気管内挿管  

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ


かぁ〜のです。

メグこ〜ちゃんが心配で、居ても立っても居られなかったので、
週末、車を飛ばして会いに行ってきました。=3

お部屋に入って、穏やかな寝顔を見て思わずウルウル。TдT
「ホントによく頑張った!えらいよー!!」
と、何度も褒めまくりました。

しばらくして、
メグちゃんが、Drとお話をするためにお部屋を出ていくと、
察したこ〜ちゃんが、パチッと目を覚ましました。目

「お母さんは、どこ?」
と目で訴えてきたので、
「先生とお話してるよ。すぐ戻ってくるからだいじょうぶ♪」
と言うと、安心してくれて、
今度は、私をじーっと見つめてくれたので、目
「これはチャンス♪とばかり、
持参した手作りの表彰状を、読み上げました。

「気管閉塞という、
想像を絶する苦しみをみごとに乗り越えて、
我々に真の生きる意味を教えてくれました。
その勇気を称え、ここに賞します」


そして、
「偉かったよー!」と頭をなでながら手渡すと、
「うん♪うん♪
と、瞬きで誇らしげに答えてくれて、
も〜〜可愛くってたまりません。かわいいハートx2

クリックすると元のサイズで表示します


お話を終えたメグちゃんが戻ってくると、
表彰状を見て感激してくれて、
きれいなお目目が大洪水になってしまいました・・・。TдT
(思わず私もウルウルです・・T_T

Drのお話では、
気管が何かの理由で閉塞してしまい、
呼吸ができない状態になってしまったため、
カニューレを気管内挿管したようです。

「カニューレの扱いには、細心の注意を
というDrの指示のもと、
現在は、挿管直後につけられた点滴も外され、
看護師さんたちは、気を引き締めて、
こ〜ちゃんを看てくれています。

大きな山を越えたこ〜ちゃん。拍手
学校の先生方もお友達も、みんなが勇気を貰いました。
本当によく頑張ったね。
また、会いに行くから待っててネ〜。バイバイ^o^ハート


クリックすると元のサイズで表示します

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 遺伝子の病気へ

ご訪問いただきましてありがとうございます。よろしければバナーをクリックお願いします。


14



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ