西マウイが海底から隆起し出来た楯状火山と貿易風がもたらす雨により浸食されて出来た深い谷等貴重な自然が豊富にあります。

クリックすると元のサイズで表示します [イアオ渓谷]

ここは地質学的、歴史的にも重要な地区なのでハワイ州立公園として、自然を保護し管理されてます。ここがハワイかと思える神秘的な場所です。

クリックすると元のサイズで表示します [イアオ渓谷展望台]

反対側の山も鋭い急勾配です。ここで昔しマウイ軍が最後の戦いを行い、カメハメハ軍に敗れ征服された、歴史を感じる事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [渓谷逆側の滝]

ハワイとは思えない景色、静かに川が流れてます。ここから奥へトレッキングコースもあります。トレッキングでは珍しい植物、昆虫等を見る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [イアオ川]

当センターは自然が豊富なイアオ渓谷の川、林に生息の魚・昆虫・植物等を展示しております。 ネイチャー・センターのHPここから

クリックすると元のサイズで表示します[ネイチャー・センター]

イアオ・バリーの入り口にある、ケパニワイ公園はマウイに移住し開拓に従事した日本、中国、韓国他の民族を記念した庭園です。 バーベキューの設備もあり、地元の人達が楽しむ場所になってます。

クリックすると元のサイズで表示します [ケパニワイ公園]

2020/11/28

マウイ・トロピカル・プランテーション  観光中央マウイ
ワイカップ・バレーにある熱帯果物、砂糖キビ、コーヒーやマカデミア・ナッツなどハワイの農産物が栽培されております。場所はワイルクからマアラエアに行く途中にあり駐車場も広くツアーでここに来る人も多い。

クリックすると元のサイズで表示します [正面の入口]

売店ではパイナップルやマンゴ他新鮮な果物を直売しております。大きなレストランもあり、ビュッフェランチもあり、ツアー客も多く来客します。 

クリックすると元のサイズで表示します [広いレストラン]

庭はとても広くゆっくり見学がて出来ます、庭の奥に果物を中心とした畑が広がってます。ここの風車はとても象徴的です。

クリックすると元のサイズで表示します [風 車]

トロッコに乗り園内の種類別に栽培されてる熱帯果物を説明を受け、見学するツアーがあります。(説明は英語です)

クリックすると元のサイズで表示します [見学用トロッコ]

園内には池のある庭があり、池には鴨と鯉が飼われており、餌をあげられる様になってます。子供が楽しめる場所です。結婚式の会場等もあります。

クリックすると元のサイズで表示します [池にいる小鴨と鯉]

2020/2/13

カフルイ空港と港  観光中央マウイ
マウイの玄関口であるカフルイは大型船の入港するカフルイ港からその歴史は始まりました。現在はカフルイ空港を中心に大型ショッピングセンター等マウイの中心として発展しております。カフルイの地図ここから

クリックすると元のサイズで表示します [ハワイアン航空機]
           [写真をクリックすると拡大します]
/  /  /  Mochi Maui 情報箱 ←クリックしてね!

カフルイ空港はハワイの各島からの便だけでなく、アメリカ本土からの便も数多く発着してます。日本からの観光もマウイ旅行の玄関口になってます。

クリックすると元のサイズで表示します [空港・到着ロビー]

空港のロータリーには直接車を停止し、荷物の載せ降ろしは出来ますが、駐車は禁止になっております。近くに駐車場があり、送り迎えの時の車の駐車は駐車場に駐車しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します [出発ロータリー]

現在でも豪華大型客船が定期的に入港しており、豪華客船の旅を楽しまれてます。
大型貨物船も多く流通のポイントでもあります。

クリックすると元のサイズで表示します [港に停泊の客船]

カフルイ港の湾内でではカヌーの競技が行われてます。夕方から実施されてる事が多く、カフルイの港横のレストランでは練習を見る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [カフルイ港カヌー]

2020/2/8

砂糖工場とシュガー・ミュージアム  観光中央マウイ
砂糖キビの栽培と砂糖工場はマウイの歴史に重要なポイントです。一時はラハイナ、ハナ等にも工場があり、稼動しておりましたが。現在はプーネネにあった砂糖工場も閉鎖されました。

クリックすると元のサイズで表示しますプーネネ砂糖工場

砂糖工場の横にはミュージアムがあり、マウイの砂糖畑の開拓の歴史等を見る事が出来ます。移民された日本人の歴史も見る事が出来ます。工場は2016年12月に閉鎖されました。

クリックすると元のサイズで表示しますミュージアム駐車場

小さな展示場で中には多くの写真、小物が展示されてます。書籍の販売、土産品の販売も売店で行われてます。外にはトラックター、耕具の展示もされております。

クリックすると元のサイズで表示します [ミュージアム入口]

カフルイの西側にはキヘイ、マアラエアまで砂糖キビの畑が広がってましたが、現在は閉鎖されており、砂糖キビ畑と砂糖工場がマウイ歴史を築いた風景でした。

クリックすると元のサイズで表示します [砂糖キビ畑]

砂糖工場のある、プーネネからキヘイへはモクレレ・ハイウェーが走ってます。キヘイ、ワイレア方面にはこの道を走ります。砂糖キビ畑が無いと寂しさを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します [Mokulele Hw.]

2020/2/3

カナハ・ポウンド  観光中央マウイ
カナハ・ポウンドはカフルイの大きな沼地で、保護区として管理されてます。珍しい自然の生物を見る事も出来ます。車を止めて中に入る事も出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [ポウンドの駐車場]

中は広くゆっくり観察する事が出来ます。湿地独特の生物や植物を見る事が出来ます。時期によっては蚊が発生しておりますのでご注意下さい。

クリックすると元のサイズで表示します [カナハ・ポウンド]


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ