2006/8/28

ふたたびTARO  Art・本・映画


水族館を見た後、汐留に「明日の神話」を見に行ってきました。
前回よりは混んでた。
今回は2回目なので前回よりも細部をゆっくり見る。
周囲に書かれているミョーな生き物。怖いような、カワイイような。

会場でスタッフが矢鱈「BeTaro!」と叫んでたのが喧しかったけど
見てるうちに・・・そんなことは忘れました。
中心の骸骨(?)は夕暮れに浮かんで不気味なだけど、美しい。
見る角度によって・・色んな姿に見えました。

嫁@パンダはジッと絵を見てました。TAROに勝負を売ってたのか?(笑

後で撮った画像を見たら最も不気味だったのがコレ↓

前回みたときは「楽しい、明るい」って感じたけど今回は「怖い、おそろしい」
と感じました。でも・・・こわいけど惹きつかれずにいられない。
見ずにいられない。
みてて・・・なんだか泣きたい気分でした。

なかなか帰る気になれず、何度も繰り返し見ました。
嫁に促されて、ようやく帰ることに。
このイベントも31日で終了。
この作品がその後どうなるかは知りません・・・
ただ、いつか、また逢いたい・・・そんなキモチで会場を後にしました。

(PS)
TARO見た後は新橋駅前の「焼き鳥屋」で晩飯。美味しかった〜♪
でも、帰宅後、気分が悪くなってしまった。
前回、みたときも帰宅後、体調を崩した。
TAROの作品のパワーに悪酔いしたか?(^^;
0

2006/8/19

No Way,No Place & My Home4「モノクロームの夏」  ショートストーリー


夏を止めて 永遠のなかに 会えなくなる前に
モノクロームの夏が逝く
鈴木祥子「モノクロームの夏」

エレベーターのドアが開き、タラップから関西空港に降り立った。
空港の外に出た・・ムッとした熱気と湿気が襲いかかる・・。
汗を拭うと僕はナツキに電話した。ナツキの眠そうな声が聞こえた。

「今、関空に着いた。これから行くよ・・・夕方までには着くと思う。」
お義父さんは寄合で帰りは夜になるらしい。来るのは夜でイイらしい。
電車で奈良に向かう。・・窓の外の景色が懐かしい・・・。
考えてみれば奈良に来るのって・・・実に15年ぶり・・結婚式以来だ。

僕とナツキは奈良の旧市街の産まれ・・幼馴染だった・・・・
中学校のとき、幼馴染がガールフレンドに変わり、高校時代に僕が引っ越しても
その付き合いは続いた。彼女も東京の大学に進学。卒業後、すぐ結婚した。
あれからもう15年・・いやまだ15年というべきか。その15年も、もうすぐ・・

奈良駅前で降りた。駅前はヒトでイッパイだ。よく一緒に遊びにきたな。
僕は時計を見た。まだ昼すぎだ。夜まで、どう時間を潰そうか。
ふと・・・どこからか土と草の匂いがした。懐かしい匂い。
東京の暮らしでは有り得ない。子供の頃、僕はこの匂いの中で暮らしてた。

ひさしぶりに「なら」を歩いてみよう。昔、一緒に遊んだ場所を訪ねてみよう。
駅前の「噴水広場」は相変わらずにぎやかだ。待ち合わせによく使ったな。
「東向き商店街」を歩いてみる。携帯電話の店が多いな・・・。
確か・・この辺に・・・あった、あった。懐かしのカフェ。
僕は甘いモノが好きで、ここでチョコカフェをよく食ったな。
ナツキは美味そうに食べる僕を見て、笑い転げてた。
元興寺にも行ってみた。奈良の夏の風物詩「万燈会」。
二人で見た無数の灯火・・・。今でも想い出す。

結婚して・・・シアワセだった。毎日楽しかった、すべてうまくいってる。
そう思ってた。そう信じて疑わなかった。仕事はふたりとも順調だった。
お互い忙しかったけど、ヒマを見つけて一緒に温泉やライブに行った。
トシを取るごとに仕事は益々忙しくなった。楽になんかならなかった。
仕事なんかより・・ナツキを大事にしたかったのに。
0

2006/8/17

パンダは生肉がスキ♪  コトバの杜


今日の「V6シュラン」は「ステーキ」特集。
「生肉」大好きな嫁は目を輝かせて見てます。

巨大な肉塊ステーキを見て嬉しそう。
ニンニクと玉葱のすりおろしをのっけたステーキに絶叫。
そして・・
とあるお店で胡椒をかけた肉を焼いてるのを見て叫んだのが次のコトバ。

 「なまで喰う〜〜〜!!」

そんな宣言をされても・・・・(+^_^;)

0

2006/8/15

色にこめて  コトバの杜


Coccoが2004年に出版した2冊目の絵本「南の島の恋の歌」に
寄せた文章。

この絵本は幾重にも明るい色彩に満ちた絵本でした。
読んでてとても明るく安らぎに満ちた本でした。
それは・・・色彩(いろ)にCoccoの想いがいっぱいつまっていた
からだと思います。

 今回
 私は一点の曇りも微々たる迷いも不安になる要素を全て排除しました。

 美しいものは美しいと
 悲しいものは悲しいと
 好きなものは好きだと
 そんな馬鹿げた真っすぐな想いだけ叫びたかったのです。

 傷付けるとして 失うとして
 だから何だって開き直るぐらい
 ひたすらに明るい
 色とりどりの未来が欲しかったのです。

 長い間。
 そんな強さを夢見ていました。

  「色彩」文藝2004年秋号より。
0



AutoPage最新お知らせ