2011/2/23

宇多田ヒカル  オトの記憶(CD、ライブ)

最近宇多田ヒカルにハマってます。今更(笑。
って2月2日のブログで「サウンドが完璧過ぎて好きじゃない」って否定してたのに(^_^;
一貫性が無いって?ま、オレはその程度の人間です。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆

2rdアルバム「Distance」は前記の様に音の豪華さにハマれなかった。
でも一枚で判断するのは早計と3rdアルバム「Deep River」を聴いてみたら・・
見事にハマリました(^_^;
このアルバムもサウンドは完璧。でもサウンド以上に宇多田さんの存在が輝いてる。
声、歌詞がともかく素晴らしい。特に「Final Distance」はもう凄い。
この曲は何度聴いても飽きない。また聴きたくなる。

で4th「ULTRA BLUE」を聴く・・・・もう完璧にノックダウン(笑。
もう、歌の緊張感がハンパない。いきなり「This Is Love」でガンガン攻めてくる。
「BLUE」の柔らかさが耳について離れない。「誰かの願いが叶う頃」は凄すぎる。
後半はもう参った。特にラスト2曲「Be My Last」「Passion」は神の域。
「ULTRA BLUE」はウォークマンに落として繰返し聴いてます。でも飽きない。

ここまで過剰でパーフェクトなオンガクは聴いた事が無い。
ボクは何処か壊れたスキマがあるアーティストが好きだけど逆の意味でハマッた。
ただ過剰でパーフェクトって言っても中心に居るのはあくまで宇多田さんの個性。
完璧なサウンドもアートワークも全部宇多田さんという存在を引き立てる物。
逆に言えば宇多田さんの歌声、歌詞はサウンドに負けていない。逆に呑みこんでる。

そして歌詞も聴いてて恥ずかしくない。
ボクよりずっと年下の女の子が書いた歌詞だけどスンナリ聴ける。
というか若い女性シンガーでここまで自立して孤独を引き受けてる歌詞は滅多に無い。
若い女性シンガーの歌詞って「一緒にいたい」「ずっと」とか甘ったるくてうざいけど
宇多田さんの歌詞にはそれが無い。遥かに大人で自立している。
ある意味祥子さんやCocco以上に大人で成熟してる。

「冷たい言葉と暖かいキスをあげるよ」「激しい雨に鳴り止まない遺伝子」
「将来、公務員なんていうな、夢がないなぁ」「私の涙が乾くころあの子が泣いてるよ」
何、このコトバの鋭さ、危うさ、これ宇多田さん書いたの一体幾つだ?
二十歳そこそこの女の子が書いた歌詞とは思えない。

このコトバの鋭さがあるからゴージャズなサウンドに負けないんだろう。
また歌声がホントコトバにピッタリはまっていて聴いててキモチいい。
ハッキリ言って明るい曲調は殆ど無い。賑やかなパーティソングも無い。
ひたすら切なく迫ってくる。切迫感・緊張感がハンパない。でも、また聴きたくなる。

このアルバムを聴いて多くの人の支持を集めてる理由が分かった。
ともかく曲がイイ、声がイイ。才能が凄い。且つ自分をチャンとプロデュース出来てる。
そりゃ人気出るわ、売れるわけだわ。
でも・・・こんな完璧さは何時までも続くわけが無い。活動休止も納得できる。

ここ数年でこれだけ刺激あるシンガーと出逢ったって無かった。佐藤伸治クン以来の衝撃かも。
売れてるからって否定して聴かず嫌いはイケマセンね。
どのアルバムもレンタルで借りたけどチャンと買いなおそうかな。
やっぱ手元に置いておきたいよな。シングルコレクション2は新曲も入ってるのか。買おうかな?

って単なるファンですね。いや、こんな魅力あるとはホント参りました。降参です。
でも素晴らしいシンガーに出逢った。うれしい敗北です(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します
4

2011/2/17

ハッピーバレンタイン  

今年のバレンタインデー。連休中に色んなチョコを買いました。
毎年嫁は「キミのためじゃなくて自分が食べるために買うんだ」と仰ってます。(^_^;

最近女性が自分や友人に贈るためにチョコを買う傾向にあるそう。
いわゆる会社の上司や同僚の男子に贈る義理チョコは減ったとのこと。
「義理チョコ廃止論者」のボクとしては良いことだと思う。
「義理チョコ」なんて男女とも負担にしかならない風習は止めるべき。
勿論、自主的に「感謝や親愛や愛情表現」のため贈るのはOK。義務にするのは反対。
だからボクはバレンタイン・ホワイトデー関係なしに嫁にチョコを贈ります。
勿論、ボク自身もいただきますが(^_^;

我が家が買ったチョコは以下の通り。
クリックすると元のサイズで表示します
バレンタインデーの夜から毎日1つずつ食べています。今日食べたのはコレ。
クリックすると元のサイズで表示します
これは猫キャラデザインが気に入ってボクが購入したもの。
味は甘さ控えめ、ビターな味で美味しくいただけました。

ヨモギは残念ながらチョコはもらえません。チョコは猫には良くないので。
「ねこのきもち」に爆笑問題田中君が「猫のカワイイ写真の撮り方」のアドバイスを掲載。
正面からカメラを向けると嫌がるけど下からソーっと近付いて撮るとイイ表情を見せるとのこと。
折角なので試してみました。ウン、イケメンだね。カワイイぞ。(親バカ笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
チョコは食べれないけど毎日楽しく過ごせてるからイイよね?>ヨモギ♪
0

2011/2/13

直枝政広「ホプキンスクリークからの逆襲」ライブレポ  カーネーション

昨夜はナオエさんのソロアルバム再発に伴うツアー最終日。
場所は新代田FEVER。初めて行くハコ。今回はボク一人だけ。嫁は同行せず。
書き出すとひたすら長くなるので今回は少し短めに(笑。

ボクはカネも好きだけどナオエさんのソロも好き。
「ホプキンスクリーク」はカネとは違う幼児性・狂気に溢れてる。
でもポップで楽しい。そこが堪らなく好きだ。

天気は生憎の雨。早目に行って下北沢を散策。その後井の頭線に乗って新代田に向かう。
ハコは駅の直ぐ前。
今回のライブは福島の兄弟ユニット「ブラウンノーズ」との共演、更に太田譲さん
他をくわえた「Love Experience」との共演等、色んな趣向をこらしてた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ハコはこじんまりとしたスペース。大きさで言えば下北沢QUEくらい?
前半はLove Experienceとの共演。「月にかかる息」なんてレア曲でスタート。
「ホプキンスクリーク」からの曲を次々と演奏。原曲よりアレンジが洗練されてる。
「アルバトロス」「野いちご」「裏切り」は好きな曲なのでライブで聴けるのはウレシイ。
ブラウンノーズ2人は次から次へと色んな音を繰り出す。ナオエさん楽しそう。
POP鈴木さんのドラムはかなり強烈。ゆるずさんはあくまでサポートに徹する。
ナオエさんの声もギターも変幻自在。カネのグングン前に進む感じとはまた違う。
ちなみにブラウンノーズ2人、撮影&録音マニアでこのメンバーで大阪の
スーパー銭湯行った時ナオエさんの寝姿や鼾を撮影&録音したらしい。
何じゃ、そりゃ(T▽T)

休憩時間、フロアに出ると鈴木慶一が居た。ま、ナオエさんとは仲良しだしね。

後半の前にブラウンノーズコーナー。兄弟2人で愉快なトークを交えながら演奏。
ウーン、これは何て表現したら良いんだろう。近い世界はバンバンバザール。
バンバンがニューオリンズならブラウンノーズはブリティッシュプログレ。
オモチャ箱を引っくり返したような楽しい世界。でもブキミさが漂う。クセになるかも。

後半ナオエさんとブラウンノーズ2人と。1号はここではドラム、2号はベース。
1号、前半ではキーボードやパーカッション弾いてなかった?凄い多才。
「HOME MOVIE」では色んなノイズが溢れる。ナオエさん楽しそう。
「大食漢」「フライパンに宇宙」はもうギター大会。音がほとばしる。
そして岡村靖幸「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」カバー!
うわぁ〜これをナマで聴けるとは!もう客席は大騒ぎ、みんなで「Hey!」と腕を上げる。
これはホント楽しかった!何かグッと来て泣きそうになった。

アンコールはカバー大会+「牛蛙三度笠」。みんなで子供みたいな声を出す。
客席大笑い&拍手喝采。
オーラスはナオエさん弾き語りで「Buffulo」「夏の流れ」。
何かハッキリしないモヤモヤとしたムードで終わる。爽快さというよりブキミで不穏な感じ。

最初、ナオエさんの内面世界をじっくり聴かせるライブかと思ったら違った。
色んなオトが溢れる魔法の箱、びっくり箱。楽しく愉快痛快。
でも、これもアリ。凄く楽しかった。沢山踊って汗かいて笑ってオモシロかった。
残念だったのは「墨堤にて」の演奏が無かった事。まぁあの流れではムリかな?
そういうヘビー、ゆれる歌はナオエさんのソロライブで演奏されるだろう。
ソロアクト「Tanks & Chirdren」もそのうち再開されるだろう。そちらで見よう。

で実はこのハコ。犬を飼っててフロアカウンターの前に鎮座してます。
ライブの後はお客さんがワンちゃんをお触り&撮影大会。一体何のライブだ(T▽T)
しかもこのワンちゃん、矢鱈人懐っこくて撫でられると嬉しそうにゴロゴロする。
何とも可愛らしいワンちゃんでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

帰宅するとヨモギがボクにチューをしてくれました。普段オレには甘えないくせに。
オレがずっと居なくて寂しかったのかい?カワイイ奴だぜ。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します

今日は明日の定期検査に備えてアキバまで散歩。往復5時間歩きました。
でアタマの中でずっと鳴ってたのが昨日のナオエさんの「夏の流れ」。
ミョーに頭に引っ掛かってる。引きずってる。耳から離れない。何度も鳴ってる。
明るく楽しいライブだったけど最後の最後に猛毒を浴びせかけられた。
直枝政広、やはり侮りがたし。3月のソウルフラワーとの共演も楽しみです♪
0

2011/2/9

Still Burning  日々の泡(日記)

今日は大事な会議があった。1年間取組んだプロジェクトの総括。
ボクの方から色んな提案をしたが参加メンバーの反応が薄い。

返って来た答えは「そんなのルールに無い」「決めてくれたらやる」いつも通り。
うーーーーん、違うんだな。オレが言いたいのはそういうことじゃない。
決まりを増やすんじゃなくて、もっと考えてほしい。
どうしたら良くなるか?自分達のアイディアを出してほしい。

でも相手の反応は明らかに退屈そう。「そんな正論言われても」って感じ。
ま、これも予想どおり。
オレが言った事は間違ってはいない。正しいと思う。その自信はある。
でも相手に響いてない。届いてない。

ま、響かなくても届かなくても別に構やしない。とりあえず吠えるだけ吠えるさ。
オレにはそれしか出来ない。

ただ、吠えるだけじゃどうしようもない。相手を動かさなくちゃ。
アクションにつなげなくちゃ「クラレッタのスカート」は直せない。

真心とか誠意とか、そういう精神論じゃない。
プレゼンのスキルを上げるか、マネジメントを変えるか?
もっと理論的に機械的に迫らなくちゃ。
そもそもシナリオが不味かった。反応が無いとか反論なんて予め予想すべき。
そこをどう切り返すか、その準備が出来てない。ダメじゃん>オレ。

或いはオレが言うから相手に受容れられないのかも知れない。社内の嫌われ者だしね。
ならば、もっとエライさんに言ってもらうか?リーダーに話してもらうか?
それで変るならオレが話す必要は無い。
手段なんざどーでもイイ。このマンネリを打破出来るなら何でもやるさ。

考えろ。考えろ。もっと付け入るスキがあるはずだ。

って今思うと・・・肝心のことを忘れていた。
難しい会議のときは佐野クンの「ハートランドからの手紙」を必ず持参する。
そうすればプレゼンが成功する。そのジンクスを忘れていた。
今日「ハートランドからの手紙」を持ってこなかった!
そりゃプレゼン上手く行かないわけだわ。(゜゜)\バキ☆。(゜゜)\バキ☆

次回の大事な会議では忘れないようにしよう(そういう問題か?^^;)
ま、イイさ。そう簡単に変らないのはハナから分かってる。

今日の反省を活かして次回は取り返すさ。白旗はまだあげてあげない。
次はもっと上手く立ち回るさ。それがダメなら何度でもやり直すさ。ね、にゃにゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ