2009/10/31

九段下〜神保町めぐり  日々の泡(日記)

今日は神保町、九段下方面にお散歩。
10月半ばにこの辺歩いたけど回りきれなかったのでリベンジ。

神保町は今日は古本市で街は賑わってました。
本当は「さぼうる」でランチと行きたかったけど混んでて断念。
変わりに「古瀬戸」というカフェでランチ。
壁一面に絵が描いてあって洒落た内装。後で調べたら城戸真亜子さん作。
サンドイッチとスープがとっても美味。思わぬ掘り出し物でした。
http://www.navi-bura.com/main.php/view/main_ca_1/sub_ca_9/0/00123/0/

ランチの後はボクがおねだりして古本屋めぐり。
佐野クンを特集した古いロッキングオンジャパンを購入。
値段を見てビックリ(・_・!)。こんな高値で売られてるんだぁ。
ホントは中古CD屋や漫画屋も見たいところだけど・・・
そうなったらココで1日時間を潰しそうになるので止めました。(^_^;

その後は九段下に向かう。道中、旧い洋風の建物が並ぶ。
クリックすると元のサイズで表示します

平川門、お堀どおり、九段会館経由で武道館に行きました。
うわぁ、武道館ってその気になれば歩いていけるんだ!これも驚き。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
今日は倉木麻衣さんのライブがあるみたいで武道館前はヒトでいっぱい。
武道館・・・Coccoと元春のライブで来たきり。
来年の元春の30周年ライブはここでやってもらいたいな。

そのまま神保町に戻り神田に向かう。日の光は冬の匂いを忍ばせている。
今日で10月も終わりだしね。
神田駅前の餃子屋で晩御飯&呑み会。時間はまだ夕方5時。
仕事してる皆さん、スミマセン<(_ _)>
1時間後、ヨッパライが2人できあがってました(^^;)ゞ

電車の中で何度も「たのしかったね」と云うボクに嫁は呆れ顔(^_^;
ヨモギの晩御飯の時間にも間に合いました。
ヨモギは独りでお留守番してて寂しかったのか嫁に甘えています。

東京は色々な顔を持ってて歩くとホントに楽しい。さて来週は何処行こうかな?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/28

向かい合う・隣り合う  日々の泡(日記)

日曜日テレビで渡辺謙主演の「明日の記憶」を放映していた。
この映画、以前DVDを借りて見たことがある。

猛烈サラリーマンが若年性アルツハイマーにかかるストーリー。
「感動できる映画」との評判だったけど・・・ボクは見てて怖かった。
想い出を総て失う。若しこんなことが自分に起こったら・・・怖い。
嫁、友人、家族、好きな唄・・・すべて忘れてしまうのは怖い。
見終わった後・・・なんとも云えないやり切れなさが残った。

渡辺さんはこの映画の原作に惚れ込み映画化に奔走したらしい。
堤幸彦さんに映画監督を頼み、宣伝会議にも出席し他の俳優さんの演技にも口出した。
奥さんを樋口可南子が演じた。これも素晴らしい演技だった。

この映画について糸井重里さんとメールのやり取りをしてる。(2006年上映当時)
糸井さんのサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に2人のメールの内容がUPされている。
http://www.1101.com/ashitanokioku/index.html

メールを読んでて・・・渡辺さんの真摯な姿勢、いや謙虚な姿勢にうたれた。
おふたりの間にはステキなコトバが行きかっている。
中でも・・・・

「線を引かない」「あっちとこっちを分けない」「向い合うよりも隣合いたい」。
「負けてもいいんじゃないか?」には・・・ガツンと来た。

「向かい合う=立ち向かう。勝ちを目指す。負けが許されない」
「隣り合う=お互いに許しあう。隙を見せれる。」

なんか・・・ずっと自分が悩んでて、出口が見えなくて行き詰ってる処に
ひょいと別の「入り口」を見せられたような・・・そんな気がして呆然とした。

そうか・・・こんな考え方あるんだ。こういう考え方していいんだ。

すごいな。こういうヒトだから世界を股に活躍できるのか・・・
いや、こういう考え方だから渡辺さん自身が「世界を受容れること」が出来たのか

このサイトに刺激を得て今日、原作文庫本を買ってみた。原作ははじめて読む。
コトバのひとつひとつがしみこんでくる。
機会あればもう1度映画も見たい。
今度は「恐怖」でなく・・・別のなにかを感じられそうだ。

とは云えボク自身が周り、特に仕事関係に「隣合えるか?」は何とも云えませんが。
ボクは・・・・渡辺さんのように人間が出来ていないので(^^;)ゞ
当分は・・・立ち向かわざるを得ないかな?まぁ多少「向き」を変えてみよう。
じょじょに・・・。

今日、帰宅して結婚当時撮影した嫁の写真を見てみました。
嫁、全然変わってないなぁ・・・あのときも現在(いま)も楽しいヒトだ。
今日は、ウチでヨモギがオモシロいことして大笑い。

ウチで起こっている愉快な出来事はいつまでも忘れないでいたいものです。
忘れるには・・・・勿体無い。さて、明日は何が起きるやら(^_^;

0

2009/10/24

猫踊り  

昨夜は例によって酒盛り(笑)。
嫁がツマミを食してるといつもどおりヨモギが寄ってきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

嫁はヨモギを抱っこしてそのまま躍らせます。ヨモギも愉しそう(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
嫁はヨモギと遊んであげるのがホントに上手。
靴下や布を使って一寸したオモチャを創って上げたり、顔をいじったり。
対してボクはアタマを撫でてあげるしか芸がありません(^_^;)
嫁に「遊ぶのが下手」と嘲笑されています。(^^;)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

かかりつけの動物病院から定期健診のハガキが来てました。
いつもは嫁が連れて行くけど今日はボクが連れて行きました。
ウチから僅か5分。ただヨモギは外出を怖がるので泣き叫ばないか不安。
キャリーケースに入れて歩きますが大人しい。よしよしエライぞ。

病院でも大人しかった。血液とるとき少し暴れましたが。
帰りも大人しくキャリーケースで運ばれました。よく頑張ったね♪

帰宅してからはくたびれたのか居眠りしてました。
クリックすると元のサイズで表示します

さ、晩御飯。今日は寿司♪襲わないでね♪♪


0

2009/10/22

中休み  

昨日、発熱して病院に。そのまま早退。
今日は熱は引いたけど、体がダルいので会社を休み(嫁曰く「ズル休み」(^_^;)

ヨモギは朝食後、ボクと嫁がヨーグルトを食べてるのを見て寄ってくる。
嫁は指を近づけると「クンクン」と臭う(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ともかくダルい。横になりながら録音していたラジオやCDを聴く。
そのうち寝てしまう。寝たら大分カラダの痛みもひいた。
仕事のこと、会社のこと考えようか?とも思ったけど面倒なので止めた(^^;)ゞ

ヨモギはノンビリ籠の中で寝転がっている。見てるこっちもノンビリ。
ヨモギがウチに来る前、嫁がお出掛けして独りで留守番してたら
色々考えて「どんより」してたけど・・・今はヨモギが居る。
お留守番してても楽しい♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

さっき、膝の上に乗っけたら大人しく乗っかりました。
ずっとボクの膝の上に乗るの嫌がってたのに。ひさしぶり〜〜( ̄∇ ̄〜)(〜 ̄∇ ̄)〜

体調もだいぶ善くなった。明日は出社して仕事がんばろう。
そしたらまた休日さ♪
0

2009/10/21

加藤和彦さん  

先週、加藤和彦さんの悲しいニュースがあった。
キヨシローの逝去もショックだったけど、加藤さんのことは別の意味でショック。

ボクは20代後半でYMOに目覚め、中でも幸宏さんが好き。
そこからサディスティックミカバンドに遡って聴いた。
桐島かれんをボーカルに迎えたときのミカバンドはともかくカッコよかった。
和服で並んだメンバーの写真はホントに粋。
ミカバンドのライブアルバムは何度も聴いた。

加藤さんはともかくお洒落でスマートで粋だった。
「日本にも紳士って言えるヒトがいるんだ」と感心した。
ソロアルバムは聴いたことないけど雑誌に奥様(安井かずみさん)と
よく出ていてエッセイとかをよく読んでた。
松たか子主演の「四月物語」にもチラッと出演してたけどホントに素敵だった。

加藤さんの亡くなり方に多くのファンが悲しんだり怒ったりしている。
祥子さんも、御自分のブログにて触れている。
http://syokosuzuki.sakura.ne.jp/inmyroom/index.html
祥子さんは「素敵な先輩が居なくなった悲しみ」「残されたモノの途方の無さ」をつづってる。

「ずっとカッコよく生きて欲しかった」「アーティストとしての責任は?」等、
批判するヒトも居るようだ。その意見自体はボクもうなずける。

一方で
「アーティスト」ってそこまで他人の期待を背負って生きなくちゃイケナイのか?
そこまで色んなヒトの期待にこたえる義務があるのか?って・・気もする。

もちろん、加藤さんの亡くなり方はいけない、絶対。それは否定する。
ファンの期待がアーティストの励ましになってることは勿論ある。
元春なんてそうだろう。ファンの熱い声援がエネルギーになってる筈。

ただ、ボク等音楽ファンはアーティストに過剰に期待し過ぎてないだろうか?
アーティストはいつまでも期待に応えてくれて当然と思ってないだろうか?

過去、新しいことをやったから、またやって欲しい。ずっとお洒落でカッコよく居て欲しい。
強く楽しくいてほしい・・・・等々。もちろんファンとしては当然だけど・・・
老いていくアーティストには正直「キツイ」ときもあるんじゃないだろうか?
そんな「いつまでもカリスマ・ヒーロー」でいられるワケが無い。
(別に加藤さんがそうだったというワケではなく・・・)

アーティストも人間。悩んだり苦しんだりココロの病にもかかるだろう。
そして年取った方、ベテランほどそういう部分を隠しているんじゃないだろうか?
周りに気遣って、心配掛けないように。或いは自分のイメージを裏切らないように。

「ココロのケア」をしてくれる仲間、場所は絶対必要だし。
逆に無いと・・・相当キツイだろう。
彼らは自分の身を削って作品を創り、大勢のヒトに向かい合ってるのだから。

アーティストの出すもん、何でもOK,馴れ合いの関係もイヤだけど
必要以上に求めて、追い詰めていくのもゴメン。
お互い年取ってきたんだし・・・のんびり、ゆるゆる、でも一本筋は通ってる。
そういう関係で居たい。

とは云っても・・・やっぱりあんな素敵な方が居なくなったのは寂しい。悲しい。
あらためてご冥福をお祈りしています。
貴方が歌った「どんたく」のカッコ善さは一生忘れません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ