2007/7/22

夕凪の街 桜の国  日々の泡(日記)


こうの史代さん作のコミック「夕凪の街 桜の国」を今日、購入して読んだ。
来週から田中麗奈、麻生久美子主演で上映される映画の原作。

終戦10年後を描く「夕凪の街」、そして現代を描く「桜の国」、
ふたつの時代を生きる若い女性を主人公に物語は紡がれる。
舞台は・・・・「ヒロシマ」。

どちらの物語も直接的に「戦争」を描いてはいない。
原爆も書かれていない。描かれているのは、あくまでに「日常」「普通の暮らし」

その普通の生活に時折、はさまれる、戦争の想い出のシーンがとてつもなく重い、
痛々しい。

「夕凪の街」の主人公皆実は「戦争」で父や姉を失い、自分が生き残った事に
罪悪感を抱いている。

 「誰かに死ねばいい と思われたということ 思われたのに生き延びている
  いちばん怖いのは 本当にそう思われても仕方ない人間に自分がなってしまったこと」

皆実は「幸福になること」に踏切れない。でも、愛する男性にプロポーズされ
ようやく「希望」がみえる・・・でも。

いっぽう「桜の国」は現代が舞台。
七波、凪生の兄弟は2000年を生きる普通の若者。
母親は早くに亡くしている、母親も被爆者だった。

ここでも普通の生活が描かれる。時折父親の回想をはさみつつ。
被爆者に対する周囲の冷たい目をさりげなく織り込んで・・・。

七波は両親の昔のことを知り・・・つぶやく
 「凪生もわたしもいつ原爆のせいで死んでもおかしくない人間と決めつけられるのか」
 「わたしはたしかにこのふたりを選んで生まれてこようと決めたのだ」

この物語は戦後生まれのこうのさんが自分の産まれた「ヒロシマ」に向かい合って書いた。

読んで思ったのは・・・戦争が如何に「普通のくらし」を奪うか、ということ。
戦争は「終戦宣言」したから終るもんじゃない。

家族を失ったヒト、怪我したヒトは後の人生が変わってしまう。
地雷だの、特殊爆弾だの戦地に未だに傷跡が残り安全な生活を脅かされる場合もある。
戦争がなければ・・・背負わなくていいはずのことばかり。

時間が流れようが「戦争」に巻込まれたヒトたちにとって、まだ終わっていない。
まだその傷跡は残ってる・・・

それを「しょうがない」の一言で片付けていいわけがない。

昔、漫画「はだしのゲン」を読んで、とてもこわかった。恐ろしかった。
それ以来「戦争」の記録や本を読むことから目を背けてた。
「知らない・知るのはこわい」と逃げてるのもイケナイ気がする。

この作品はそんな「逃げてる」自分にさり気なく入り込んできた。
これから何度でも読もうと・・・そう思う。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/7/16

千駄木巡り  日々の泡(日記)


先週、行ったけど閉館時間で入れなかった「小石川植物園」に再度訪問。
お昼から嫁と二人で歩いて行ってきました♪

どんよりとした曇り空、でも空気がヒンヤリしてキモチいい。

千駄木の商店街にどっかで見たような名前の雑貨屋さんが。
当然「某バンド」とは何の関係もありません(^^;)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

小石川植物園に入るとひたすら広がる緑。
植物園の中の資料館の前で寝転がる猫さんを見つけて挨拶。
ただ、猫さんは耳が聞こえないのか話かけてもジッとしてました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

猫さんに別れを告げて園内をひたすら歩く。
アジサイがまだ咲いていてキレイ。
クリックすると元のサイズで表示します

木々に溢れ樹齢何百年というような大木もある。
澄んだ空気と緑に包まれて気分はリフレッシュ。
まさに森林浴。

ただ・・3時間歩き続けてそろそろ足腰が痛くなってきました。
谷中に寄りたかった処ですが疲労困憊でギブアップ(^^;

さっき帰宅して休んでます。
明日は筋肉痛に悩まれそう。今夜は酒呑んだらさっさと寝ます(笑。
0

2007/7/13

COYOTE  佐野元春


元春のニューアルバム、折りにふれ通勤のお供になる。
でも・・・いまだに印象が固まらない。

自分でこのアルバムを好きなのか?イマイチなのか?もハッキリしない。
曲も声も演奏も最高!・・・ホボキンの音でないのは残念だけど。
もっとハードなナンバーをイッパイいれてほしかった気もするが。
まぁそれはたいした問題じゃない。

好きな曲けっこうある。「折れた翼」「呼吸」「コヨーテ海へ」にはグッと来た。
幾つかの曲の歌詞には勇気付けられた。

ただ・・「TheSun」の時みたいに・・強い思い込みはもっていない。
少し距離をおいて眺めてる感じがする。

「TheSun」は待望のアルバムだった。
あのアルバムで描かれていた主人公たちに自分を重ねて聴いた。
「希望」「明日を生きよう」「地図のない旅」「太陽」は今聴いても熱くなる。

対して「COYOTE」の曲には・・思い入れを持てない。静かに向かい合ってる。

思い入れを持てないのは「TheSun」と違って
このアルバムには「救いがない」からだろう。
確かに温かい歌詞や希望にあふれたウタもある。

でも・・・「TheSun」で描かれた「残酷なさよなら」の先に、
「太陽が昇った」後に結局「変わらない現実」が待ってたことを・・・
いや・・・状況はもっと悪くなってる事を「COYOTE」は描いてる。
それがリアルすぎて・・・つらい。

聴いてて体温があがらない。平熱で聴ける、フラットな気分で聴いてる。
聴き終わった後・・・とりのこされたような放り出されたような気になる。

こんな感想持ってるのっておそらくオレくらいかな?みんな大絶賛だしね。

いや、オレもイイアルバムだと思います。
ただ現在の自分のベクトルと重なりすぎてるというか・・・
聴いてて「逃げ場がない」っていうか・・・

すごい厄介なアルバムだ。もうすこし聴きこんでみよう。

ツアーの予定は発表されていないけど早くライブをみたい。

「コヨーテ海へ」がライブでどう聴こえるのか?響くのか?

それを早く知りたい。




0

2007/7/7

YMO  


今日NHKでYMOの特集番組があった。
正確にはYMOでなくHASなんだけど・・・。

でもユキヒロさん、教授、細野さんが揃うと「YMO」だよな。

5月に横浜であったHASのライブの放送もあった。
セットリストにビックリ!

「ライオット・イン・ラゴス」やったの!
「ONGAKU」!!おまけに「CUE」まで!!!
凄い!好きな曲ばっか!

秘蔵映像もタップリ。
3人がヘンなカッコしてライディーンを生演奏する映像には爆笑\(T▽T)/
この3人のユーモアセンス・・・・ホント、好きです。

それにしても教授・・・丸くなったなぁ。
昔はもっととんがってたのに・・・
ユキヒロさん、相変わらず枯れてる。
僕的にはやっぱ細野さん・・・存在そのものが「アート」してる。

この夏に日比谷野音でこの3人でライブあるみたい。
YMOの曲、また演奏するのかな?当然行けませんけど・・・

「BGM」や「テクノデリック」の曲やられた日にゃぁ・・
行かなかったこと後悔するだろうな・・・・
でも・・・やっぱ行かない。
YMOは自分の中ではもう終ったバンドだから。

たまに3人が一緒に演奏してる映像をテレビで見れれば十分満足。

次、テレビで一緒に演奏するときには「千のナイフ」やってね♪
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ