2007/8/27

コレからカネへ  カーネーション


昨日は渋谷でコレクターズのライブ。嫁と行って来ました。
嫁は「ボ・ガンボローザ熱闘祭」に引き続いて浴衣でお出掛け。
携帯で写真を映したら、思い切りイヤな顔をされました(^^;)ヾ 

クリックすると元のサイズで表示します


ボクはコレのライブ見るのは昨年10月の日比谷野音以来。ほぼ1年ぶり。
ダンスフロアの中央に陣取りバンドメンバー全員見える好位置。オトもイイ♪

リーダー加藤クンとギターのコータロー君の相変わらずの「ロック漫談」に
笑い、コータロー君の熱いギター。Qちゃんと小里クンのタイトなリズムに
目を見張る。加藤クンの声も毒気あふれたトークも絶好調。

このバンドはいつも「平均以上」のライブを見せてくれる。
ボクはコレの熱心なファンではないけど、嫁に連れられて10回以上見てる。
でもいつもガッカリしたことは無い。いつも楽しく過ごせる。
今回も充実したライブでした。

12月23日のクリスマスイブイブにもライブあるみたい。
元春や祥子さんのライブが重ならなければ、また行こうかな。

さて次は9月の恵比寿リキッドルーム。カーネーションのライブ。
カネのソロライブ見るのは実に3年ぶり。

今日からベストアルバムを聴いて予習を開始。
「New Morning」「Hello、Hello」「クエスチョンズ」カッコいい〜!
「Real Man」「Superman」の少し情けない歌詞に共感しまくり。

来月はまた仕事が大変そう。ライブを楽しみにがんばりましょう♪
0

2007/8/22

”SHO-CO-JOURNEYへの道@A.B面でたしかめて”  鈴木祥子


クレフィンのライブレポと前後しちゃうけど、8月16日南青山曼荼羅に
祥子さんのライブを見に行ってきたのでそのレポを。

4月から続いた東名阪マンスリーライブツアーの最終日。
今回のライブの趣旨は6月に出た2枚組ベスト「SHO-CO-JOURNEY」の
収録曲、全28曲を歌うという、祥子さんらしいムチャをするライブ(^^;

チケットの整理番号は7番。でも当日仕事が中々終らない。
会場入りしたのは開演5分前。場内は既にギッシリ。席はほとんど無い。
店員さんの心遣いのお陰で比較的見易い席を確保。

開演時間を少し過ぎて白いドレスの祥子さんが登場。
ピアノに向かいゆっくりと弾きだす。デビューシングル「夏はどこへ行った」。
「次のホームでさよならを言うの」。
続いては「Swallow」。
「故郷、その文字で気が楽になるなら」「ただ帰りたくて帰ったのに」。

ピアノとコトバが響く。疲れたココロに刺さる。胸がざわめく。
ライブで何回も聴いたウタ。でも何度聴いてもせつなく狂おしい。

懐かしい曲が続く。途中でアルバムの収録順に歌うのに飽きたのか、
いきなりリクエストを募ったり合唱する客席とワザと調子ずらして歌ったり(笑
いつもどおりの歌詞忘れ、演奏マチガイもあった(笑。
相変わらずの暴走ぶり、とっちらかぶり。この自由さが素晴らしい。
来年でデビュー20周年。そのコトバに場内が温かい拍手に包まれる。

「今回のツアーのテーマ曲」として歌われた「どこにもかえらない」。
「あの場所にはもどらない、もうどこにもかえらない」に胸がズキズキ痛む。
客席も一緒に歌う。ステージが何か明るい光につつまれた。
ボクも唄った。楽しい唄。。。でも唄いながら涙が出てくる。

第一部の最後に歌われた「モノクロームの夏」。
「モノクロームの夏が逝く」「あの角を曲がれば逢えそうな気がした」。
数年前みた「夏の景色」がよみがえる。白い道、青い空。

いろんなことを忘れてしまった。でもあの夏だけは忘れない。けっして。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2007/8/18

下北クレフィンパーティ  オトの記憶(CD、ライブ)


クリックすると元のサイズで表示します


昨日、行ってきましたクレフィンパーティ。
結局当日券の発売は無かったけどある方のおかげでチケットを入手。
本当に感謝しています。
もし、見れなかったら一生後悔モノのライブでした。

午前中、ウチでビデオ見たり近所のゴミ拾いをする。
外は曇ってて風もふいてて涼しい。イイ1日になりそうな予感。

1昨日の祥子さんのライブ、またココロがうちのめされた。
そこで感じたイタミがまだココロに残ってる。

クレフィンのライブを見に来る遠来の友人と電話で打合せ。
夕方から下北に向かう。
下北に来るのは去年の8月の「ロックざ・どんと」以来。
下北の街の賑わい、ゆるやかなムードはダイスキ。
再開発でこの街の風景も変わると言う話も。
もったいない。いろいろ問題あるんだろうけど・・・
古くからの街の景色を変えなくてもイイのに。そのままでイイのに。

下北はフィッシュマンズ佐藤伸治クンゆかりの街。
フィッシュマンズを聴きながら会場である440まで歩いてみる。
佐藤クンの声と下北の空が・・ピッタリで。。なんか泣きそうになる。

友人と落ち合って事前に軽く食事する。
年齢、家族、故郷、仕事、いろいろ話せてうれしかった。
ホントにうれしかった。これだけでここに来た甲斐がある。

開場待ちで並ぶ。知り合いと会ったり、紹介してもらったり。
皆さんボクが痩せたのにビックリしてる。「別人みたい」とのオコトバ(^^;

KyOnさんが会場外を歩いてる。カッコいい!
後1年で○十歳とは思えない。

入場し中央の席に陣取る。友人と友人夫婦と並んでみる。
開演、オンガクに乗って猫のお面をつけたメンバー入場。この時点で大笑い。
ピアノに猫のお面をひっかけリクオさんの「外は暑いけどもっと暑くしよ!」
の声に場内大歓声。

「ミックスブレッシング」でライブはスタート。
スタカンのこの曲は好きだったなあ。
早速、超絶プレイの応酬に思わず身を乗り出す。
0

2007/8/14



土曜日から嫁と初盆のため京都に行ってきました。
お昼過ぎに「のぞみ」に乗るため東京駅に向かう。
帰省の客で混雑。ランチに駅弁屋で「マイセン」の「カツサンド」をゲット♪

お弁当売り場の端に
「フォークの神様」岡林信康がぽつねんといたのにはびっくり(・_・!)
・・・思わず柱の陰から凝視してしまいました(^_^;)

新幹線の中で早速カツサンドを食べる。上品なあっさりした味わい。
でも、もう少しソース味が強くてもよかったような・・・。
行きは仕事疲れでひたすら寝る(笑。

京都駅に着いて地元駅に向かう途中でちょっとしたハプニングが。
地元駅・・・特急快速が停まるものと思い込んで乗ったら・・・
停車せず一駅乗り越してしまいました。
「キミの地元だろ?」と嫁に呆れられました(^^;)ゞ

何とか我が家について母親の歓待を受ける。
晩御飯を食べながら、父が入院してから亡くなるまでの経過を聞く。
その他アルバムを見ながら昔話に花を咲かせたが・・・
ボクは、ほとんど憶えていない。忘れてしまってる。
我が家の行く末、息子としてのボクの役割と責任・・少し耳に痛い話も。

翌日は兄、妹夫婦、姪がやってきてお墓参り。
タクシーで霊園まで行くけどお盆で車が混んでて中々到着せず。
30分遅れで着いて父のお墓を掃除する。

天気は快晴。空が蒼く、雲が高い。
お坊さんがお経をあげている間、涼しい風が吹いてキモチいい。
無事、初盆は終了。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ