2010/2/20

SWITCH 25th Presents 佐野元春 Spoken Words Live  佐野元春

「WILDTURKEY」と雑誌「SWITCH」と元春コラボの詩のコンテスト。
一般の人から詩を募集し、入賞者および抽選にあたった50名を元春ライブに招待。

ボクも詩は送りましたが当然はずれ。ライブ抽選もはずれたとあきらめてました。
そしたら先週末、主催者から「当選者が来れなくなったので繰上当選」との連絡が!
(・_・!)゛\(^0^\)(/^0^)/゛〜( ̄∇ ̄〜)(〜 ̄∇ ̄)〜

くじ運悪いオレにしては珍しい!で招待券が送られてきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

以下レポ。長いです。(^_^;

ここ数日、体調はサイアク。激しい咳込みが止まらない。
ポエトリーリーディングのライブ中に客席で「ゲホゲホゴホゴホ」と
咳込まれたんじゃ元春も他のお客さんも迷惑だろう。
先ずは「咳を治す」これが自分に与えられた課題。
幸いお医者さんからもらった薬が効いて咳は収まった。

渋谷でメンタルヘルス面接を受けた後、ライブ会場に歩いて向かう。
場所は西麻布にある「SWITCH」のカフェ「Rainy Day Bookstore & Cafe」
http://www.switch-pub.co.jp/topics/rainy_day_070507.html

で例によって迷子(^_^; 1時間位歩いてなんとかたどり着く。
既に当選者の方が並んでる。顔見知りは残念ながらいない。

お洒落な装いのスタッフの皆さんが実にスマートに仕切る。
実は「SWITCH」は愛読書。丁寧なインタビューが好き。
井上陽水、Cocco特集とか読んでホント感動した。
スタッフの方のイメージが雑誌のイメージそのままだったのもウレシイ。
入場者の皆さんには「WIRDTURKEY」が無料で呑めるとのこと\(≧▽≦)/
しかもお土産までいただいた。やるじゃん!「SWITCH」(゚゜)\バキ☆

場内はこじんまりとしたスペース、矢張り洒落た装い。
お客さんは結構若い人多い。30代の男性、20代らしい女性もいた。
そうか〜こういう若い人が元春聴いて且つ詩を作って送ったのか。

詩の入選者の方が一番前の席に座る。今日はその応募作の1つを元春が読む。
ここでもスタッフの皆さんが実に丁寧且つスマートに仕切る。
ボクは後ろの席に座るけど、それでも4列目。ステージはすぐ目の前。

元春のスポークンワーズのライブは2001年鎌倉芸術館ライブ以来。

スタッフの方から挨拶あって元春登場。近い!髪が白い!
元春は黒サングラス、黒セーター、グレーのパンツ。ギターはなし。
左のキーボードには井上鑑さん、右のドラムには山木秀夫さんが着く。

錚々たるミュージシャン3名をこんな近くで見れるとは!
でライブが開始。
元春が黒サングラスを外し素通しのメガネをかける。
1曲目は「ポップチルドレン・ウィズ・ア・ニューマシン」だった。

続きを読む
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ