2008/9/27

ボガンボローザ熱闘音楽祭2008  オトの記憶(CD、ライブ)

毎年、恒例の「ボ・ガンボローザ熱闘音楽祭」。
今年はいつもの8月と違って9月、しかも2日間の開催。
ボク等は1日目に参加。この日は仕事は休みました。(スチャラか社員(^^;)

でも、後から考えると仕事を休んで正解。
色々煮詰まったことが「どんとの唄」でスッキリ解消したかも。
夕方から電車で下北に向かう。
自作の「カーネーションベスト」を聴きながら色々考える。

会場の下北CLUB251でチケット引き換え。開場まで時間があるので下北を散策。
仕事帰りの嫁と合流。ヴィレッジヴァンガードで時間つぶし。
会場に戻ると知り合いが何人か居たので挨拶。

開場。ステージ前スペースの真ん中辺りに陣取る。
横の通路の壁にオモシロい模様が。嫁に写真撮ってもらう↓
クリックすると元のサイズで表示します

時間どおりメンバーが登場。KyOnさんはスモークグレーのジャケットに紫シャツ。
玉ちゃんは派手な柄シャツ。バックはマチルダ2人+岡地さん。ツインドラム!
そしてボーカルはうつみようこさん!痩せてキレイになった!
ようこさんのオモロイMCで開始。
そのまま「ダイナマイトに火をつけろ!」「泥んこ道」に突入。
「泥んこ道」でKyOnさんがステップを軽やかに踏む。
「おいなり少年コン」のボーカル回しも楽しい。

ここからはゲストコーナー。うつみさんは全部コーラス参加。先ずはポカスカジャン。
「こんなトコ来てイイのか悩みます。今日はどんとのつもりで唄います!」
リーダーの大久保クンが絶叫!いやいやナカナカのボーカルでした。
「絶体絶命」では北朝鮮から特別ゲスト(笑)
まさか、下北沢で「マンセイ・テポドン」を叫ぶことになるとは\(T▽T)/

川上クンは「KUSUKUSU」時代リハでよく唄ったという「ポケットの中」を熱唱。
この唄聴いてたら、何か最近悩んでた事が馬鹿馬鹿しく思えた。
それにしても・・川上クン、38歳?とてもそうは見えない。永遠の青年だ。

うつみさん「次の奴来ると気温が上がる。イヤや〜」と云いつつ井垣クンを呼ぶ。
井垣クンは飛んで跳ねて客席に飛び込む。相変わらずの暴れっぷり。好きだなぁ。

ここで一旦休憩。うつみさん曰く「バックバンドの体力が持たない」とのこと。
確かにこの後、岡地さんが途中で抜けたり・・相変わらずのユルユル進行(^_^;)

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ