2017/6/16


「本当に大切なものは 何ひとつ 失われないさ」
「本当にプレシャスなものは 何ひとつ 心から消えやしないさ」(HEATWAVE「PRECIOUS」)

今日で友が旅立ってから3年が経った。
友は「描く人」だった。「創る人」だった。

正直、彼女のプライベートはそんなに知らない。
ただ、アートについて話し作品を観る。彼女との交流はオレにとって刺激が有った。
アートについてメールで意見交換する時間は楽しかった。
それは男女とか年齢を超えての共鳴だったと・・・オレは勝手に思ってる。

同時に創作の際の彼女の格闘、苦闘も僅かながら知ってた。
相談事があって電話した時、彼女は電話に出なかった。
後で「描くことに必死でそれどころじゃなかった」と聞いた。笑った。爽快だった。

オレにはそんな我を忘れて打ち込むモノは無い、のめり込むモノは無い。
彼女はそれを手にしていた。確かに持っていた。
オレは彼女が羨ましかった。彼女に嫉妬した。そして同時にリスペクトしてた。

そのことを伝えたくて、彼女の作品を観る度に必ず感想を書いて送った。
数行の文章だが必死に書いた。ホンキで書いた。借り物で無い自分のコトバで書いた。
それが彼女・・・いや作品に対する礼儀だと思った。
幸いなことに彼女はオレの感想を喜んでくれていたようだ(彼女の気遣いかも知れんが)。


現在(いま)、彼女が描いた線に触れることはもう無い。彼女の色彩(いろ)にはもう逢えない。
そして・・・何より彼女と逢えないこと、話せないこと・・それがホントに悔しい。

山口洋によるとアイルランド・ドニゴールでは人が亡くなった時・・笑顔で祝福するらしい。
オレは・・・未だムリだな。未だ祝えない。未だ笑顔で送れない。未だ悲しい、未だ寂しい。

3年が経った。だけど、悲しみも悼みも後悔も未だに自分の中に或る。未だ残っている。
そのことが・・・・とてもウレシイ。未だ、消えてないんだ。生きてるんだ。
大切な人を喪うと・・・自分の中の一部(どこか)に雨が降る。
父、別の友人・・・ずっとそうだった。時間が過ぎても止むことはない。晴れることはない。

いや・・晴れなくてイイ。むしろ降り続けてくれ。
晴れるってことは悲しみが消えるってことだ。あったことが無かったことになるってことだ。
それは真っ平御免だ。未だ悲しくていい。いっそ土砂降りでもいい。


また・・・手紙を書くよ。また、来年・・・・な。じゃぁ、ね☆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ