2008/1/12

Cocco1,16武道館ライブレポ「きらきら☆」  オトの記憶(CD、ライブ)

Coccoは客に向って何度も語りかけた。

「ワタシはここにいるから大丈夫」
「女の子は自分が気付いていないだけで、みんなキレイだよ」
「ワタシは生まれた場所もお世話になっている場所も好き。
 だから沖縄も東京も好き。お世話になった東京に恩返ししたい」
「東京ほど外部から侵略されている街は無い。沖縄だと高層ビル建つと環境破壊とか
 騒ぐくせに東京だとまたお洒落モードになったと思って誰も騒がない。」
「地方から来て東京は嫌いという人いるけど悲しい。帰る場所がある奴は帰ればイイ」
「東京には空がないなんていう奴は、空を見上げる事を忘れたヒトだ。空も星もキレイだよ。」
「東京には色んなヒトが夢を叶えようと集まってる。あっちゃんも夢を叶えた。
 だから東京に感謝をこめてうたいます。」

真剣でまっすぐなメッセージ。オレも昔、京都から来て東京キライだったな。
でも今は好き(大好きではないけど)。ここにずっといようと思う。そんな事考えた。

クリックすると元のサイズで表示します
Coccoライブツアー「きらきら」。
武道館2日間の初日に行ってきました。2日目はアコースティックライブ。
迷ったけどハードなバンドサウンドでのCoccoをみたかった。

「甘い香り」から始まったライブ。Coccoもバンドも明るく輝いている。
この曲の「届かないから人ごみの中で叫んだ。消えたいと願う夜があって」に泣く。
「樹海の糸」「燦」と続く。Coccoは泳ぐように舞うように唄う。
長田さん、高桑圭、椎野恭一、堀江博久、大村達身の奏でる最強サウンドに乗り
自由に・・そして美しく唄う。
手拍子どころじゃなかった。そんな余裕はなかった。ただ聴き入って見てた。

Coccoが唄い終わるたびに客席から「あっちゃんあっちゃん」の歓声が飛ぶ。
Coccoは時折、客に親しげに話しかける。まさにアイドルあっちゃん(^_^

照明が素晴らしい。透明な蒼、緑、白光。丸で海の中にいるみたい。
思わず見惚れてしまった。

中盤ハードな曲が続く。「WayOut」「けもの道」。Coccoが叫ぶ。髪をふり乱す。
「どこまでいけばいいの?おしえて」「ウソには罰を、あなたには報いを」
強烈な叫び、サウンド・・・これがみたかった。
「音速パンチ」の「灯りをともせ、錆びついた手で」の歌詞で思わず拳を握った。

後半、Coccoは客席に語りかける。東京と沖縄について。東京という街について。
まっすぐな・・・ホントにまっすぐな・・・メッセージ。ズンと来た。

沖縄をテーマにした「ジュゴンの見える丘」「チョッチョイ子守唄」。
Coccoの声が凄い。・・Coccoは以前「故郷沖縄を受容れられない」と言ってた。
でも長い時間をかけてようやく受容れられたんだな。。そう想った。

ラスト「Never Ending Jouney」。
「とぎれた歌の続き つないだ手と手」「おわらない旅を行くよ」
意思をこめた力強い歌。長田さんのギターが響く。涙があふれた。拳を握りしめた。

最後、Coccoはメンバーをハグし踊り、客席に笑顔でこたえた。
素晴らしかった。キレイだった。

最高だった・・・最強だった。
とんでもないものをみた。すごいものをみた。
行ってよかった。ホントにみてよかった。

こんな痩せっぽちの女の子の何処にこんな力があるんだろう?すごい。

Coccoは今回のライブで踊りまくっていた。
これまでのツアーはダンスなんかせず、ただカラダを揺らすだけだったのに。
しかも、Coccoは今回のツアーで総ての街でMCを変えていたらしい。
ライブ前に必ず街を歩き感じたことを客席に語ったという。

相当がんばったんだな、努力したんだな。
それはお客さんを楽しませ自分自身も楽しむための努力、がんばり。

ショーじゃない、まさに「LIVE」・・生きてた。生きる姿を見せてた。

オレもウダウダしてられない、ダラダラしてられない。文句言ってる場合じゃない。
何もできない・・と想う前に何かができるはず。何かをやるべきだ。

やっぱ、このコはすごいわ。いつもオレの腐った性根を叩きなおしてくれる。
こんなの見せられたら・・・やるしかねーじゃん。逃げられないじゃん。

オレの無力な錆びついた手で・・・どこまでできるかワカンナイけど。
おろしかけてた・・・手を、拳を・・・もう一度ふりあげよう。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/6

吹っ切る  

最近読んだウルフルズトータス松本のインタビュー。
トータスは一見明るくハチャメチャなキャラだけど、実は繊細で考え込むタイプ。
ここ数年、自分のボーカルに自信を深める一方でバンドが自分の望むサウンドを
生み出せないことに苛立ちを感じてた。
でもニューアルバムでは、そんな悩みを感じさせない吹っ切れたサウンドを聴かせてる。
そんな心境の変化を語ったインタビュー。

トータス「(伊藤)銀次さんにプロデュース頼んだ時に『お前はちょっと力入りすぎだ』と。
     『自分の底に沈んでる自分の何かをわざわざねちょーっと持ってきて曲作るのやめ
     ろ』って言われて。『上澄みをすくうぐらいでいい』みたいに言われたんですよ」
渋谷陽一「−ははははは。」
トータス「気功の先生に診てもらって『ちょっと力が入りすぎですね』と同じことを言われて
     ね。だから、『ちょっと考え方を変えてみよう』みたいになって、ライブイベント
     出る時も『俺の歌を聴けー!うわー!』じゃなくて楽に歌っていくと『なんかいい
     なあ、気分いいなあ』みたいな。曲作る時も、こんなに辛気臭く作らなくていいや
     って、面白い曲ができてくるんですよね」
渋谷陽一「そうなると世界が広がってきて、すごく曲が出来る様になってきて。また詞が
     わかりやすくなった。今まで恥かしくて言えなかったことをがんがん言うように
     なったね」
トータス「ちょっとめんどくさくなったんですよね。だから『もう言っちゃえ!』って。
     『40歳だからええやん』みたいな感じがあって、恥かしいようなことを言う
     のが、逆に恥かしくないような感じになったんですよね。」

トータス「・・・長いこと見てるとね、40代ミュージシャンってどっかで吹っ切れるん
     ですか?例えば吉井(和哉)くん40でしょ?僕40でしょ?宮本(浩次)くん
     も同じ年なんですけどね。みんな40ぐらいになるじゃないですか」
渋谷陽一「そういや、みんな吹っ切れてるね。」
トータス「例えば僕は桑田さんが20代の頃から知ってるわけじゃないですか?佐野さんも。
     若い時から40代を経て、50代に向かっていく全部を見てるわけじゃないですか。
     みんな、どっかで変わっていくんですか?」
トータス「なんかみんな同じようにどっかで達観するっていうか、変わっていくのかなあ
     みたいなね」
  (bridge55号より抜粋)

トータスは40になって吹っ切れたって言うけど・・・
ボクは40になって吹っ切れなくなったな。
悩むこと、割切れないこと、受容れられないことが多くなったって言うか。

トータスが悩んだように、ボクも周囲に苛立ち、力入れて仕事してる。
肩の力を抜いて、ほど善く・・・なんて出来ない。

もう少し年取ったら、吹っ切れるのかな?楽になれるのかな?
そうなりたいような・・・なりたくないような・・・。

50になったら達観できてるのかな?どうだろう?
年取ったら楽になれる・・・ってこと事態「幻想」のような気もするけど。

でも、トータスのこのインタビュー読んでウルフルズのニューアルバム
聴いてみたくなった。どんな作品になっているのか?興味がわいてきた。
そのうち・・・聴いてみようかな?
0

2008/1/3


今日は浅草寺に初詣に行って来ました。
天気は快晴なので竜泉経由で歩いて浅草寺に向かう。
太陽の光がポカポカと温かくてキモチよく歩けました。

浅草に入ると人人・・人。
「信仰心もないクセにこういう時だけはお参りするんだな?」と
毒づくボクに嫁は呆れて「キミも同じだろ?」とツッコむ。
ハイ、おっしゃるとおりです(^^;)ゞ

浅草寺に着くと雷門は参拝客で混雑状態。
仲見世通りに入るともう身動き出来ない。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

混雑は中々進まない。浅草寺に来るまでより、仲見世通りから
浅草寺に入るまでの時間の方が多くかかってる(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ようやく浅草寺に辿りついても中々お参りは出来ない。
警官が出動して場内整理している状況。
ようやくお参りを済ませ・・来た道を戻ろうか?とも思ったけど
とてもムリ。わき道に避難しました(笑)

わき道には様々な露店が並ぶ。
広島焼き・焼き鳥・マグロ焼き・カバブ等・・・ジャンクフードの祭典。
どれも目を奪われましたが、結局「もんじゃ饅」を食す。これが美味い!
クリックすると元のサイズで表示します

帰る頃にはすっかり陽が暮れてました。
夕暮れに浮かぶ浅草の街の風情はイイ感じ♪好きだなァ。この風景。
クリックすると元のサイズで表示します

今年の散歩始めも楽しく終わりました。
さて、今年も嫁と二人で色んなトコを歩き回りますか。
もう若くはないし・・・いっぱい歩いてカラダに気をつけないとね。

何よりたっぷり歩いた後のお酒はホントに美味いし、ね(笑)(゚゜)\バキ☆
0

2008/1/2

08年を迎えました  日々の泡(日記)

31日は嫁の故郷山形に帰省。
上野駅から新幹線に乗る。
車中、嫁は「マンション出る時ボイラーの電源落としたかな?」
「いない間に火事になってないかな?」と気にしてるのを
「大丈夫だよ」と慰める。何の慰めにもなってなかったけど。
嫁はこういう事キチンとしたコなので心配はしてなかった。

東京は晴れ。でも福島過ぎた辺りから外は雪。
古川駅で乗り換え。もう・・駅も線路も白一色。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

嫁のウチの最寄の駅に到着。嫁のお兄さんが車で迎えに来てくれた。
辺り1面雪雪・・・ロクに前も見えない。
ウチに着くとお義父さん、お義母さんが笑顔で迎えてくれる。
ダイナマイトや紅白を見てノンビリと大晦日を過ごしました。

元旦、朝食の後、お義父さんと嫁と近くの神社に初詣。
外は気温1、2度。年末買ったダウンジャケットを羽織って外出。
普段着てるジャケットやコートじゃこの寒さは防げない。
ダウンジャケットを買ってて善かった。
クリックすると元のサイズで表示します

近くの神社で初詣。1箇所だけお参りするのかな?と思ったらお参りする
箇所が7箇所くらいありました。イッパイお願いしました(^_^;)
帰宅後はウチで昼寝したり、お笑い番組見たりしてダラダラウダウダ。
ノンビリ過ごしました。

年末から忘年会続き。少しは運動せにゃイカン、散歩でも・・と
思いましたが外は吹雪状態。恐れをなしてさっさと戻りました(^^;)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

ボクは京都生まれで雪のない場所で育ちました。よく「雪にあこがれる」
「雪景色ってロマンチック」って言うけど・・雪だらけの中で暮らすって
きっと大変なんだろうな?そんな感傷なんて入り込む余地が無いのでは?
と思います。
そしてボクは仕事で悩んでるけど・・こんな雪とか大自然相手してるんじゃ
ないしね。たかだか人間相手だしね。いざとなりゃうっちゃればイイんだし。
年末、元春見て年初に雪景色見て・・何かスッキリしました。
簡単な奴(^^;)ゞ

夜も美味しいご飯とお酒でノンビリ過ごしました。ホントノンビリした。

で今日は朝から東京に戻ってきました。うって変わって東京は快晴。
年末・年始と遊んでホントにノンビリ過ごしました。

明日で冬休みは終わり。明日もノンビリ過ごして仕事明けに備えます♪

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ