2010/8/29

反戦歌  NO NO NO WAR

今週末、「広島」に行く。「原爆ドーム」をこの目で見るため。
で日本のロックに「反戦歌」ってどれ位あるのか?考えてみた。
歌詞の中で具体的に反戦を歌っていなくても
「戦いから受けた苦しみ・痛み・喪失」を歌った歌=勝手に反戦歌と見なします。

以下がボクが「反戦」を感じる歌。

○佐野元春「光」「愛のシステム」「誰も気にしちゃいない」
○坂本龍一「ZERO LANDMINE」
○Cocco「Heaven`s hell」「ジュゴンの見える丘」「お菓子と娘」「風化風葬」
○ブーム「島唄」「子供らに花束を」「墓標」「いつもと違う場所で」
○元ちとせ「死んだ女の子」
○桑田佳祐「平和の琉歌」(サザン)「ROCK AND ROLL HERO」(ソロ)
○忌野清志郎「明日なき世界」「イマジン」(RC)「JUMP」(ソロ)
○ザ・タイマーズ「偽善者」
○仲井戸Chabo麗市「ガルシアの風」「悲惨な戦争」
○浅井健一「悪いひとたち」(ブランキー)「透明の戦場」(JUDE)
○Heatwave「満月の夕」「棘-the song of HIROSHIMA-」

作品によっては「反戦歌じゃない!」って異論ある人もいるでしょうが、
「ながわセレクション」ということで御勘弁を(^_^;

書いてて思ったのは沖縄について歌ったシンガーは結構居るけど
「ヒロシマナガサキ」について歌っている人って極く僅かだ。
ボクの知ってる範囲ではHeatwaveだけだった。
浜省・さださんあたりは歌っていそうだけど・・・・。

ちなみにブームの「島唄」はラブソングではありません。
「恋人の別れの歌」って・・誤解してる人多いけど。
この歌はひめゆり学徒隊の女性の別れ(死別)を描いたものです。
このエピソードを知ったとき作者のMIYAの真面目さにうたれた。
そういう想いの強さがあるからこの歌は世界中で愛されているんだと思う。

昔はメッセージソングって苦手だった。斜に構えて避けてた。
でも最近は「衒いなくまっすぐと語る」って大切じゃないか?と思う。

逃げたら、そこで終わりだ。まずはチャンと見て聴く。すべては、それから、だ。
0

2010/8/28

サマーピクニック  Art・本・映画

今日も暑い。午後から嫁とお散歩。
いつもは近場を歩くんですが今日は目黒まで足を伸ばす。
東京都庭園美術館で開催の「有元利夫展」を見るため。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/arimoto/index.html
有元さんの作品は宮本輝の小説の表紙で何点か見て印象に残ってた。
同美術館は庭園の中にあるので散歩を兼ねて行きました。

JR目黒駅から歩いていく。庭園前のレストランでランチ。
ぺペロンチーノが絶品!
この美術館、昔は外務大臣や首相官邸として使われていたらしい。
なんとも瀟洒な造り。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
有元さんの作品は少し丸いキャラクターをメインにした欧風のムード。
宗教画の様な静かな絵。作品を見てると音楽が聴こえてくる。
有元さんは好きなクラシックを鳴らしながら絵を描いてたらしい。
実際ビバルディをモチーフにした作品も幾つかあった。

ボクがイメージしたのはバッハ。シューマン。そしてプリファヴスプラウト。
色使いがすばらしい。空の緑とも蒼とも言えない不思議な色に魅了された。
ふわふわした何とも不思議な絵。なんかボンヤリした気分になる。
嫁も楽しんだ様子。

展覧会の後は庭園の中を散策。愛らしい動物のオブジェが陳列。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
庭園の中は緑と光に溢れている。場所によっては涼しい風が吹いてる。
新しいデジカメで写真を撮りまくる。結構イイ写真が撮れた♪
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

美術館を出ると「パンダ」をあしらったレストランが!
しまった!ランチはここで取るんだった。まぁそれは次回のお楽しみで(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ヨモギは絶好調。嫁の実家から送ってきた野菜の段ボール箱に収まってます。
箱入り猫(゜゜ )\バキ☆
明日は嫁はライブでお出かけ。ボクとヨモギでお留守番♪
2人で祥子さんのDVDでも見ようか♪
0

2010/8/24

新しいカメラ  日々の泡(日記)

今年は機械が矢鱈壊れる。
嫁のPC、ボクのPCは故障。ボクの携帯はボタンカバーが剥げている。
そしてデジカメもお釈迦。

普段写真は携帯で撮影してるけど画質がイマイチ。
来月広島に旅行するので携帯で無くチャンとしたカメラで撮影したい。
でもお金が掛かるし・・・
と思ったら嫁が新しいデジカメを買ってくれました!Thanks!!

これがニューマシン。FUJIFILMの「FINEPIX JX280」。
クリックすると元のサイズで表示します

で早速ヨモギの写真を撮影。
左は嫁が撮影、右はボクが撮影。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

画像が前のデジカメや携帯より全然キレイ〜!
ヨモギが可愛く且つハンサムに撮れてる!

これからが楽しみ。どんどん写真撮るぞ〜!
もちろんヨモギの写真も、ね☆
0

2010/8/23

ネット復活  日々の泡(日記)

我が家のPC暫く故障してましたが今日復活!
これでHPとブログの更新が出来る!

山形の夏休み、元春「ソングライターズ」の講義参加(鈴木慶一の回)
他いろいろ書きたいことがあります。
ヨモギの写真もイッパイ撮りためているので徐々にUPしていきます。

乞うご期待!!(って誰か期待してる人はいるのか笑?)
0

2010/8/17

「in motion 2010 僕が旅に出る理由」ライブレポ  佐野元春

先週末は嫁の実家山形で夏休み。ノンビリ過ごしました。
空の色が東京で観るより蒼く高い。野菜も美味しい。
ネットやPCからも離れてホントノンビリと過ごしました。

ヨモギはその間ペットシッターのお姉さんに甘えまくりだったらしい。
毎日の報告メールと写真にボクと嫁は大爆笑。\(T▽T)/
キミは遠く離れてもオレ等を楽しませてくれるんだねぇ。

土曜日昼に東京に戻り夕方元春のスポークンワーズのライブを見に渋谷に。
ボク等は第二部を見ました。そこで感じた雑感を。
クリックすると元のサイズで表示します
旅行から帰って来たばかり。寝るんじゃないか?と心配でしたが杞憂でした。
嫁は元春のスポークンワーズライブは初体験ですが楽しんだ様子。
佐野クンが背を向けた椅子に座ったときは「カワイイ」と呟いてた(^_^)

ボクとしては先ず新作が聴けたのが嬉しかった。
ライブで演奏される作品はどうしても「エーテルのための序章」に偏り勝ち。
もっと最近の詩作を生で聴きたいと言う気持ちがあったので新作演奏は嬉しかった!
しかもニューヨークをモチーフとしたこの作品がまたカッコよかった!!
旧作の詩も「インターネット・検索」等、現代風にアレンジされてたのも良かった。

後、佐野クンの言葉の選び方がポップソングとは明らかに違う。
もっと攻撃的・過激・暴力的な言葉が紡がれる。
佐野クンの静かな語り口で読まれるからスマートに聴こえるけど・・
あれ、その辺の「人生語りますラップ」より余程パンクでハードコアだぜ。

気に入ったのは「僕が旅に出る理由」。なんか染みたな。
「我絶望する、故に我希求する」だっけ?あのフレーズは良かった。
「あ〜絶望が先にあってもイインだな。絶望が在るから希望も在るんだ」そう思えた。

そして佐野クンのあの声。あのリズム。もう最高。
サウンドに乗って紡がれるあの声がオレの脳や神経に侵入して掻き回す。
ヘンな感覚。覚醒したようなトリップしたようなヘンな感じ。
眠るなんて勿体無い。こんな刺激的な体験そうは無い。
酒も煙草も無しで白昼トリップできるんだ。
こりゃスゲエ体験だ。
いや、酒や煙草よりもこっちの方が絶対脳みそにも体にもイイって。

バンドのサウンドも・・自由自在。あれ何処まで事前に決めてるんだろう?
皆勝手に演奏してるようでチャンとアンサンブルになってる。
なんかバックバンドというよりも実験の場という感じがした。
井上さんのキーボードもただただ素晴らしかった。

アンコールがあったのはビックリ。最後は場内拍手喝采。
オレ、思わずスタンディングオベージョンしちゃったよ(^^;)ヾ 
ああ、ホント刺激があった。楽しかった。そして「開放」された。

ライブの後は友人と呑み会。佐野クンを肴に呑む喰う。楽しい!

今でも思い出すと自然に笑みが零れてくる。ホント楽しかったな。

で想ったのはあのオーディエンスの中に10代、20代の若者はいなかったのかな?
例えば佐野クンの講義を受けている学生さんとか。
「ザ・ソングライターズ」で佐野クンに興味を持った若い音楽ファンとか。
若し見ていたら・・・ウレシイな。キミ等は凄いモノを見たんだぜ。
友達に自慢してくれてイイ。

そして・・若し見てないなら・・・それは残念だ。勿体無い。
脱臭されたパンクやグランジ、ラップより余程過激で刺激的な時間を過ごせるんだ。
これは見ないと損するぜ。
何が損なのか?はよくワカランが・・
オレたちは知ってるぜ。この楽しみを。イイだろ?V(^^)

ってオッサンが若い人を挑発してどーする?ハシャギ過ぎ(゜゜ )\バキ☆
次回はCOYOTEバンド渋谷、横浜に参加予定。これを楽しみに頑張るぜ☆

(余談)
佐野クンが「1センチ、2センチ、3センチ」と読むときに・・・
親指、人差し指、中指を交叉する仕草をしてたけど・・・
あれ、学生時代「理科の授業」で習った「フレミングの法則」を思い出しちゃった。
「フレミングの法則」は以下サイトでご参照あれ。
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k4housoku/fureming.htm

アートなライブの最中にこんなアホなこと考えてスンマセンr(^^;)”
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ