偽痛風〜その後の経過  

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

こんにちは。メグです。

こーちゃんですが、
一昨日、昨日とかなり回復してきた感じです。
熱も37℃台、表情もだいぶよくなりました。

抗生剤(ロセフィン1c)が朝夕入っています。注射

主治医に確認したところ、
先週の火曜日は、40℃を越えたようで、
足の腫れについては、整形外科医にも診てもらったのだけれど、
原因は特定できなかったそうです。汗

腫れた左足は、昨日は指で押せるようになりました。
まだ油断はできませんが、山は越えた感じです。





にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 遺伝子の病気へ

ご訪問いただきましてありがとうございます。よろしければバナーをクリックお願いします。
1

偽痛風  

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

こんにちは。メグです。

昨日は朝から1日出張で、お昼過ぎに病院から着信があり、
何となく嫌な予感がして、仕事を終えた後電話をかけたら、
『こーちゃんが高熱を出して、点滴入れました』
との連絡。´Д`汗
担任の先生も心配して連絡をくださいました。

もともと面会に行く予定でしたが、慌てて病院へ行くと、
すぐ主治医が来てくれて状況を話してくれました。

一昨日急に39℃以上の熱が出て、
レントゲンと血液検査をしたところ、
「肺の状態は変わらないのに、CRPが異常に上がっている」(7以上)
とのことで、
すぐ点滴で抗生剤を入れてくれたようです。注射

その後、看護師さんが左足の太ももから膝にかけて、
パンパンに腫れて熱をもっているのに気付き、
すぐ主治医に連絡してくれて、足のレントゲンも撮りました。

主治医によると、『偽痛風』の可能性があり、
発熱の原因となっているかもしれないとのこと。

痛風は、尿塩酸の結晶が関節に炎症を起こして発症しますが、
偽痛風は、ピロリン酸カルシウムの結晶が原因らしいです。
どちらにしても、
「こんなに若年ででるかなぁ?」
と主治医も首を傾げていましたが。汗

こーちゃんはやはり、
熱と抗生剤のせいもあり、もうろうとしていました。
また痛みのせいか、ピクピクと小刻みに身体を震わせて、
かなりつらそうです。

看護師さんたちも心配してくれて、
入れ代わり立ち代わり何回も来てくれました。
点滴がなかなか落ちていかない時は、
看護師さんが4〜5人も、こーちゃんのまわりを囲んで、
処置してくれてました。ハート
(みなさん忙しいのに、ほんと有り難かったですT_T

時間ぎりぎりまで面会して、後髪引かれながら帰ってきました。

何とか回復してほしいです。TдT




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 遺伝子の病気へ

ご訪問いただきましてありがとうございます。よろしければバナーをクリックお願いします。
6

湯たんぽ  

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

こんにちは。かぁ〜のです。

今年の夏は、余韻を残さず突然終わってしまった、
という感じでしたので、
急に涼しくなり、朝は寒いとさえ感じるように、
なってしまいました。

こうなると心配の要素は、発熱から低体温です。
ビュビュンと車を飛ばして、
メグこ〜ちゃんに会いに行ってきました〜。車

ずっと安定した状態を保っていたこ〜ちゃんでしたが、
少し前久々に発熱してしまい、抗生剤が入ったようです。
その後、状態はすぐに改善し、
現在は安定しているとのことで、ホッとしました。

これからの季節、
これに加え、低体温の心配が出てきますので、
今回は低体温対策として、
「湯たんぽ」をプレゼントさせて頂きました。

実は、我が家のこ〜ちゃんの経験から、
低体温対策には「湯たんぽ」が一番であることが、
わかったのです。

靴下を履かせたり、電気毛布にしたり、
布団の枚数を重ねたり、毛布の使用など、
様々なことをやってみましたが、
一番気持ちよく低体温を解消できるのは、
湯たんぽのようです。

足が温かくなると、眠りやすくなる、
ということもあるので、発作の抑制にも繋がるんですね。

ということを説明しながら、プレゼントを差し出すと、
「じ〜〜〜〜っ」目ハートx2
と見つめてくれました。
気に入って貰えたようで、よかったです♪

カワイイメグこ〜ちゃんに合わせて、
カワイイワンちゃんのカバーで、カラーは暖かい黄色。

低体温で活躍頻度が増えるのは困りますが、
寒い冬に向けて、足をポカポカにして、
冬を楽しんで下さいね。




クリックすると元のサイズで表示します




にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 遺伝子の病気へ

ご訪問いただきましてありがとうございます。よろしければバナーをクリックお願いします。
3




AutoPage最新お知らせ