2007/2/26

ゆれた  コトバの杜

いきなりプライベートな話するが、僕には兄と妹がいる。
兄は3歳上、妹は5歳下。
肉親の僕が言うのも何だけど兄は爽やかなスポーツ青年、妹は愛嬌のあるコ。
子供の頃から周囲の人気者だった。
近所のおばさんがウチの兄弟を評して、よくこんな風に言ってたな。
「お兄さんはカッコいいね、妹さんはカワイイね。真ん中のコは大人しくて優しそうだね」
・・大人しくて優しそう・・って何?それ?何の取り得にもなんないじゃん。

仲良い兄弟だったと思う。子供の頃は一緒によく遊んだし。
でも大人になるに連れ・・・僕は何処か距離を置きだした。

ビジネスマンとして成功を収めた兄、周りから愛されてる妹・・・に、
どこかで劣等感と嫉妬を感じてた。・・
彼等は伸び伸びと自由に生きて色んなものを手に入れた。
僕は周囲の顔色を伺い自分なんてものは出せずに何も手に入れなかった。

いつも兄と妹がうらやましかった。口には出さなかったが心の底でそう思ってた。
そして・・・兄がある失敗をしたとき・・心配しつつ・・
ココロのどこかで「いい気味だ」と思ってたのも本当のキモチだ。

映画「ゆれる」を見た。
都会に出て自由奔放に生きる弟、家業を継いでマジメに生きる兄。
とある事件がきっかけで兄に殺人の疑惑がかかる。

事件を通じて弟は兄の中にある闇を知る。
兄は弟に問い掛ける

 「ねぇ、何で?何で俺とお前はこんなに違うの?」

兄のコトバに・・・自分を投影した。ゆれた。
かって何度も思ったこと、思って何度も打ち消した感情。
くだらないコンプレックス、子供じみた嫉妬。そんなのわかってる。

兄は弟を挑発し責め、弟は兄を疑い、兄を裏切る。
そして二人は引き裂かれる。

順風満帆な人生を送ってると思ってた兄や妹も色んなことを悩んでたらしい。
彼等なりに他人に対するコンプレックスや苛立ちを抱えていたらしい。
そのことを知ったのは大人になってずっと後のことだった。

今では彼等と笑顔で話せる。コンプレックスも嫉妬も感じない。
でも・・・本音で話すこともない。
本音で話す事はないけど・・・穏やかに話せる。それでイイと思う。

最後、弟とひさしぶりに再会した兄は優しく笑う。とても穏やかな顔を見せる。
あの笑顔は本心からなのか?それとも・・・・。

映画はいきなり終わり「てくてくウチに帰ろう」という歌声が流れる。
その歌を聴きながら・・・なぜか泣いてしまった。

感動じゃない、共感なんかしない。だけど・・確かに「ゆれた」。
そんな映画だった。
0

2007/2/25

「No Way,No Place & My Home9「言葉」  ショートストーリー

あぁ 言葉とはちっとも 友達になれない
心の中 1度も 上手に話せたことがない
鈴木祥子「言葉」

部屋のドアを開けた。ケンイチは、ヘッドフォンをつけてギターを鳴らしてた。
「何?」「晩御飯」「腹減ってない」弟はそう言うとまた弾き出した。
ワタシは部屋の中を見回した。海外のパンクミュージシャンのポスターだらけの部屋。
「なんだよ?」「冷めない内に食えよ」溜息をつくとワタシはドアを閉めた。

ワタシとケンイチは同じ高校に通ってる。ワタシは3年、弟は2年。
弟は・・夏休みから・・イジメられるようになった。どんなイジメに合ったかは、
弟の名誉のため書きたくない。ともかく酷かった。
それから・・・ケンイチは・・学校に行かなくなった。
1日中フラフラ出歩いたり部屋に閉じこもってギター弾いたり。
お父さんは怒りお母さんはノイローゼ寸前。ウチの中、一気に暗くなった。

学校が終わると街に出てフラフラしてると怪しげな一角に迷い込んだ。
飲み屋やヘンな店がイッパイあるとこ。通り抜けようとしたら弟がいた。
ワタシは慌てて隠れた。ケンイチはお酒のケースを片付けてた。
いかついオヤジが出てきて怒鳴ってる。ケンイチは謝ってる。
そう言えば・・あのときもこうやって隠れてたっけ。

ワタシは思い出してた。去年の夏休みのことを。やたら暑い日だった。
河原でケンイチがイジメられてた。みんなで囲んで吊るし上げてた。
弟は泣いて謝ってた。ワタシはジッと隠れて見てた。
泣いて謝る弟がサイテーに見えた何であんな奴等に頭下げるんだよ。
やり返せばイイじゃん。カッコ悪いよ情けないよ。その後弟は登校拒否になった。

ケンイチが働いてる店はライブハウスだった。
しばらくしてケンイチが学校を辞めると言い出した。あの店で働くらしい。
お父さんもお母さんも怒り叫んでもう滅茶苦茶。でも弟の言い分が通った
0

2007/2/17

近所の猫  

近所に住む猫さんたちの写真。
最近は僕のこと見慣れたのか近づいても逃げなくなりました。
決して、僕にすり寄っては来ませんが(^^;

大体3匹くらいが団体さんで遊んでます。このコが一番大人しいかな?
クリックすると元のサイズで表示します

このコはまだ慣れていなくて近づくと逃げる(笑
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

このコが一番のお気に入り。器量よし。
クリックすると元のサイズで表示します

お出掛けするとき、この通りを通るのがすっかり楽しみになりました。
嫁に「そんな猫好きだったっけ?」と呆れられてます(笑。
だってカワイイんだも〜ん(゜゜ )\バキ☆

0

2007/2/9


このヒトのウタを初めて聴いたのは何時だろう?6年位前かな?
友人からもらったテープで初めて聴いた。
第一印象は「矢鱈熱い声だな」だった。

それ以来「付かず離れず」で聴いていた。
熱心な聴き手では無かった。持ってるのもベストアルバムと3年前出た
ニューアルバムだけ。未だにメロディと曲名が一致しない。

最近何となく前のアルバムを聴きだした。
急にこのヒトの書いたコトバが自分の胸の中にストンと入ってきた。

「傷は癒すためにあるものじゃない」
「大事なのは答でなく 問いかけそのものさ」
「大切なものなんて 失くしてから気付くものさ」

仕事の行き帰り、このウタを何度も聴いてる。聴いてるとパワーが出る。

最近あたらしいアルバムが出たと聴いた。
今週、仕事帰りに手に入れて電車の中で聴いた。

ヒートウェイヴ「land of music」。
ブックレットに記載された多くのファンの名前・・その中に友人の名前を見て
感動した。

静かな・・アルバム。元春の「サークル」を思い出した。
あのアルバム同様・・・静だけど・・落ち着いていない。
裏側でさざめいてる、揺れてる、動いてる・・そんな感じ。

細身魚さんのサウンド、山口さんのエコーの聴いたギターがキモチいい。
いつもと違う(いつもを知らないのでなんとも云えないが)
山口さんのダミ声や高い声も印象に残る。

「ガールフレンド」「カリフォルニア」「フールとクール」「フリージア」
が気に入った。

静かだけど・・・やっぱり熱いアルバムでした。

このアルバムが彼等にとってどういう位置付けかはよくワカラナイ。
どういう背景のもとで製作されたか・・も知らない。知る必要もないだろう。

聴いてて勇気もらう?励まされる?痛い・・・でもない。
ただ42歳の自分にリアルに響いた。そんな気がした。

この6年間、付かず離れずで聴いてきた山口さんのウタ。
これからはもう少し近づくかも・・・。

まぁ時間はたっぷりある。
焦らず・・・・先ずはこのアルバムをじっくりと聴きこんでみよう。


0



AutoPage最新お知らせ