2009/6/6

鈴木祥子「Premium meets Premium」@浜離宮朝日ホール  鈴木祥子

木曜日は新橋浜離宮朝日ホールで祥子さんのライブ。
7月に渋谷アップリンクで祥子さんのドキュメンタリー映画「無言歌」が上映される。
今回はそのプレミア上映やテーマ曲のアナログEP発売と色々と楽しみがある。
仕事を定時で切り上げてライブ会場に向かう。

夕暮れの新橋のビル街。空が少しづつオレンジに染まっていく。
会場は朝日新聞ビル内にあるこじんまりとしたホール。
どちらかと言うとクラシック向けのホール。

ステージにはグランドピアノが置いてあり後ろにはスクリーンが広がっている。
ライブ前に今回の映画の予告編が上映される。画面の中で祥子さんが歌い泣き笑ってる・・・。

映画上映の後、祥子さんが登場。ピンクのドレスが似合っている。
映画の挿入歌「DO YOU STILL REMEMBER ME?」を静かに歌う。
「時が過ぎてワタシを変えるのは怖くない」
「アナタを想い出すとき、ワタシを想い出すとき、ちょっと笑っちゃう、泣いちゃう」
この歌を聴いたとき・・なぜか・・死んだ父を想い出す。泣きたくなる。
その後は祥子さんのお婆さんのお葬式の情景を描いた「ローズピンクのチーク」。
「世間並みがアタシをおいつめる」・・の歌詞が印象的。

「ただの恋だから」「あじさい」・・・懐かしい歌が紡がれる。
「あじさい」の「幼い二人を見たら抱きしめたい」の歌詞にグッと来る。
自分の子供のころの夏の風景が蘇る。
祥子さんのライブはいつもそう、いきなり消してた過去に連れて行かれる。
そのまま「愛の名前〜忘却」。これは、現在の自分の心情と重なる歌。
ひたすら痛い、刺さる。これまでも何度も聴いたけど聴くたびに揺れてしまう。

ここで祥子さんはいったん退場。映画の一部がプレミア上映。
祥子さんは画面の中で泣いたり鼻を詰まらせたり自由気まま。
感情を素直に表し爆発させてた。。。うらやましいくらいに。
画面の中には2年前亡くなった祥子さんのお父さんの写真が映ってた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ