お引越し  

こ〜ちゃんがお世話になっている病院が、
4月から総合病院として近くに移転し,
3月末に引っ越しました。

引っ越し当日は,
病院のスタッフやDr,学生さんたちも総動員で、
見事なまでの連係プレーで患者さんたちを移送!
新しい病院は,まるでホテルのよう!
病室には,トイレや洗面,テレビ,
冷蔵庫までついていました。

そして新学期!
こ〜ちゃんはいよいよ中学3年生。
担任の先生は,なんと1年の時担任してくれた、
優しくて、いろんなことにチャレンジしてくれる先生!
昨年も、途中からピンチヒッターとして、
こ〜ちゃんのところへきてくれていました。

「さぁ,頑張るぞ〜!」
と思っていたら,4月中旬ぐらいから、
こ〜ちゃんの体調があやしくなってきてしまいました。

低体温だったり,呼吸が弱くなってしまったり・・
ずっとモニターをつけて、
病院でも常時気をつけてみてくれていました。
担任の先生も心配して何度も私に連絡をしてくれました。

Drも、
甲状腺ホルモン異常か,内臓の発育不全なのか,
カニューレのサイズが合わなくなっているのか,
呼吸器の問題なのか・・etc.
原因を探ってくれていました。

実は、
この頃、私もベイリーのことや仕事のことで、
かなり落ち込んでいたんです。
以心伝心してしまったのかも・・・反省

そんな時,
タイムリーに、かぁ〜のさんが、
またまた、はるばる会いに来てくれました〜!
(高速なしで!片道150qもあるのだ〜!

鯉のぼりが大好きだったこ〜ちゃんのために、
ミニサイズの鯉のぼりを持ってきてくれたり,
いろいろ相談にのってくれたり・・。
(まるで救世主のよう!いやいや救世主なのだ!

なぜか不思議と、かぁ〜のさんが来てくれたあたりから,
こ〜ちゃんの体調が戻ってきたんです!
(やっぱり救世主だー!

その後,
Drも、甲状腺異常を見つけてくれて投薬も開始し,
みるみるこ〜ちゃんの体温も戻ってきました。
カニューレのサイズも、1ランクアップ。
呼吸器も、エア漏れのないものに変更。
呼吸も、あとひと息。

スクーリングで、お友達や先生方に会えるのを、
楽しみにがんばろうね!こ〜ちゃん!


クリックすると元のサイズで表示します
11




AutoPage最新お知らせ