2010/12/8

ジョンから遠く離れて  オトの記憶(CD、ライブ)

今日はジョン・レノンの30回目の命日。
毎年ニュースや新聞で取上げられる。
この日は、世界のあちこちでファン(にわか含む)がジョンに想いを馳せるんだろう。

12月8日。ジョンの曲が流れる。毎年の恒例行事。クリスマスと同じ。
そこに深い意味はない。ホントのファンはこの日以外も聴いてるだろう。
ファン以外の人やメディアがこの日はイマジンやハッピークリスマスを聴いて
Love&Peace的な気分に浸りたいだけなんだろう。
平和と愛の使者ジョン・レノン。愛と平和の象徴。
でも、それってジョンが本当に望んだことだろうか?
ジョンが望んだのは自分が祭り上げられる事より愛と平和が実現することでは?

なんて言いつつハイ今日はボクも聴きました。
普段ジョンもビートルズも聴かないくせに(^_^;
ラブ&ピースなんざ全然信じていないくせに。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆

ジョン、ビートルズ。好きだったなぁ。昔はファンだった。よく聴いてた。
でも今は違う。好きだけどファンじゃない。もう聴かない。
今後も昔の様に熱中することは無いだろう。多分、いや絶対に。
勿論素晴らしいオンガクだ。それは疑いようもない。絶対的にそれは変わらない。
ただ自分には必要なオンガクじゃない。
古典として眺めはするが今現在のボク自身には何もリンクしない。
そういうオンガクだ。

20代、30代はよく聴いてたのになぁ。ホント好きだったのに。
いつから聴かなくなったんだろう。いつから離れたんだろう。

きっと10年位前からだな。
毎年のようにこの季節になると必ず繰返し流れる
イマジンだのハッピークリスマスだのスターティング・オーバーといった名曲に
・・・ウンザリしてきた。辟易した。
そして矢鱈神格化・美化されて語られるその姿に・・興味を失った。
「もういいかな?」と思って離れた。そして2度と聴かなくなった。

子供の頃、兄貴が持ってた青盤・赤盤はよく聴いてた。
「GetBack」のあのシャウトとギターは好きだった。
大学生の時、ビートルズのアルバムがCD化され初めてチャンと聴いた。
どのアルバムも聴くたびに新鮮で驚きがあった。
同時にジョンのソロアルバムも聴き出した。
大人になっても機会あればビートルズやジョンは聴いてた。
レア音源集が発表されれば必ず買った。ジョンの伝記映画は見た。
関連本は必ず読んだ。

今手元に残ってるのはジョンのデモテープ集3枚組だけ。
他のテープやCDや本は何処に行ってしまったんだろう?
ジョンだけでなくポールのソロやウィングスもよく聴いてたのに・・
だんだん聴かなくなってしまったのは何故だろう?

30代の半ば、大好きだったREMやポール・ウェラー、スティング、
ジョニ・ミッチェルやリッキー・リー・ジョーンズといった洋楽を
聴かなくなったのは何故だろう?何故離れていったんだろう?

きっとリアリティを感じなくなったんだろう。必要としなくなったんだろう。
あちらのオンガクに。コトバが通じないオトに距離を感じたんだろう。

今聴いてるあちらのオンガクはU2とパティ・スミスだけだ。それも偶にしか聴かない。
今聴くのは元春、祥子さん、FISHMANS、カーネーション他日本のロックだけだ。

ジョンやビートルズからずいぶん離れちゃったなぁ。遠くに来ちゃったなぁ。
まぁそれも仕方ないなぁ。あっちよりもこっちのオンガクが好きなんだから。

最後にメディアに一言、毎年似たような曲ばかり流してるんじゃねーよ!
たまには「コールド・ターキー」や「マザー」「兵士になりたくない」みたいな
ハードな曲も流してみろよ。本気でジョンの魅力を世界に伝えたいなら、
もっと色んな曲を流せよ。もっと本気で伝えろよ!
そうしたら、聴いてやるよ。見てやるよ。

元ファンより(えらそーに^_^;)


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ