2008/2/24

風が強い日  日々の泡(日記)

昨日は嫁と帝釈天までお出掛け。
当初上野か北千住でお買い物の筈が、折角だからいつもと違う場所に行きたい
とのボクのリクエストで高砂〜帝釈天〜亀有のコースへ(^^;)ゞ

さすがに歩いて行くのは無理なコース。
電車で高砂まで出てそこから帝釈天まで歩くことに。
曇り空で今にも雨が降ってきそうな空模様。
帝釈天でお参りし、参道のレトロな街並を楽しむ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

お昼は参道のお蕎麦やさんで。
お蕎麦がモッチリとしていて美味しい。
海老天もボリュームたっぷりだけど重くない。ボクも嫁も大満足♪
その後は参道脇のレトログッズのお店で楽しむ。
子供の頃、よく買ってた商品の数々にボクも嫁も目を輝かせる。

その後は柴又駅前で寅さんの銅像をパチリ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
とは言うもののボク、寅さんの映画は1本しか見てないんですが(^_^;)

柴又から亀有まで歩いて行こうか・・・と思いましたが
風が強くてとても歩くのはムリ。
とりあえず電車で金町まで・・・でも強風で電車が止まってる(・_・!)
で仕方なく亀有まで歩く歩く。空は明るいのに風が強い。寒い(-_-;)

あまりの寒さで途中でマクド(もしくはマック)で暖を取ることに。
30分ほど歩いてようやく亀有駅前に。アリオで買い物を楽しむ。

電車もそろそろ動いてるかな?と思って亀有駅に行くと・・まだ動いてない。
ウーン、どうしようか?バスで帰るか?でもどのバスに乗ればイイ?
と思ったら・・・・電車が再開\(^▽^)/
なんとか帰宅し、晩御飯と晩酌を楽しみました。

風に悩まされた1日だったけど・・・終ってみれば結構楽しかったかも。
今日も1日風が強くてウチに閉じこもってます。
嫁は渋谷にコレクターズのライブを観に行ってます。

今日は電車大丈夫かな?悪影響ないとイイな。
嫁が無事帰って来れますように<(_ _)>
0

2008/2/24

「宇宙の柳、たましいの下着」直枝政弘トークイベント  カーネーション

金曜日は会社で参加してる交流会の後、シモキタへ。
カーネーション直枝さんによるDISCガイド&エッセイ「宇宙の柳、たましいの下着」
出版に伴うトークイベント。生ライブ&サイン会もあると言うので参加することに。

この「宇宙の柳、たましいの下着」(すげえタイトル^_^;)はナオエさんが
影響を受けたアーティストとアルバムについての想いを綴った本。
ナオエさんのオンガクへの熱く濃い愛情がたっぷりつまってる。
それはそのままナオエさんの自伝のよう。

少し早めに着いたので下北を散策。下北の賑わいは好き。
中古CDショップや古本屋をのぞいたり。
途中で某モッズ系バンドのベーシストを見かけたり(笑)

そうこうするウチに会場の「風知空知」に。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

会場はこじんまりとしたイベントスペース。とてもイイムード。
http://www.fu-chi-ku-chi.jp/greeting/index.html

今回のイベントはナオエさんの本に基づきレコードをかけながら
ナオエさんが各アーティストへの想いを語ると言うもの。
時間になりナオエさん登場。まずはアコギによる弾き語り。
「やるせなく果てしなく」「体温と汗」「サンセットサンセット」
そして「摩天楼に雪が降る」。カーネーションの名曲を一人で。
コエとアコギの響きがホントに素晴らしい。
バンドサウンドとは別の「独りの世界」があってそれがとてもリアル。

これを聴いただけでここに来た甲斐あり。

トークイベントは本に沿ってナオエさんが語る。まるで授業(^_^;
まずはナオエさんが初めて聴いた「島倉千代子さん」から開始。
続いて水谷良重、フォーククルセイダーズ、加橋かつみ。
レコード(CDじゃなくてアナログ)をかけながらナオエさんが語る語る。
そのたび本の関連ページを開き生徒のボク等はメモる。楽しい(笑。
0

2008/2/21

オンガクの魔法〜元春SSBBツアー@横浜  佐野元春

ステージ上は輝いてた。
元春もホボキンもオーディエンスもキラキラ光っていた。
とても楽しくて、嬉しくて、でも泣きたいような・・・
オンガクの魔法がここには舞い降りてきた・・何度もそう思った。

元春SSBBツアー@神奈川県民ホール。ボク等は今回ツアー初参加。
神奈川県民ホールは「TheSunツアー」クリスマスイヴライブ。
あのライブは最高だった。あれ以来このホールを好きになった。
だから今回のライブも期待イッパイだった。
(以下ネタばれイッパイあります。要注意!)

嫁と関内駅から山下公園経由で神奈川県民ホールに向う。
赤レンガや古い洋館風の建物がイイ感じ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

開場前に到着。時間潰しに山下公園を散策。ベイブリッジの風景を楽しむ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そうこうするウチに開場。席は14列目。中央という絶好のポジション。
開演早々凝ったオープニング。そして意表を着くはじまり方。
バラードで始まったライブは・・・過去記憶ないような。
しょっぱな3曲はライブで初めて聴いた。

「ハートビート」はTTシスターズと楽しい振り付け。
でも・・・聴いてると何か泣きたくなった。
ボクはこの曲はリアルタイムで聴いてない。特に思い出が重なるワケじゃない。
でも・・・歌詞を聴いてるとグッとくる。
それは・・昔を思い出すのでなくまさに「現在(いま)の唄」だから。
今回初期の曲を聴いてグッと来たのは・・・とても印象的だった。

「バーン」からの2曲は楽しい。コロちゃんのボーカル聴けたのは楽しい。
そして何よりKyOnさん!アコーディオン弾き倒した後、キーボードに
走って戻る姿が颯爽としてる。同性ながら見惚れてしまった。

ホボキンの演奏がともかくすごい。オトが固まりとなって飛んでくる。
嫁が「スゴイね、このヒトたちは」と賞賛する。
明日の仕事を考えておとなしく聴くつもりが何度も手拍子をした。
0

2008/2/17

昨日は・・・  

昨日はフィッシュマンズ佐藤伸治クンのお誕生日。
佐藤クンは1999年にあっちに行っちゃったけど
もし、そのまま・・生きてたら昨日で42歳でした。

そしてHONZIさんのお誕生日は2月15日でした。

佐藤クン、HONZIさん、お誕生日おめでとう。
こっちにいるときに逢いたかったな。
でも、キレイなオンガクを残してくれてありがとう。

おきているキミも眠ってるキミも好きだよ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ