2016/9/30

宇多田ヒカル「Fantome」  オトの記憶(CD、ライブ)

宇多田ヒカルの新譜「Fantome」が今週発売。ゲットして以来、とり憑かれた様に聴いてる。
曲、歌、歌詞、音、どれも完璧、完璧すぎて怖い。
クリックすると元のサイズで表示します
「SONGS」を観た以外は一切このアルバムに関する情報を遮断。
まっさらの状態でこのアルバムと向かい合いたかった。
まして、此処数年の彼女のプライベートの状況と作品を結びつけて聴くのは真っ平ゴメンだった。
目の前に在る歌、唯そこに真っ直ぐと向かい合いたい。

静かな・・静かな作品だ。ジャケットのモノクロームのイメージそのまま。
曲を聴いてると色んなイメージが見える。タイトルどおり「幻(夢、妄想)」が浮かんでくる。

花束は届けられなかったから「届けたい」。
貴方が心の中に居る。でも「独り」で深い森を歩く。
キミが側にいる。でも「ともだち」のままじゃイヤだ。
貴方と桜はもう見れない。大切な事を云えなかった。ゴメン。
明るい場所に繋がる道だからって明るいとは限らない。
深い暗い森を歩いたからこそ明るい場所に出れるのかも。
出口はどこだ 入り口ばっか、だ。
いつ終わらせりゃいいんだ・・・いつも「はじまってばかり」、だ

なんで、この歌たちに居るヒトは・・みんな「独り」なんだ?
大切な人が側に居るのに、側に居なくても心の中に居るのに。
・・・・でも「独り」。
シアワセなはずなのに家族が居るのに・・「独り」だ。
「裂け目」・・埋まらないなぁ。「独り」だ。仕方ないなぁ

途中で何度も繰り返される心臓音の様なリズム。相変わらず鋭く強いコトバたち。
引きずりこまれるように聴き、その度に息が詰まる。
「道」「真夏の通り雨」「忘却」「桜流し」の歌詞に思わず声が漏れた。
ホント、叫びそうになった。特に「桜流し」・・・・は参った。
困るなぁ。参るなぁ。ゴメン。裂け目・・また、開いちゃった・・よ。なんで?
聴き終わるとヘトヘト。でも、最初からまた聴き直す。丸で呪われた様に(笑)
聴いてない時も曲が自動的にアタマの中で再生される。
この感じ、祥子さんのアルバム「鈴木祥子」以来かも。
このアルバム聴いた後、久しぶりに「鈴木祥子」を聴いた。
「LOVE/IDENTIFIED」「忘却」「道」・・・アタマがおかしくなった。(゚゜)\バキ☆

クリックすると元のサイズで表示します
流石、宇多田ヒカル。ずいぶん手強いアルバムを届けてくれた。
時間(とき)を掛けて・・ゆっくりゆっくりつきあっていこう。
ここに居るヒトたち(歌たち)とは一生つきあえそうな気がする。
祥子さんの「忘却」の様に。ずっとつきあえる友達になれそうだ。

これから、仲良くなろうぜ♪オレとヨモちゃん、みたいに、ね☆

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ