胸の腫れ  



こんばんは。かぁ〜のです。

昨日メグちゃんから、
「アンビューを使いながらCTを撮って貰い、
点滴からの抗生剤投与も始まりました。
検査室への移動やポート設置など大変だったと思いますが、
スタッフのみなさんも頑張ってくれました。」
と経過を教えて頂き、今日面会に行ってきました。

胸の腫れは予想以上にひどく、広範囲に渡って赤くなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


夕方、メグちゃんが皮膚科のDr、主治医と話し合ったのですが、
CTの結果がDr達の想像を遥かに越える状態で、
膿はかなり深く肺の方まで溜まっていたそうです。

その後、現在のこ〜ちゃんの状態を考えて、治療方針がはっきりと決まるまで、
抗生剤で様子を診て行こうということになりました。

クリックすると元のサイズで表示します


ただ、血管の傷みが激しく漏れが時々生じて、
現在使用している点滴用ポートに不安があるようです。

本日、主治医が鼠径部からのCVポート設置を試みてくれたのですが、上手くいきませんでした。

来週、循環器科のDrが再チャレンジしてくれるそうで、
なんとか安定したポートが確保出来る事を祈っています。


にほんブログ村 病気ブログ 遺伝子の病気へ

ご訪問いただきましてありがとうございます。よろしければバナーをクリックお願いします。


1




AutoPage最新お知らせ