2009/9/13

カネオヘアーライブ@恵比寿リキッドルーム  カーネーション

昨日、恵比寿にカーネーションのライブ見に行きました。
場所は恵比寿リキッドルーム。共演はスネオヘアー。

朝は試験勉強しながら嫁と遊ぶ。嫁に顔をつかまれてヘンな顔。
ソファの上や床に転がってリラックス、大人しくしてるとイイ顔してる。
一番下2枚が特にイケ面じゃないか?と(親バカ(^_^;))
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

夕方からライブ会場に向かう。リキッドルーム移転5周年のライブ。
先ずはスネオヘアーから。曲を見るのもライブ観るのも初めて。
バックには元スーパーバタードッグの池田貴史がいる!
ポップでノリがイイ。でも何処かひねくれたメロディと歌詞。
カーネーションと通じる魅力。バンド演奏も声もイイ。

何よりスネオのキャラが最高。
トークはギャグを交えて笑いを取る。「あぶり」をネタにしてたし(^_^;
客席の「スネオ〜!」の掛け声に「お客〜!」と返したのは最高だった。
最後の曲は勇壮なラブバラード。
後半、スネオは座り込みギターを引っ掻き回す。
丸でジミヘンみたい。ポップだけどクレイジー。また見て見たいヒトです。

2部はカーネーション。「やるせなく果てしなく」からメロウに開始。
ボクの横にいる若い男の子が一緒に歌っているのが印象的。
「ハイウェイバス」「Paradise Express」と次々とノリノリの演奏。
中原さんがともかくカッコいい。ニコリともせずシンバルを叩く。

ナオエさんの声もギターも・・・凄い。なんだろう、あの凄さ。
「幻想列車」は過去聴いた中でも最高だった。聴いてて鳥肌が立った。

嬉しいニューアルバム、旧作再発、年末ツアーのお知らせの後に「ANGEL」!
もう・・この歌詞は来まくり。悩み抱えてる自分にはガツンガツンと来る。
中盤のナオエさんのクレイジーなエレキソロ、もうヤバイ。
荒々しく切り込んでくる。バラードなのに破壊力抜群。
「ダイナマイトボイン」「クエスチョンズ」。ナオエさん切れまくり。
ボクも切れました。手を振って踊る、叫ぶ。
隣のオトコのコも楽しそうに弾けてる。

そして「The End of Summer」。こういうイベントで聴けるなんて!
現在(いま)一番聴きたかった曲。泣きそうになる。
ゆるずさんが煽り客席大合唱。とてもキレイな景色。

ラストは「ジェイソン」。ナオエさんのエレキ、中原さんのドラム。
もう最高&最強。オトが走る。覚悟を決めてるオト。立ち向かうオト。
そんな感じがした。

アンコールはスネオと池田君を交えてカーネーション名曲大会。
ピアノ入りの「エドリバー」は初めて聴いた!最高に嬉しかった。
「ビューティフルデイ」も滅茶苦茶楽しい。
スネオは切れまくり。客に水をぶっ掛け、客席に降りヘンな踊りを見せる。

これで終わるかなと思ったら2回目アンコール!
当然「夜の煙突」!!!スネオの切れっぷり。池田君も暴走。
ナオエさんは走る!ゆるずもステージ上をのっしのっしと歩く。
中原さんは手を交叉してカッコよく決める。
客席もステージも一体となりました。

出し惜しみなしのライブ。最高でした。

カネのライブっていつも全力満開。
今回はジョイントライブだから軽い感じで進むかなと思ったらトンでもない。
ギュッと濃縮して且つ最後に大爆発、はじけてた。

ライブ後、なんとなく考えた。
オレも「逃げるにせよ」「立ち向かうにせよ」中途半端は止めよう。
どちらに進むにせよ。「全力全開」で行かなくちゃ。
たかが10年のキャリアで落着いてる場合じゃないよな。

いつもどおり「勇気をもらえる」ライブでした。Thanks☆
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ