2010/6/6

BATTLE 80's LIVE SHOW 〜バンドブーム・リターンズ〜  オトの記憶(CD、ライブ)

ライブ終盤水戸ちゃんとMAGUMIは叫んだ。
「齢をとっても大人になんかなれなかった!」
「どんどん他人に迷惑をかけよう!」
聞いてて爽快な気分になれた。サイコーと思った。思わず拍手した。


昨夜は新木場STUDIO COASTで
「BATTLE 80's LIVE SHOW 〜バンドブーム・リターンズ〜」があった。
80年代バンドブームに登場したミュージシャンが集合し当時のヒット曲を歌う。
バックバンドにKyOnさん、玉ちゃん参加、おまけに水戸華之介も参加と
いうことで行って来ました。

実はボク今回参加するバンドの殆どを聴いてません。
80年代後半ボクが聴いていたのはサザン、元春、ユーミン、山下達郎
と言ったメジャーなポップスばかり。
若手のバンドで聴いていたのはブームとUP-BEATくらい。

ただ宝島やロッキングオンジャパンは愛読してたし「イカ天」も見てたので
今回参加のバンドの名前は当然知ってた。
昔聴いてなかったオトがどんなものか体験してみたかった。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
STDIO COASTは新木場駅のすぐ近く。川辺という最高のロケーション。
中はAXより少し広いかな?オトの響きも凄くイイ。

開演待ちの間、BGMにARBやじゃがたら、DeーLAXなんかが掛かる。
嫁は懐かしそうに聴いていた。
開演後、MAGUMI、宮田和弥、スマイリー原島のゆるゆるなMCで始まる。
今回ライブは2チームに分かれて対抗形式でやるそう。紅白か?(^_^;

最初はISSAY(exデルジベット)、続いてはアキマツネオ(exマルコシアスバンプ)
外見だけいえば決して好きなタイプじゃない。
ただメロディはわかりやすく意外と楽しめた。玉ちゃんのギターも善かったし。

続いて登場は広石武彦(exアップビート)。昔好きだったけどライブでは初めて!
王子様みたいなファッション。昔TVで見たのと全然変わってない!(・_・!)
「Kiss In The Moonlight」「Time Bomb」とこれまた好きな曲が続く。
広石、走り回ってバンドメンバーを前に出したりともかく楽しそう!
アップビートの曲って割とヘビーなの多いけどこんな明るい兄ちゃんだったんだ。

源学はイカ天で見たな。今は金沢で別の仕事をしているそう。
森若香織は色んなイベントで見たことがある。今いくつ?未だにキュート♪
「会いに来て I Need You」ではKyOnさんがアコーディオンを弾いた。
まさか45になってこの曲を生で聴くことになるとは(^_^;

スマイリーから「この人は未だに王子」といって紹介されたのは川上次郎。
インディアンの帽子を被って飛んで跳ねる!40歳だって?ウソ!
次郎クンは丸で20代の若者みたいに溌剌と歌う。
KyOnさんは軽やかにステップを踏み次郎クンと並んでダンス。
このヒトも50歳を超えているとは信じられない。

そして、いよいよ水戸ちゃんの登場。場内は一挙にヒートアップ。
演奏したのは「天井裏から愛をこめて」と「銀の腕時計」。
水戸ちゃんの後ろでKyOnさん、玉ちゃんが並んでギターを鳴らす光景にはグッと来た。
水戸ちゃんの「年取っても全然大人になれなかった」には激しく同意。

浜崎貴司はフライングキッズの「幸せであるように」「風の吹き抜ける場所へ」。
ソウル、ファンクって感じ。今から考えるとオリジナルラブやスガシカオも
この流れを受けているかも。

いよいよクライマックス。先ずは宮田和弥(exジュンスカ)。
ジュンスカは・・全然聴かなかったなぁ。どうもあの青春パンクぶりが苦手で。
でも今聴いてみると声はイイシメロディも凄くイイ。

そしていよいよラスト。トリはレピッシュ。
今回参加した中で唯一「解散していないバンド」。
曲は「リックサック」と「パヤパヤ」。いやぁ盛上がった。
「リックサック」では水戸ちゃんが飛入り。まぁ自分のライブでカバーしてるしね。
「パヤパヤ」はミュージシャン全員が参加。フリをつけて踊る。
特に広石はとても楽しそう。
エンディングを何度も繰返し拍手喝采で終了。
最後はみんなで記念写真を撮影したりミュージシャンが客と握手。
最高に楽しいライブでした。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りの電車の中で余韻にふける。
昔聴いていなかったハッキリ言って好みじゃなかったオンガク。
カッコが派手だったりオトが喧しい、歌詞が幼稚だとバカにしてた。
でも・・・今聴くとすごく楽しめる。
どのシンガーもバンドも今決して売れているわけじゃない。
今までウンザリするようなこともあっただろう。でも生き残っている。
そして未だに大人にならずバカな歌を一生懸命歌ってる。
それってカッコいいじゃん。いかしてるじゃん。

あの時代は受け付けられなかったけど・・・
今「ニホンのロック」の素晴らしさがようやく分かってきたのかも。

このイベント次回も見たいな。もっと聴きたい曲もあるし。
バンドはそのままで筋少やニューロティカあたりも参加してほしい。

帰宅するとヨモギが矢鱈甘えてきました。
独りでお留守番、さみしかったのかい\(^ ^)
川上次郎クンにも負けない我が家の王子です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日は下北でコレクターズ、シーナ&ロケッツ、シアターブルックのジョイントライブ有り。
シナロケ見るのは大学の学園祭以来・・実に24年ぶり。
ニホンのロックの歴史探訪はまだまだ続きます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ