2018/2/4

元春「Maniju」ツアー初日@日本青年館  佐野元春

年度末から仕事でドタバタ。
ボクは直接の担当者では無く第三者としての関与。
唯、知れば知るほどハードな状況。気が重くなることばかりだ。
加えて最近のSNSの諸話題を読んで更に気が重くなる。
会社のエライさんと意見も衝突。
仕事で怒るなんてしたくないが手を掛けた仕事を「こんな程度」と言われて
笑って済ませるほど、オレはお人好しじゃない。

金曜日は元春「Maniju」ツアー初日@日本青年館。
日本青年館に行くのは4年前の七尾旅人以来。
一瞬迷子になりながら(笑)何とか辿り着いた。
クリックすると元のサイズで表示します

嫁@パンダと落合い席に着く。席は2階の一番後ろ(笑)。ステージが谷底みたい。
でも、ステージ全体が見渡せて凄く楽しめた。

初日なのでセットリストは伏せますが
本編は新しい曲中心、アンコールは旧い曲メイン。
コヨーテオリジナルで初めて聴く曲あり。
「Maniju」の曲がアルバム以上にグルーヴある演奏。
一番上で聴くせいかオトがよく聴こえる。
小松君のドラム、普段のライブでは分からない元春のギターの音色も聴きとれた。
アンコールでは大好きな90年代曲を新しいアレンジで聴けて嬉しかった。
最後2曲ロックンロールの繋ぎの部分は鳥肌立った!

アッキーが他ミュージシャンサポートで欠席のためギターは深沼クン1人。
超レアなバンド編成。その分フカヌーのプレイを全編強調した演出。
「Coyote Band Featureng 深沼元昭!」って感じだった。
改めてフカヌーが凄いギタリストだと思い知る。
Featuring深沼は元春からの結婚祝いの意味もあるのかな?(^^:

会場に入ったときは、ここ最近の仕事のトラブル対応で疲労困憊。
ココロは荒れ果ててカラダ中痛かった。(^_^;
でも、ライブ中はひたすら笑ってた。
元春の歌、バンドの演奏に踊り酔いトークに爆笑。
ライブが終わったときは、気持ちは晴れていた。
クリックすると元のサイズで表示します
元春のライブは何故かオレがハードな時に有る(笑)
元春のライブに行って笑うと自分の中の暗闇が一瞬消える。
灰色に汚れた自分が真っ白になれる。昨日もそうだった。ありがたや☆

ライブの後はMOTO友さんと呑み会。
久しぶりに御一緒する友人も居て楽しく過ごせた。
この時間もオレの心がキレイになれるときだ。Thanks☆
帰宅すると寂しかったのかヨモちゃんが絶叫。ゴメンゴメン(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します

昨日は嫁@パンダとカラオケ。
カーネーション、きのこ帝国、エレカシ、竹原ピストル、キヨシローを歌う。
きのこ帝国の「春と修羅」は歌詞が凄い。こんなのカラオケにあるんだ。
でも、絶叫して気が晴れました(^_^;
今日は近場を散歩。沢山の猫さんに会えて楽しかった♪

仕事、SNS。色々気が重くなることばかりだ。
でも、それで顰め面になってイライラするなんてバカだ。
醒めた眼で世界を眺めよう。斜めに見ればドタバタも愉しいモンだ♪

元春ツアーは次は仙台に行く。
ボランティアで良く行く若林区にある新しいホールで見る。久しぶりの友人と♪
ヤなことが起きても元春とコヨーテの咆哮に触れて笑いとばせばイイ。
直枝さんも歌ってるしな。「毒のない世界はヘンだ」って。
ヨモちゃん、毒思い切り愉しもうな☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ