2007/9/29

キレイなオトがまたひとつ消えた  オトの記憶(CD、ライブ)


昨日ネットで知りました。

バイオリニストのHONZIさんが逝去されたとのこと。

http://natalie.mu/news/show/id/3558

・・・・・・・。

大好きなフィッシュマンズのサポートメンバーとして大活躍した方。
激しく、せつなく美しいオトを聴かせてくれた。

ライブでは2回しか見たことない。
2001年の祥子さんのライブ。
2005年のフィッシュマンズ再結成「The Long Season Revue」

「ロングシーズン」のあのバイオリンの美しい響きは忘れられない。

貴方の奏でるオト・・・ホントに好きでした。
天国で、先に往ってる佐藤クンとステキなオンガクを鳴らしてください。

ココロよりご冥福をお祈りいたします。

0

2007/9/24

「夏の夜の夢」カーネーション@恵比寿リキッドルーム  カーネーション


矢部さんのドラムが響く。ナオエさんのエレキが鳴る。曲は「OneDay」!
最近お気に入りの「ムサシノEP」の曲。
「ぼくはただここにいる」「さびついた風の中 こぼれおちた涙」。
ナオエさんが吼えるように歌う。そのコエにただ聴き入る。
体温が一気にあがる。血がふるえる。

ひさしぶりのカネライブ。祥子さんとの共演やイベントでは見てたけど
ソロライブは実に3年ぶり。今回は「レア曲」中心のライブとか。
ライブで久しく演奏されていない曲を沢山演奏。しかも僕の好きな曲ばかり。

西池崇(Guitar)渡辺シュンスケ(Key)の強者をサポートに迎えたライブは
「熱く」「ふるえる」ライブでした。
1曲目「SuperZoo」でナオエさんのギターとボーカルが吼える。これも好きな曲。
2曲目が「OneDay」。もう、この曲聴けただけでココに来た甲斐があった。
4曲目「幻想列車」これも好き〜!今日はオレが好きな曲ばかり演ってくれる(笑。

ベースのゆるずさんが歌ったりドラムス矢部さんのソロプロジェクトの曲を演奏
したり、いつもとは少し趣向のライブ。
「グレイトノスタルジア」のエレキ2本だけの演奏は素晴らしかった。
ナオエさんの声とエレキの魅力に改めてガツンと来る。
メンバー間のボケ&ツッコミのトークも楽しい。

ギターの西池クンはカネの曲をカンペキに演奏。
そのワイルドな演奏ぶりは何処か藤井一彦を思い出させる。
渡辺クンのキーボードはもう絶品。煽るようなピアノが凄くイイ。
そしてカネの演奏はサポートメンバーを従え鉄のように強く熱い。
揺らぐことなくナオエさんを支えてる。

後半はロックな曲が続く。「メチャクチャ行こうぜ!」とナオエさん叫ぶ。
「Garden City Life」は皆で「ガオ!」と叫ぶ。
「たのんだぜベイビー」「ANGEL」の歌詞に・・グッと来る。
「Paradice Express」ではボクも「OH!Yeah!」を一緒に叫び歌う。

ナオエさんはひたすらギターをかき鳴らし叫ぶ。走り回る。カッコいい。
48歳とは思えないパワー。コエが野太い・・「吼える」としか表現出来ない。

そして。。本編ラストの「ヘヴン」。ギターが空間をひき裂く。
「たいくつな日々と輝く汗と怒り 出口のない群青の空 ぼくについておいでよ」
ナオエさんは何度もシャウトする。。。聴いてて泣きそうになる。

アンコール1回目ラスト「夜の煙突」。みんなで歌い踊る。
ナオエさんはギターかき鳴らし飛び跳ね、ひっくりかえる。
ステージ狭し駆け回る、ゆるずさんも前に出てきて煽る煽る。
ボクも思い切り暴れました(笑。

そして2回目アンコール。
本当のラストは「スペードのエース」。これもみんな踊る。
最後ナオエさんはジャンプしてエンディング。

素晴らしいライブでした。行って良かったな〜。
このライブ見てカネの熱い演奏に触れてここ数日のモヤモヤが吹き飛んだ。

嫁とライブ後、食事しながら何度も「よかったね」と話し合いました。
またライブ行きたいな。
11月には昨年のツアーのライブフィルムの上映会があるみたい。
これも行こうかな〜。

今までもアルバム聴いてたし、ライブも何度か見たことあるけど・・・
今回のライブで改めてカネ、ナオエさんの魅力を再確認しました。
いろいろ嬉しい発見があるライブでした。

ナオエさん・・48歳か。熱いな。オレも負けてられないな。

クリックすると元のサイズで表示します


2007.9.23カーネーション「夏の夜の夢」@恵比寿リキッドルーム SetList
1.SuperZoo! 2.One Day 3.Butterfly 4.幻想列車 5.Lady Lemonade
6.夏の夜の夢(新曲) 7.No Goodbye 8.矢部さんソロ曲、
9.OH My God(大田さんボーカル) 10.グレイトノスタルジア(直枝+西池)
11.学校で何おそわってんの 12.たのんだぜベイビー 13.Garden City Life
14.シケイロスのように 15.Angel 16.Paradise Express 17.へヴン
(Encore1)18.やるせなく果てしなく 19.Running Wild 20.夜の煙突
(Encore2) 21.スペードのエース


0

2007/9/23

No Way,No Place & My Home12「あたしの場所で」  ショートストーリー

しょうがなく生きてる、その時を生きてる、あたしの場所で。
鈴木祥子「あたしの場所で」

店のドアが開いた。サラリーマンの一団がドヤドヤと入って来る。
ここは六本木のクラブ「AYA」。アタシはここで雇われママをしてる。
前のママから引継いで5年、そこそこ流行っていて週末は戦争状態だ。
「ユウは?」「遅刻です」「また?」最後の客を送ってその後も反省会や翌日の準備
で帰宅するのは深夜4時。帰ったら疲れて寝るだけ。毎日この繰返しだ。

次の日も大忙し。今日もユウは休み。今夜は丸三商事の接待の予約が入ってる。
10人くらいのお客様が来た。客は若いキレイな女の子に囲まれ上機嫌だ。
・・・オトコなんて簡単なモンだ。フと目を挙げた。目の前に30代くらいか?
初めて見る客だ。彼は一人で黙々と呑んでた。上司やお客に愛想笑いを返すが居心地
悪そうだ。時々上司や客をチラと盗み見してた。醒めた冷たい視線だった。
ワタシは思わずそのヒトに見入ってた。彼はワタシの視線に気付いてフッと笑った。

翌日の開店前、ようやくユウが来たので皆の前で叱った。ユウはニヤニヤ笑ってた。
今日も丸三商事の接待。例の彼も来てた。早川とか言ったっけ。相変わらずつまんなさ
そうだ。早川さんを見て昔の自分を思い出してた。ワタシもいつもつまんなさそうにしてた。
いや・・・実際、毎日がつまらなかった。仕方なく生きてた。
田舎を飛び出して東京で就職したら会社が倒産。出来る仕事は水商売しかなかった。
色々渡り歩いてようやくこの店に落着いた。客商売なんか苦手、ヒトと話すのは億劫。
でも、ワタシは「生きるために」必死に勉強した。新聞や雑誌を読み話題を仕入れ
お客の好み、癖を徹底的に覚えて。結果売上NO1となり店を継いだ。
でもこの仕事をしてて、好きになったことは一度もない。ホステスという仕事もこのお店
もあくまで「生きていくための手段」。ホステスや店員ともお客さんとも必要以上の付き
合いはしない。そうやって頑張ってきた。でも、最近それが無性に空しい、無性に疲れた。
0

2007/9/16

人形町・銀座めぐり  日々の泡(日記)

昨日はお昼から人形町にある「浜口陽三ギャラリー」を訪問。
先週の日曜美術館で浜口さんの特集あってその作品にすっかり
魅了されて「現物を見たい!」と思い立って行きました。
(単純な奴(^_^;))

こじんまりとした静かなギャラリー。
浜口さんの作品はメゾチントという銅版画。
原版と印刷された作品を観る。その色彩と線の細やかさに目を見張る。

ただ今回の展覧会は浜口さん以外の現代作家の作品展示が多く
浜口さんの作品がそれ程展示されていなかった。
奥さんの南桂子さんの作品も展示されていなかったのが残念。

写真は浜口陽三ギャラリーと南桂子さんの作品ポストカード。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

その後は近くの水天宮を嫁とお参り。人が多い〜!
クリックすると元のサイズで表示します

その後は人形町の商店街を散策。下町風情がイイ感じ。
地下鉄で銀座に出る。
先ず訪問したのは「銀座博品館」。
http://www.hakuhinkan.co.jp/contents/floor_guide_2.html

1月にボクが「ひかげさん」を手に入れたところ。
嫁が「ひかげさんの故郷をみたい」とのことで行きました(^^;

↓これが我が家の「ひかげさん」。男らしいパンダさんです(笑。
クリックすると元のサイズで表示します

嫁は幾つかのパンダのぬいぐるみを見るが、どれも「カワイイ!」
って感じのモノばかり。嫁は「やっぱりウチのひかげさんの男らしさ
は出色だな」と満足そう(^_^;

その後は三越の総菜屋さんで晩飯を調達。
巻き寿司と焼き菓子・チョコレートをゲット。
帰宅してからは呑んで喰ってのおまつり。
歩きつかれでグッスリ寝込んでしまいました(笑。

今日はこれから浅草合羽橋をお散歩します。
道具屋を見て廻ります。
・・・って別に買いませんが(笑

0



AutoPage最新お知らせ