2010/5/10

鈴木祥子「NewSingle」レコ発ライブ  鈴木祥子

昨日は吉祥寺で祥子さんのライブあり。
NewSingle「my Sweet Surrender」レコ発ツアー。
バックは昨年ツアーに引続き「ジャック達+かわいしのぶ」

このシングル、祥子さんらしいメロディ、独特なコトバ使い。素晴らしい。
「名前を呼んで」の明るさ・楽しさは久しくなかったもの。
でも・・・自分が好きな曲か?というと少し違う。
ボクの好きなのは「忘却」「何がしたいの?」「道」「3月のせい」とか
へヴィーなものが多い。アルバムでいえば「鈴木祥子」が一番好き。
ただ祥子さんはそういうへヴィーな処から抜けている。ライブもノリノリ。
ボク自身もその方が楽しいんだけど・・曲はやっぱり重いほうが好き。
ファンっていうかオレが迷惑な奴ですね(^^;)ゞ

朝、ヨモギはおもちゃのボールで遊ぶ。すごい楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
午後は嫁と近場をお散歩。10匹近くの猫さんと遭遇。
猫さんは嫁には親しげに寄って来たり鳴きかけるがオレが近づくと逃げ出す(TT)
嫁は「そりゃそうだろう。ワタシだって近寄りたくない」と一蹴(^^;

夕方から中央線で吉祥寺に向かう。すごい賑わい。
今回の会場GBは繁華街の中にある。雰囲気は新宿JAMに似ている。
どちらかというとパンク・メタル系のバンドが演るハコかな?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
場内は満員。ボクは1Fフロアの後ろの方に陣取る。
開始の案内もなく祥子さんとメンバーが登場。いきなり始まる。
祥子さんはショートカット。カワイイというよりはカッコいい!
黒Tシャツ+ジーンズという祥子さんにしては珍しい装い。
ナンバガの田淵ひさ子さんを思わせる風体。

先ずはビッグスターのカバー。続いて
「そしてなお永遠に」「黒い夜」「依存と支配」「#7シャッフル」
とハードなロックンロールを連発。
そう!こういうハードな重い曲を聴きたかった!いきなり満足(^_^;

ジャック達のオトは重い。何処かメタル風味もあって最高にハード。
特に木原さんのギター。あれは凄い。ナオエさんとは別の意味でカッコいい。
客席はノリノリ。祥子さんも「こんな盛上るなんて!」と大喜び。

祥子さんの弾語りのコーナーでは新曲「名前を呼んで」を演奏。
「名前を呼んで」の歌詞に合わせて客席から「しょうこ〜!」の掛け声。
アイドルのコンサートか?っていいつつボクも声掛けました。(゚゜)\バキ☆
ボクはアイドルのファンになったことは全く無いのでこういうのは初体験。
その後はZEPPの「No Quarter」とオフコースの「思いのままに」のカバー。
更には新曲「Sentimental Loveletter」も披露。
この曲の「あなたのいいとこ100でも200でもいってあげる」の部分は好き。
そういえば以前嫁にオレの長所は何?って質問したら
「長所・・無い!!どこをほめろと?」と一刀両断されました。\(T▽T)/

後半新曲の「my Sweet Surrender」が演奏される。
せつないメロディ、CDで聴いたより響く。
「幸福と降伏ー同なじ言葉を気に入ってたい」こういうコトバはこのヒトならこそ。
この曲には、こんな歌詞がある。
「アナタが歌えと云う、のなら、どんな歌でもうたうでしょう」


去年映画「無言歌」を作る際祥子さんは音楽を止めることを考えてたという。
実際「Do You Still Remenver Me?」にはそういう歌詞があるし。
でもジャック達との出会いがまたレコーディングやライブに向かわせた。
音楽を取り戻した。だから現在の祥子さんは楽しそうなんだろう。

続いて新曲「Is my love wrong?」を演奏。
「ねぇ、あたしの愛は間違ってる?」のフレーズが延々続く。これはズンと来た。
そう、このヒトは「マチガイ」や「あやまち」を歌のテーマにする。
「正しさ・楽しさ・優しさ」だけの歌じゃない。だからリアル・・だ。
本編ラストは「シェルター」「完全な愛」のへヴィーな曲連発。
決して盛上がる曲じゃない。ジャック達の演奏に乗り切々と歌う。
刺さった。泣きそうになった。聴きながらいろいろ想った。憶い出した。

あのときは何も知らなかった。不完全な人間だった。
というか穴だらけ、からっぽだった。
愛なんてものは関係なかった。独りだった。

知らないからなくすこともない。傷みもない。関係ないから怖くもない。
でも、知ったから・・怖くなる。
あのときの自分の空虚さが現在(いま)はわかってしまった。
また、あのときが来るのでは?あの、からっぽが蘇るのでは?
ときどき、ずーーーーっと抱えてた下らない感情が悪夢のように襲ってくる。

だけど今独りじゃない。あのときよりは遥かにマシになった。イッパイ手に入れた。
あのときにはかえらない。あそこからは卒業した。もうもどらない。
帰る場所はもう別にある。オレにはHOMEがある。
ライブの途中でなんだが「早く家に帰りたい」何度もそう想った。

アンコールは「HAPPINESS?」「超・強気な女」で盛上がる。
一色さんと木原さんは祥子さんに弄られてうれしそう(^_^;
2回目のアンコールでは祥子さんギンガムチェックのドレスで登場。
場内から「カワイイ」の嬌声。男性ファンもジャック達もうれしそう。
本人はどう思ってるかワカランがやっぱこのヒトは「アイドル」だと思う。

オーラス「恋のショットガン」に掛けて祥子さんは水鉄砲を取り出す。
客席・バンドに水を浴びせかける。みんなうれしそう。爆笑しちゃった!
これは何のライブだ?\(T▽T)/\(T▽T)/

客席は火がついて終わらない。鳴り止まないアンコール。
曲が無いのでもう1度「my Sweet Surrender」を。祥子さんは楽しそう。
あらためて・・・イイ唄だな・・・そう思った。

ライブはここで終わり。いや〜楽しかった。
遠くから来ているはずの知合いを探そうかと思ったけどやめた。
挨拶もせず会場を後にする。(失礼<(_ _)>)

一刻も早くウチに帰りたかった。嫁とヨモギの顔を見たかった。
ウチに帰って一息。なんかホッとした。

今回のライブ。ボクの好きな重い曲もあり、アイドルノリもあり楽しめた。
散々文句を云ってたけど最高に楽しめました(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
やっぱオンガクはアタマでなくココロとカラダで感じるべきですね。

結論:やっぱり祥子さんのオンガクは好きです。降参します(^^;)ゞ

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/5/9

CARNATION tour2010 "Velvet Velvet Again"最終日@渋谷クラブクアトロレポ  カーネーション

昨日行ったカネツアー最終日レポ。
じっくり温めて書こうとも思いましたが早速書きます。
鉄は熱い内に打てというし(^_^;

カネ@クアトロは2年ぶり。前回は08年4月の「シュガータウンの荒馬」。
そのときはまだやんべさんがドラムを叩いてた。あれは凄いライブだった。
あのライブでカネのヤバさに気付いたと思う。

キヨシローの写真展を見るために早目に渋谷に到着。
写真展の内容は前記の様に素晴らしかった。
逆にカネのライブにキヨシローのイメージを引きずらないか不安あり。
・・・杞憂でした。そんな不安をあっさり吹っ飛ばす素晴らしいライブでした。

ずっと3人で続けてきたツアー。最終日だけキーボードシュンスケ君が参加。
初日の下北沢以来どう変わってるのか楽しみ。
場所はPAの横を陣取る。クアトロ、いい箱なんだけど音が結構歪む。
ナオエさんの声がギターにかき消されること度々ある。

ライブは下北同様「スペードのエース」でスタート。ボーカルもギターもクリア!
続いて「体温と汗」「El Soldado」「Frange」あたりをやったかな?
こういうファンキーな曲で中原さんのドラムが冴える。
客席もノリノリ。ナオエさん、最初の挨拶でナカナカ声が出ず皆笑う。
4曲ほど演奏したところでシュンスケ君参加。両手を挙げて登場。

キーボードが入ったことでサウンドが一気に広がる。下北とは全く違う!
「さみだれ」は凄かった。バンドの音が塊となって攻めてくる。刺さる。
最後のフレーズを何度もかき鳴らすナオエさん。このオトは来た。
「For Your Love」「この悲しみ」のギターソロも凄い。
「センチメンタル」のアレンジ、カッコいい!オリジナルより好きかも(笑)
かと思えば「Willow In Space」「Dream Is Over」の温かく優しい聖なる音。
ひとつのかたちじゃきめられないいろんなすがた。
それがこのバンドの素晴らしさ。うーん、どんな美辞麗句並べても伝わらない。
それが歯がゆい。

ゆるずさんの故郷鳥取でのエピソードも楽しい。
中原さんのバンド「タマコウォルス」のバンド名の由来には笑った。

後半「学校で何教わってんの?」あたりから客席がはじけだす。
いつも3人で演奏する「ジェイソン」に今回はキーボードが入る。
これはシュンスケ君かなり頑張った!ノイズのような効果音を繰出す。
ナオエさんはシュンスケ君の方を見ながら次々とギターフレーズを繰出す。
あの生き物のような音色。自由自在に飛び交う。食いついてくる。攻めてくる。
何度も書くが、あれは何だ?
ブルースとかロックとか型やスタイルを超越した音。人格を持ってる。
もしオレがギターを弾くなら絶対真似したい!

ラストは「Edo River」。ナオエさん、みんなに歌うように促す。
当然みんな大声で叫ぶ!
最後はシュンスケ、キーボードの上に立ち上がって万歳!素晴らしい!

当然終わるわけない。客席は熱いアンコールの拍手。
1曲目は「遠い空 響く声」。キーボード入るならこの曲は聴きたい。
ナオエさんは朗々と歌う。ライブハウスが聖なる空間となる。
そして。。。当然「夜の煙突」!
この曲何度もライブで見てるけど今回が一番最高だった。
ナオエさん、客席に飛び込むし。
ゆるずさんが客席に入るのは見たことあるけど
ナオエさんがこれやるのを見るのは初めて。完全にぶっ壊れてた。
壊れたのはオレも同じ。客席も大騒ぎ。

当然まだ終わらない。2回目のアンコールにナオエさん、ゆるずさん登場。
最後「市民プール」をしっとり聴かせてくれた。これで終了。

いやあ満腹&満足。何もいえません。(っていっぱい語ってるけど笑)
ホントこのバンドすごいわ。
ライブ見るたびに「最高!」って思うけど次のライブでその最高を超える。
毎回「最高」を更新する、できるって凄すぎ。

昨日も書いたけど、もう1回書く。そして断言する。
「カーネーションは日本最高のジャムバンドだ」と。
文句あるか?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

1

2010/5/8

最高・最強のサタデーナイト  カーネーション

今日は2組の偉大なミュージシャンに触れてきました。
一人目はキヨシロー。
クリックすると元のサイズで表示します
渋谷東急で写真家有賀幹夫さんによるキヨシローの写真展が開催。
嫁と行って来ました。
ロックミュージシャンの写真展をなぜに百貨店で?と思ったけど見て分かった。
RC時代からの膨大な写真の量。ちっちゃなギャラリーでは収まらない。
大勢の人が来てた。老若男女。みんな熱心に見てた。涙ぐんでる女性もいた。

RC時代の素晴らしいパフォーマンス。ソロでのリラックスした表情。
オフタイムでの静かな佇まい。どれもキヨシロー。
最後の方にあったキヨシローとチャボさんの屈託の無い笑顔はズンと来た。
そしてライブ映像の上映会。イマジンの映像は凄かった。
もしかしたら原作者のジョン以上にこの歌のメッセージを正しく伝えてるのでは?
オレなんぞのコトバでは言い表せないそんなトンでもない歌だった。

来て見てよかった。

二人目はカーネーション。今日はツアー最終日@クラブクアトロ。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年ツアーに引続き渡辺シュンスケがキーボードで参加。

素晴らしい!凄い!最高!最強!!そうしか云えない。これ以上不要。
さみだれを演奏してくれたのが最高に嬉しかった。
最近日和ってるオレにこの歌は刺さってくる。「それでイイのか?」と。

後半のナオエさんのエレキ大将ぶりは手がつけられない。
生きている獣のようなギターの音。なんだ?あれは?
なんであんな音が鳴らせるんだ。
渡辺クンもノリノリ。矢鱈腕振回すし本編最後ではキーボードの上に乗って
万歳してた。こいつのやんちゃぶりはイイぞ。
ゆるずさんのカバーソングは楽しく、ベースの響きも腹に来た。
クールな中原さんがニコニコドラムを叩いてたのが印象的だった。

アンコール、ナオエさんは客席に飛び込んだ。珍しい!
それだけ熱くなってたんだろう。オレも最後は熱くなった。

まだまだ語りたい。そのうち詳細なレポを書きます。
ただ1つだけ叫ぶ
「カーネーションは日本で最高のジャムバンドだ!!」と。

ってジャムバンドの意味。よく知りませんが(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

明日は吉祥寺で祥子さんのライブ。どんなオトが鳴るのか楽しみです。
0

2010/5/4

Walkin`  日々の泡(日記)

今日は父の命日。チャンとお線香あげました。
(あたりまえだ(^^;)ゞ)

昨日書いた通り、長距離散歩に出掛ける。来週検査なので少し脂を減らしたい(^^;
目指すは新宿。
ただ歩くとダラダラし兼ねないのでとりあえずのゴールを「新宿御苑」に決める。
コースは駒込から動坂、飯田橋を経由して四谷を通って向かうことに。

今日も暑い。陽気は夏。道端のお花も陽光に映える。
クリックすると元のサイズで表示します
少し歩いただけで汗が出てくる。何か冷たいものが喰いたい。
動坂の入り口に御蕎麦屋さん有り。中に入って蒸篭を頼む。
海老天が美味い!野菜の天麩羅も美味い!!\(≧▽≦)/

水道橋方向に進む。東京ドームが見える。やっぱり暑い。
ウーロン茶は直ぐ飲み干しスポーツドリンクで喉を潤す。
色々歩いているうちに神楽坂通りに入り込む。観光客で混雑。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
神楽坂というとドラマ「拝啓、父上様」の舞台。旧い街並が魅力。
ただボク等はそっち方面は行かずに住宅街を抜けて市谷に向かう。
どの御宅も瀟洒。昨日の六本木の「最新のカッコよさ・スタイル」
とは違う歴史のある風格を感じさせる。
住宅街の中に度々洒落たカフェやギャラリー、料亭が登場する。
街自体はひとつのカルチャーを感じさせる。

更に外堀に沿って歩く。既に新宿区内。3時間半程度歩いて此処まで到達。
嫁は都度携帯で的確にナビゲートしてくれる。云われるままのボク(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
靖国通りに沿って新宿に向かう。横には防衛省が鎮座。意味なくデカイ。
進んでいるうちに東京モード学院が見える。どうやら代々木に入った様子。
このまま真っ直ぐ行くと新宿御苑でなくJR新宿駅に着く。
嫁は心配して「外苑通り行ったら?」とアドバイス。
「ゴール面倒だから新宿駅に変えない?」という気まぐれなボク。
結局当初の予定通り、新宿御苑を目指しました。(^^;)ゞ

それから30分程度歩いて新宿御苑に到達。やった!V(^_^)
オレタチは徒歩だけで新宿まで制覇したぞ!凄いオレたち\(^0^)/
って・・・ホントに凄いのは的確にナビゲートしてくれた嫁ですが。
ありがとう!嫁@パンダ<(_ _)>
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
時間は既に15時半。自宅を出発して4時間が経過。思ったより時間かかんなかったな。
5時間くらい歩くと思ったので少し物足りない気も。
で新宿御苑から代々木周辺を歩き電車で帰ることに。
御茶ノ水で地下鉄に乗り換えるところで「やっぱり歩いて帰る」と言い出すワシ。
上野の松坂屋で何とも豪勢な寿司をゲットし、そこからは電車で帰宅。
「歩きたい」と云ったり「電車乗る」って云ったり無計画でスミマセン<(_ _)>

途中で電車使ったけど最終的には5時間半くらい歩いたかな?
帰宅したら足腰が痛い。汗もイッパイかいた。
体重を計ったら1.5キログラム減ってた!@( ̄▽ ̄)@

晩御飯は寿司なのでヨモギが襲ってくるかと心配でしたがそれも無し。
ヨシヨシ、イイ子だ。
写真は昨夜のヨモギ。眠そうにしてます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左の写真がボクのお気に入り。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
明日はGW最終日。さんざんお出掛けしたので明日はウチで過ごします。
ヨモギ、ずっとお留守番だったね。明日は1日ウチに居るから遊ぼうね♪
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ